HOME(23区)<<谷根千<<谷中6丁目付近

≪Chapter of Yanesen lineup≫
天眼寺玉林寺信行寺本光寺臨江寺大名時計博物館蓮華寺延寿寺妙行寺妙泉寺一乗寺大雄寺
感応寺自性院長久院西光寺瑞輪寺谷中霊園天王寺安立院旧平櫛田中邸浄名院善性寺
大円寺宗林寺長明寺安立寺築地塀観音寺長安寺永久寺龍谷寺天龍院全生庵妙法寺妙円寺
諏訪神社浄光寺富士見坂修性院青雲寺南泉寺養福寺経王寺本行寺延命院谷中銀座須藤公園
旧安田楠雄邸根津神社


一乗寺


善光寺坂を上がった辺りの言問通りに戻ってきた。谷中1丁目と6丁目、上野桜木1丁目の境だ。
この立派山門と和風建築は、日蓮宗の一乗寺だ。

一乗寺 一乗寺

(左)本堂。
(中)都の史跡になっている太田錦城の墓。江戸中期の儒学者だという。
(右)北千住編でチラッと登場した大久保適斎の墓。 明治期の医師で鍼灸を中心に据えて、医療・研究を行っていた人物らしい。

一乗寺 一乗寺 一乗寺

引き続き言問通りを進み、谷中6丁目、桜木1丁目、2丁目の境で、旧吉田酒店の手前を左折していく。
(左)カヤバ珈琲。大正初期の建物であるという。
(右)旧吉田酒店。

カフェ 旧吉田屋

大雄寺(高橋泥舟墓)


大雄寺は、慶長9年神田で創建され、万冶元年に移転してきたという日蓮宗寺院だ。
境内にはある高橋泥舟の墓が台東区の文化財となっている。
高橋泥舟は、勝海舟や山岡鉄舟と共に「幕末の三舟」と知られる人物で、自得院流槍術の使い手である。

大雄寺 大雄寺

江戸の地図によると、上野桜木側には、上野寛永寺の小院が並んでいる。というよりも寛永寺の敷地か。
谷中側は、善光寺や天王寺の門前町であるが、いづれも東叡山領とあり、寛永寺が勢力を張っている印象なのだが、
意外も谷中には天台宗ではなく日蓮宗の寺院が多い。
(右)愛玉子?“オーギョーチィ"と読むらしい。台湾のデザートなんだとか。

愛玉子

神田感應寺


大雄寺の少し先、角を左折すると日蓮宗の感應寺がある。
慶長元年に創建され明暦の大火後に移転とあるので、大雄寺と同じく神田からの移転組だ。
元々、付近には感應寺(後の天王寺)があったため、神田感應寺と呼ばれたものらしい。

感応寺 感応寺

(左)山号は“光照山”みたいだが、山門には“神田山”とある。
(右)門前に案内板が出ている渋江抽斎の墓。
江戸時代の医師・儒学者で種痘の治療法「護痘要法」を著す。森鴎外の著書により知られるようになった人物だとか。

感応寺 感応寺 感応寺

自性院(愛染寺)


となりにある自性院も神田からの引越し組だ。
慶長16に神田北寺町で創建、慶安年間に移転してきたという真言宗寺院だ。
愛染堂に安置された愛染明王像で知られ、愛染寺の別名が広まったという。
案内板には、“愛染堂・愛染かつらゆかりの地"とある。
“愛染かつら"は、昔に映画化もされた川口松太郎の小説なのだそうだが、それがピンとくる世代でもない。

自性院 自性院

<< 前へ   このページのTOP   谷根千TOP   23区歴史スポット   次へ >>