HOME(23区)<<谷根千<<三浦坂周辺

≪Chapter of Yanesen lineup≫
天眼寺玉林寺信行寺本光寺臨江寺大名時計博物館蓮華寺延寿寺妙行寺妙泉寺一乗寺大雄寺
感応寺自性院長久院西光寺瑞輪寺谷中霊園天王寺安立院旧平櫛田中邸浄名院善性寺
大円寺宗林寺長明寺安立寺築地塀観音寺長安寺永久寺龍谷寺天龍院全生庵妙法寺妙円寺
諏訪神社浄光寺富士見坂修性院青雲寺南泉寺養福寺経王寺本行寺延命院谷中銀座須藤公園
旧安田楠雄邸根津神社


善光寺坂を根津との境まで下り右折、道の左は根津2丁目、右は谷中1丁目となる。
(左)角にあるせんべい屋の大黒屋。
(右)慶長19年神田寺町に創建され、慶安3年に移転してきたという日蓮宗 本寿寺。



臨江寺(蒲生君平墓所)


臨江寺


臨済宗臨江寺は、寛永7年に池之端に創建され、延宝9年に移転してきたという。
ここには「蒲生君平墓」という案内板が立っている。
蒲生君平は、江戸時代の尊王論者の先駆け的人物で、 林子平、高山彦九郎と共に寛政三奇人などと言われている。 蒲生氏郷の末裔を名乗り、水戸学に傾倒していく中で、 世の中への憤りが、イデオロギー闘争へと駆り立てていく。 差詰め、現代ならこんな言われ方するんだろうか。 写真の左側に写っているのは、明治建立の石柱で、 「勅旌 忠節 蒲生君平墓」と刻まれている。


臨江寺 臨江寺

不忍通りと並行して走るこの道には、昔、藍染川が流れていた。
江戸の地図では、川を挟んで、根津側は武家屋敷が、谷中側には臨江寺や天眼寺など寺院がある。
(右)染物・洗濯の丁子屋。明治28年創業の染物屋だった?



“三浦坂”を上がっていく。右手は塀は臨江寺のものだ。
江戸時代、坂の左手には、美作勝山藩三浦家の下屋敷があったという。
坂の途中に、ねんねこ家というカフェがある。 谷中は、猫の街というのも売りにしていて、こういった、ネコものの店も多い。

三浦坂 ねんねこや

大名時計博物館(美作勝山藩下屋敷跡)


三浦坂を上がったところに大名時計博物館がある。陶芸家、上口愚朗氏が収集、オープンした博物館であるという。
この場所が、三浦坂の由来となっている美作勝山藩三浦家の下屋敷跡地だ。
門前には、「勝山藩下屋敷跡の碑」が建っており、敷地内には、いかにもお宝が収納されていそうな蔵が見える。
荒れ放題の庭(言い過ぎか)に入っていき、プレハブ風の建物の扉を開けると、いかにも時代劇に似合いそうな時計が陳列されている。
これらは、江戸時代の大名がお抱え技師に造らせた、オーダーメイドの時計コレクションと言うことらしい。

大名時計博物館 大名時計博物館

大名時計博物館 大名時計博物館

あかじ坂


この"あかじ坂"も大名時計博物館付近にある坂で、まっすぐ降りると不忍通り、その先には根津神社がある。
江戸の地図にはない坂で、明治には“赤字坂”と見える。
坂の上には、渡邊治右衛門邸の表記があり、東京第二十七国立銀行や
あかぢ銀行などを経営していた明治の銀行家であるという。



この坂にも猫町29という猫カフェがある。

猫町29 猫町29

猫町29 猫町29

領玄寺


三浦坂の上に戻る。
日蓮宗 領玄寺に、領玄寺貝塚の案内板が建っている。
園内から縄文時代中・後期の貝殻とか土器が出ているらしい。



<< 前へ   このページのTOP   谷根千TOP   23区歴史スポット   次へ >>