HOME(23区)<<谷根千<<日暮里・諏訪台1

≪Chapter of Yanesen lineup≫
天眼寺玉林寺信行寺本光寺臨江寺大名時計博物館蓮華寺延寿寺妙行寺妙泉寺一乗寺大雄寺
感応寺自性院長久院西光寺瑞輪寺谷中霊園天王寺安立院旧平櫛田中邸浄名院善性寺
大円寺宗林寺長明寺安立寺築地塀観音寺長安寺永久寺龍谷寺天龍院全生庵妙法寺妙円寺
諏訪神社浄光寺富士見坂修性院青雲寺南泉寺養福寺経王寺本行寺延命院谷中銀座須藤公園
旧安田楠雄邸根津神社


西日暮里駅の横から諏訪台へと上がる。
江戸の地図に“新堀村”とある この日暮里界隈は、“ひぐらしの里"などと言われた景勝地で、台地からの眺望にも優れていたという。
また、付近には、花見寺、雪見寺、月見寺などの異名を持つ寺院が集まり、その景観の中心を担っていた。
意外にも、現在、日暮里という住所はなく、西日暮里と東日暮里に分れているが、 諏訪台の新堀村は、西日暮里の3丁目にあたり、
東日暮里の多くは、金杉村や三河島村だった場所だ。
坂を上がると西日暮里公園という地味な公園があり、道灌山についての案内板がある。
なんでも、「道灌山」の名前の由来は、太田道灌が出城を築いたとか、地元の土豪「関道閑」の屋敷があったなんて説があるらしい。
江戸時代には、薬草採りや虫聴き(松虫らしい)の名所で歌川広重の浮世絵の題材になるなど人気の行楽地であったようだ。
また、「日暮里」の地名の由来についても触れられている。
元々の地名は“新堀"であるが、風光明媚な場所で一日中過ごしても飽きないと言われた事から“ひぐらしの里"と呼ばれ、風流を好み
“日暮里"の字を当てたものだという。



公園のある西日暮里の3丁目と道灌山通りを挟んで、対面の西日暮里4丁目が道灌山と呼ばれた場所だ。
現在、進学校として有名な開成学園の周囲は、出羽久保田藩佐竹家が抱屋敷地として拝領していた場所だ。
当時、そこには、衆楽園という山荘があり名園として名を馳せたという。



(左)案内板の類以外には、特にこれといってない西日暮里公園。
(右)諏訪台通りに戻ると、左手に諏方神社がある。



諏方神社


諏訪台からの眺望が売りだったという諏方神社は、新堀村・谷中村の鎮守だ。
この諏方神社は、鎌倉時代の元久2年に豊島左衛門尉経泰が信州諏訪神社より勧請し創建したものだという。
そういえば、意外にも、これまで谷中寺町では神社を見かけなかった。
お祭りの日の日記 >>
(左)諏方神社の鳥居。右手には、雪見寺 浄光寺がある。
(右)諏方神社の境内。

諏方神社 諏方神社

(左)神楽殿に立つ源為朝の山車人形。
(右)節分の豆撒き。

諏方神社 諏方神社

「地蔵坂」なる坂(となり浄光寺の地蔵に由来する名前らしい)を下りるとJR西日暮里の駅だ。
江戸時代、ここからは、新堀村の田園風景や筑波山が望めたはずである。
(左)本堂。
(右)山手線と西日暮里の町並みが、現在の風景だ。

諏方神社 諏方神社

雪見寺 浄光寺


諏方神社の別当寺院だったのが、隣にある真言宗浄光寺だ。
眺望に優れた諏訪台でも、特にここは雪景色が人気を集め“雪見寺"の異名で知らるようになったという。
また、鷹狩りの際に徳川吉宗のお成りがあって以降は、将軍の御座所としても利用されていたようだ。
(左)山門と本堂。
(右)当たり前であるが、ここからの眺望も山手線と西日暮里の町だ。

浄光寺 浄光寺

門前には、「江戸六地蔵 三番目」とあり、立っている方がその六地蔵だ。
江戸六地蔵の三番目は、新宿の太宗寺にあったはずであるが・・・ ここのものは、これら宝永・享保期のものとは異なり、
古い元禄期のシリーズに属するものだという。
同じシリーズでは、千駄木の専念寺跡に2番目が、 向ヶ丘の瑞泰寺に再建された1番目があった。
(左)庚申塔。
(右)銅造地蔵菩薩立と像銅造地蔵菩薩坐像。。

浄光寺 浄光寺

富士見坂


諏訪台を下りる富士見坂は、都内各地に残る“富士見坂”の中で、現在でも富士山を望むことができる坂として知られている。
江戸時代、坂下には、花見寺と呼ばれた妙隆寺(修性院に併合)、修性院、青雲寺があり、“妙隆寺坂”“花見坂”とも呼ばれていたという。
これらの寺院が、作庭を競うことにより、ひぐらしの里の景観を担う存在となっていたらしい。

富士見坂 富士見坂

冬の晴れた日などには、確かに富士山が微妙に頭をのぞかせる。
ただ、この光景も高層マンションの建設により絶滅の危機を迎えているらしい。

富士見坂 富士見坂

花見寺 修性院


富士見坂を下りると、お寺には、ミスマッチにも思えるピンクの壁が見えてくる。
描かれているのは、“ひぐらしの布袋”で、 谷中七福神の布袋である。
修性院は、戦国時代の天正元年に創建され、寛文3年に移転してきたという日蓮宗寺院だ。
境内の模様は、歌川広重の「江戸名所百景」などにも描かれており、 「ひぐらしの里」の景観を構成していた“花見寺”の中心的な存在が、
この修性院であったようだ。

修性院 修性院 修性院

修性院 修性院

<< 前へ   このページのTOP   谷根千TOP   23区歴史スポット   次へ >>