HOME(23区)<<谷根千<<三崎坂

≪Chapter of Yanesen lineup≫
天眼寺玉林寺信行寺本光寺臨江寺大名時計博物館蓮華寺延寿寺妙行寺妙泉寺一乗寺大雄寺
感応寺自性院長久院西光寺瑞輪寺谷中霊園天王寺安立院旧平櫛田中邸浄名院善性寺
大円寺宗林寺長明寺安立寺築地塀観音寺長安寺永久寺龍谷寺天龍院全生庵妙法寺妙円寺
諏訪神社浄光寺富士見坂修性院青雲寺南泉寺養福寺経王寺本行寺延命院谷中銀座須藤公園
旧安田楠雄邸根津神社


三崎坂の上にあるこの一帯も天王寺の門前町だったようだが、通りには谷中三崎町という文字も見える。ここからは、坂を下っていく。
(左)初音幼稚園を経営する観智院は、慶長16年神田北寺町に創建、慶安元年移転の真言宗寺院だ 。

観智院

永久寺(仮名垣魯文の墓)


永久寺は、江戸初期に谷中玉林寺の末寺として創建されたという曹洞宗寺院だ。
幕末の上野戦争では、この辺りでも彰義隊と西軍の先頭があり、ここも戦火に巻き込まれたという。
案内板によると、幕末・明治の戯作者、新聞記者だった 仮名垣魯文なる人物のゆかりの寺と言うことだ。
どうやら、かなりの猫好きだったらしいく、猫々道人とも号していたという。
本堂前の石塔は「猫塔記念碑」で、左に立つのは「山猫めおと塚」だとか。
なんでも、榎本武揚にもらった猫が死んだ時に建てたものだという。

永久寺 永久寺

(左)「猫塚碑」。猫の顔が描かれている。
(中)仮名垣魯文の墓。
(右)1円玉の地蔵。

永久寺 永久寺 永久寺

龍谷寺


こぢんまりとした境内の龍谷寺は、由来などはよくわからない日蓮宗の寺院だ。
境内の右手に、お堂があって「百日咳守護」とか「たんぼとけ」とかとある。
墓石のような碑に刻まれているは、采配の絵と「源家侍所別当 佐奈田余一義忠 相州石橋山合戦討死」たぶん、そう読める文字。
佐奈田義忠は、浮世絵にも描かれた、実在の武将で、実際に石橋山合戦で討死してるらしい。
組み討ちの際に痰がからんで声が出ず助けが呼べなかったため討取られた・・・なんて伝説があるらしい。

龍谷寺 龍谷寺

さらに三崎坂を下る。
(左)台東区循環バス「めぐりん」。この辺りを走っているのは上野と浅草を運行している「東西めぐりん」。

めぐりん 三崎坂

天龍院


天龍院は、寛永7年に創建、元禄14年に神田から移転してきたという臨済宗寺院だ。
案内板には、シーボルト門下の蘭方医伊東玄朴の墓所があると書いてある。
(右)その伊藤家の墓所。

天龍院 天龍院

全生庵(山岡鉄舟墓所)


天龍院の向かいにある全生庵は、山岡鉄舟のお寺として、この辺りでは結構知られた場所だ。
臨済宗の全生庵は、明治16年、山岡鉄舟が幕末維新の動乱に殉じた人々の菩提を弔うためにに建立したという。
当然、江戸の地図にはない寺で、この場所には天王寺新門前町と記載がある。
山岡鉄舟は、先ほどの高橋泥舟や勝海舟と共に「幕末の三舟」と称された一刀流剣術の使い手として有名であるが、禅と書も極めたという。
幕臣として、江戸城の無血開城において活躍するが、新政府からの信頼も厚く明治天皇の侍従を務めている。
また、全生庵は、幕末・明治の落語家 三遊亭円朝ゆかりの寺としても知られ、コレクションの幽霊画が遺されている。
境内で開催された円朝まつりの模様 >>

全生庵 全生庵

(左)境内には、いろいろ碑が建っている。
(右)墓地では、この金ピカの観音像が目立つ。

全生庵 全生庵

(左)山岡鉄舟の墓所。。「全生庵殿鉄舟高歩大居士」と読める。
(右)三遊亭圓朝の墓所。

全生庵山岡鉄舟の墓所 全生庵三遊亭圓朝の墓所

いかにも寺町らしい風情を感じる山門と黒い板塀。 一見、同じお寺とも見えるが、妙法寺と妙円寺が隣接している。



妙法寺(本阿弥家墓所)


慶長13年創建の日蓮宗妙法寺も神田からの移転組らしい。
山門をくぐりゆるやかな坂を上がると本堂が見えてくる。
墓地には、本阿弥家の名が多く見られる。本阿弥家は、江戸時代、刀剣の鑑定で著名な一族だ。
特に、本阿弥光悦は有名で、寛永の三筆と称されるなど、むしろ芸術家として活躍し琳派のルーツとも言われている。



(左)本堂手前の建物。
(右)本阿弥家の墓所。墓碑には光悦の文字も見える。



妙円寺


板塀が印象的な妙円寺は、慶長4年に創建、元禄17に移転してきたという日蓮宗寺院だ。




三崎坂を不忍通りまで下りてきた。
対面には、メトロの千駄木駅がある。
この交差点は、団子坂下で、千駄木から駒込に上がる団子坂がある。
江戸時代、不忍通りはなく、備中庭瀬藩板倉家の下屋敷などがあった。
エリアは、谷中村から下駒込村に移っている。

この後は、西日暮里駅に移動し諏訪台を上がっていく。



<< 前へ   このページのTOP   谷根千TOP   23区歴史スポット   次へ >>