HOME(23区)<<谷根千<<諏訪台2

≪Chapter of Yanesen lineup≫
天眼寺玉林寺信行寺本光寺臨江寺大名時計博物館蓮華寺延寿寺妙行寺妙泉寺一乗寺大雄寺
感応寺自性院長久院西光寺瑞輪寺谷中霊園天王寺安立院旧平櫛田中邸浄名院善性寺
大円寺宗林寺長明寺安立寺築地塀観音寺長安寺永久寺龍谷寺天龍院全生庵妙法寺妙円寺
諏訪神社浄光寺富士見坂修性院青雲寺南泉寺養福寺経王寺本行寺延命院谷中銀座須藤公園
旧安田楠雄邸根津神社


花見寺 青雲寺


修性院を出て、道灌山通り方向に歩いていくと、“花見寺”の一つに数えられた青雲寺が見えてくる。
青雲寺は、宝暦年間、堀田相模守正亮により中興されたという臨済宗寺院だ。。
堀田正亮は、下総佐倉藩主で、老中首座にまで上り詰めた人物だ。
「青雲」という寺号は、その堀田正亮の法号「青雲院」に由来するものだという。
また、谷中七福神の恵比寿神を祀っている。

青雲寺 青雲寺

境内には、江戸の文化人の碑がいくつか建っている。
(左)「滝沢馬琴筆塚の碑」。南総里見八犬伝の作者として知られる。
(右)日暮里船繋松の碑。

青雲寺 青雲寺

南泉寺


道を引き返し富士見坂の下を過ぎると、南泉寺がある。
南泉寺は、元和2年に創建されたという臨済宗寺院だ。
案内板には、貞享3年家光・家綱に仕えた大奥の老女岡野の遺言により朱印30石を賜ったとある。
また、本堂内にある鎌倉時代の聖観音菩薩像が「美濃遠山氏」の念持仏であるとか。
この老女岡野と、美濃遠山氏、ゆかりの寺院と言うことになるようだ。

南泉寺 南泉寺

(左)3匹の蛙が描かれた「蛙塚」なるもの。
(右)西南戦争の犠牲者を弔っているらしい「戦死之碑」。

南泉寺 南泉寺

(左)墓誌には「坂氏代々之墓」とある。
“源頼光の五世の孫・・・十三代・・・合葬す・・・足利尊氏公に奉仕・・・良く読めない・・・”
具体的な人物として、案内板に出ていた、大奥老女岡野(栄寿院殿)がいる。(右から2番目)
その左隣に、信長・秀吉・徳川家の典医の家系であるらしい「洞菴宗仙法印」なる人物がいるが・・・やはり、良く分からない。
(右)天保年間の浦賀奉行「遠山景高の墓所」。
案内板にあった「美濃遠山家」をルーツに持ち、あの「遠山の金さん」とも元をたどると同じ一族らしい。

南泉寺 南泉寺

(左)案内板には、初代と二代の「松林伯円」だとある。江戸時代に名人と呼ばれた講談師だったらしい。
(中)仁正寺藩の第10代藩主(最後らしい)の市橋長義の墓。
この市橋家は、瑞輪寺に墓のあった市橋長勝(仁正寺藩市橋家初代らしい)の系譜に連なると思われる。
(右)ヤナカネコ。

南泉寺 南泉寺 南泉寺

富士見坂を上がり、諏訪台通りへと戻る。

富士見坂

養福寺


養福寺は、元和6年創建の真言宗寺院だ。
太平洋戦争の戦災により建物類は消失しているが、赤い仁王門は、宝永年間の建立と伝わるものだ。

養福寺 養福寺

金網の中の皆さん。

養福寺 養福寺 養福寺 養福寺

本堂や鐘楼はいづれも昭和再建のものらしい。

養福寺 養福寺

引き続き諏訪台通りを進む。塀は次に向う経王寺のもの。
諏方神社祭礼の際には、この通りに縁日の屋台が並ぶ。
この通りを抜けると、経王寺、本行寺、延命院とあり、坂を下ると谷中銀座商店街もある。

諏訪台通り

<< 前へ   このページのTOP   谷根千TOP   23区歴史スポット   次へ >>