HOME(23区)<<谷根千<<根津神社

≪Chapter of Yanesen lineup≫
天眼寺玉林寺信行寺本光寺臨江寺大名時計博物館蓮華寺延寿寺妙行寺妙泉寺一乗寺大雄寺
感応寺自性院長久院西光寺瑞輪寺谷中霊園天王寺安立院旧平櫛田中邸浄名院善性寺
大円寺宗林寺長明寺安立寺築地塀観音寺長安寺永久寺龍谷寺天龍院全生庵妙法寺妙円寺
諏訪神社浄光寺富士見坂修性院青雲寺南泉寺養福寺経王寺本行寺延命院谷中銀座須藤公園
旧安田楠雄邸根津神社


根津神社


不忍通りを根津一丁目まで来た。
江戸時代、このあたりは曙里と呼ばれた場所らしく、また、当時は根津権現の別当寺院 昌泉院があったようだ。 神社の門前町には、根津遊廓と呼ばれた岡場所があり、明治に東京帝国大学の近くにあることが問題となり移転するまで 栄えていたという。
現在の根津は、不忍通りを挟んで1丁目と2丁目がある低地のエリアであるが、 江戸の地図で見ると、1丁目は根津権現と門前町で、2丁目は根津元御屋敷とあり甲府徳川家の家臣が住む町であったらしい。
基本的には根津神社の縄張りだったといっても過言ではない感じであるが、現在も根津神社がある町という印象か・・・



不忍通り沿いにある「根津のたいやき」。
根津神社のお祭りやツツジの季節などには行列が出来る人気店だ。

根津のたいやき 根津のたいやき

根津神社


根津神社は、大和武尊が当初は千駄木に創祀したと伝わる古社だ。
室町後期の文明年間には、太田道灌が社殿を寄進しているという記録もあるようだ。
現在の根津神社となったのは、5代将軍徳川綱吉の時代で、兄の甲府藩主綱吉の屋敷地が寄進されたのだという。
それには、実子のいない綱吉が、綱重の子・綱豊を養嗣子に定めるに伴い、江戸城に居を移すという事情があったらしい。
それゆえ、根津神社は、6代将軍家宣(綱豊)誕生の地でもある。
根津神社は、徳川家ゆかりの神社として高い格式を誇ったが、明治期にも、東京を代表する准勅祭社に数えられている。
現在、境内は、江戸時代から続くツツジの名所として知られている。
2010年 つつじまつりの模様 >>
2010年 神幸祭の模様 >>
東京十社めぐり >>

根津神社 根津神社

(左)重要文化財の楼門。宝永年間のものが残っている。
(右)江戸・東京名所のつつじ苑。

根津神社 根津神社

唐門・透塀も江戸時代に造られた重要文化財だ。

根津神社 根津神社

(左)権現造りの社殿。これも、江戸時代建立の重要文化財だ。
(右)六代将軍「徳川家宣」奉納の神輿。本祭りの際に地域を巡行する。

根津神社 根津神社

鳥居が連なるのは乙女稲荷神社。

根津神社 根津神社

(左)「駒込稲荷神社」。元々は、徳川綱重邸内に祀られていたらしい。
(右)北参道を出ると根津裏門坂。江戸の地図にも記載のある坂だ。

根津神社 根津神社

根津神社


不忍通りの根津神社入り口交差点。
通りの向こうは、藍染大通りで、さらに谷中2丁目に上がるあかじ坂がある。
左は千駄木方面で、右は不忍池がある池之端方面になる。

といったところで、今回の谷根千編はここまで。



<< 前へ   このページのTOP   谷根千TOP   23区歴史スポット