HOME(23区)<<芝・愛宕<<青松寺・NHK放送博物館


≪ Chapter of Siba.Atago lineup ≫
浜離宮芝離宮芝大神宮増上寺芝東照宮妙定院金地院青松寺NHK放送博物館愛宕神社栄閑院


東京タワー 東京タワー


東京タワーの真下にきた。
長年、東京のランドマークとして君臨したが、世代交代でスカイツリーに主役の座を奪われつつある。
個人的には、絶対こちらのデザインの方に風格があると思うのだが。
この東京タワーも増上寺の敷地を分捕って?建てられており、その足元にも増上寺の子院が残っている。



金地院


金地院


一見ものすごく地味な、この場所も増上寺の有力な子院の一つであったはずだ。
創建したのは、金地院崇伝で天海と共に黒衣の宰相として知られる、あの人だ。
崇伝といえば影のブレーンで得体のしれない怪僧(天海と違い得体は知れているようだが)、 まあ、悪役のイメージだろう。
その崇伝は、京都の南禅寺と江戸の増上寺に金地院を建て活動の拠点としていたようである。
現在の境内は、幕府の大物ゆかりの寺にしては、とても寂れた印象を受ける。
墓地には、見るからに大名の墓所という一角があり、盛岡藩と八戸藩 南部家や
西条藩 一柳家のものらしいのだが、これも、放置されている印象だ。



金地院 金地院

(左)芝公園3丁目歩道橋の上から見た愛宕方面。左方の高いビルは愛宕グリーンヒルズ。
(右)愛宕グリーンヒルズ前の歩道橋から見たところ。左側にちょこっと見える屋根が次に向かう青松寺。



青松寺


愛宕グリーンヒルズに挟まれて青松寺の立派な山門が建っている。
創建は、室町後期の太田道灌によるもので、当初は、現在の最高裁判所のあたりにあったのだという。
現在地には、徳川家康による江戸城の外堀り拡張がきっかけで移転してきたらしい。
都心にあっては、大きなお寺に見えるが、やはり当時は、相当高いステータスを持つ寺院であったようで、
江戸における曹洞宗の親玉的な寺院の一つであったという(高輪の泉岳寺と板橋の総泉寺もそうだったらしい)。

青松寺 青松寺

関東大震災で壊滅したという建物類は山門も含めて古いものではないようだ。というより新しく見える。
(左)中雀門と、(右)本堂。

青松寺 青松寺

(左)よく意味は分からないが壁から龍が・・・
(右)梵鐘。

青松寺 青松寺

階段を上がっていくと、 この建物は茶室か?たぶん、ブラっと周囲を回るようなスペースなんだと思う。

青松寺 青松寺

干支の動物たちが配されている。

青松寺 青松寺

愛宕エレベーター


青松寺を後にして隣の愛宕山に上る。といっても標高は25mらしい。
ただ、これでも天然の“山”としては東京23区内最高峰(Wikipediaによると)だ。
トンネルの横にある微妙な高さのガラスの柱みたになのはエレベーターで、
これで愛宕山に上がれるらしい。
エレベーターからは都道301号とビル群が見えるが、江戸時代には武家屋敷が並んでいたはずだ。
幕末に撮られたという愛宕山からのパノラマ写真は江戸の町並みを紹介するものとしては定番で、そこには武家屋敷が広がる光景が写しだされている。


愛宕エレベーター 愛宕エレベーター

NHK放送博物館


NHK放送博物館


エレベーターを降りた所にNHK放送博物館がある。
愛宕山では、東京放送局が大正14年に日本最初のラジオ放送を行い、
これがNHKのルーツであるという。
昭和31年に開館したというこの博物館では日本の放送の歴史やゆかりの品々が展示解説されている。
無料なので気軽に入れるところもポイントか。



(左)初めてブラウン管に「イ」を映しだしたという高柳式テレビの復元模型。
(右)収録スタジオを再現したコーナー。

NHK放送博物館 NHK放送博物館

NHKと言えば大河ドラマ。衣装や小道具の展示もある。

NHK放送博物館 NHK放送博物館

(左)昔懐かしい、ゴン太くんだ。
(右)カメラやテレビなど様々な機材の歴史も。

NHK放送博物館 NHK放送博物館

<< 前へ   このページのTOP   芝・愛宕編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>