HOME(23区)早稲田

≪Chapter of Waseda Lineup>>
早稲田駅穴八幡神社甘泉園公園大隈庭園関口芭蕉庵新江戸川公園永青文庫椿山荘江戸川公園江戸川橋駅


椿山荘


冠木門


神田川沿いのこの冠木門は椿山荘の日本庭園に直接入れる入場ゲートだ。
このあたり古くは“椿山"と呼ばれ、南北朝の昔から続く椿の名所なんだとか。
江戸時代には久留里藩黒田家が下屋敷を構えていたというが、明治期には、
山県有朋の所有するところとなり“椿山荘"とは、その時名付けられたらしい。
その後、大正時代に藤田財閥に渡り、現在は藤田観光の所管であるようだ。
園内は、舗装された路面とホテルの近代建築・・・なのだが、
池も小山も滝もあるし・・・確かに日本庭園だ。



(左)門を入ってすぐ、"長松亭"という茶室らしい。。
(右)見ての通りの水車。

長松亭 水車

(右)見たまんま赤い橋だ。
(右)池だ。

橋 池

(右)高台の上からの光景。ホテルの内庭と思うとその敷地はかなり広い。
(左)冬の定番、雪吊りがあるのも日本庭園らしい。

雪吊り

滝もやっぱり日本庭園にはつきもの。
その滝が裏側からも見られる。

滝 滝の裏

(左)有形文化財の三重塔。大正時代に広島県の竹林寺という寺にあったものを移築したんだとか。
(中)般若寺式石灯篭だとか。良く分からないが名物らしい。
(右)お稲荷さん。

三重塔 般若寺式石灯篭 狐

冠木門


椿山荘を後にする。
この神田川には、 自分の眼には全然見えないが、 いろんな魚も放流され住み着いていることになっている。
でも、金魚って・・・
そのまま神田川沿いを歩いていくと、
自然と江戸川公園に入る。



江戸川公園


江戸時代、この川沿いの一帯には武家・町家・寺院なんかが混在していて、対岸は田んぼだったようだ。
付近には、例えば、柳生播磨守(柳生久寿か?)下屋敷とか、目白不動なんてのがあったらしい。
そのあたりの川沿いに、現在ある細っこい公園がこの江戸川公園だ。
土手側の斜面には遊歩道が設置されていて、ついでに滑り台にも繋がっている。
川の護岸は桜並木みたいでシーズンには周辺の庭園共々結構な人出があるものと思われる。
(右)神田上水取水口大洗堰跡の案内板。
井の頭からの流れをここ関口で取水して、江戸川(神田川)と水戸屋敷(小石川後楽園に上水の跡がある)に分流していたという。
さらに、水戸屋敷を経由した上水は、内堀内の大名屋敷や日本橋などの町家に給水されていたのだという。

江戸川公園 江戸川公園

この水路っぽいのは、神田上水取り入れ口に使用されていた大洗堰を復原したものだとか。
(右)その水路にいたガマガエル。

江戸川公園 江戸川公園

(左)大井玄洞翁像。大正時代に護岸の改修工事をした人物らしい。
(右)江戸川橋から見た神田川。左の高架は首都高池袋線の早稲田出口だと思う。
そう言えば“神田川"なのに“江戸川橋"とか“江戸川公園"になってるわけは、 単に昭和40年までは“江戸川"だったかららしい。
何で名前変わったのかは知らないが大したオチでもなかった。

江戸川公園 江戸川公園


江戸川橋の交差点付近、目の前は目白通りだ。
正面の高速道路の先は水道橋・後楽園方面。
左は、音羽道りに入って護国寺方面。
右は、牛込・神楽坂方面と言ったところか。
まあ、それなりに歩いたので、今日はここまでにしておこう。



<< 前へ   このページのTOP   早稲田編のTOP   23区歴史スポット   日帰り歴史スポットTOP