HOME(23区)早稲田

≪Chapter of Waseda Lineup>>
早稲田駅穴八幡神社甘泉園公園大隈庭園関口芭蕉庵新江戸川公園永青文庫椿山荘江戸川公園江戸川橋駅


新目白通りを渡り、住宅街をちょこっと過ぎて神田川沿いまできた。
このあたりは、すでに新宿区を抜け文京区関口に入っているはずだ。
川の対岸が、小山か土手のように見えるが、この斜面を利して新江戸川公園・芭蕉庵・椿山荘などと日本庭園が続く。
右は、駒形橋から見た神田川。ここから先は、この川を渡った側のスポットを巡る。
左岸のビルは「フォーシーズンズホテル」。この椿山荘の庭園にも後ほど訪れる。

駒塚橋 神田川

胸突坂 水神社 蕉雨庵

駒塚橋を渡ると「胸突坂」なんて急坂がある。
江戸時代には結構ポピュラーなネーミングだったらしいのだが。
この坂を挟んで左が目白台で、右が関口と言うことになりそうだ。
坂の中腹左手に神田上水大洗堰の鎮守だという「水神社」がある。
坂の上左手には旧熊本藩細川邸の跡地に建つ永青文庫が、
対面には旧田中光顕邸の「蕉雨園」(通常非公開)がある。
坂の手前右側に関口芭蕉庵の入り口があるのでまずはそこに入る。



関口芭蕉庵


あまりピンとこないが松尾芭蕉が当地で神田上水の改修作業に携わっていた時期があるんだとか。
その際、芭蕉が当地の水番屋に住んだとされる事が、ここのルーツであるという。
その後、芭蕉を偲ぶ人々によって堂だとか句碑なんかが建てられ、当初「竜隠庵」と呼ばれていたものが、
そのうちに関口芭蕉庵と呼ばれるようになったらしい。
現在のものは戦災後のリメークみたいなのだが、斜面を利した土手と池を配した回遊式日本庭園がある。

関口芭蕉庵 関口芭蕉庵

(左)“古池や蛙飛び込む水のをと"芭蕉お約束の句碑。
(右)享保年間のものだという“芭蕉堂"。芭蕉の木像が入ってるらしい。

関口芭蕉庵 関口芭蕉庵

(左)「さみだれ塚」なるものには“芭蕉翁の墓"とある。芭蕉の短冊を埋めて墓としたものだとか。

関口芭蕉庵 関口芭蕉庵

こぢんまりとした庭だが、特に芭蕉ファンとかだったら外せない所かもしれない。
まあ、無料なので入ってみて損はない。
(左)昼寝中...
(右)湧き水らしい。

関口芭蕉庵 関口芭蕉庵

新江戸川公園


「←新江戸川公園・江戸川公園→」とある。 まずは、“新"の方(目白台方面)に向う。
このあたり流れているのは“神田川"だが、名前には“江戸川"を冠している。最寄り駅も“江戸川橋"だ。
川沿いを公園外壁伝いにしばらく歩き、コーナーを曲がると入り口がある。

新江戸川公園

というわけで、熊本藩主細川家の下屋敷の跡地にある新江戸川公園に来た。
ここにも典型的な大名屋敷遺構と言って良いだろう日本庭園が残っている。
池の左サイドは土手になっていて、そこを上っていくと永青文庫という細川家関連の資料館がある。

新江戸川公園

新江戸川公園 新江戸川公園

新江戸川公園 新江戸川公園

新江戸川公園 新江戸川公園

永青文庫


新江戸川公園から左写真の輪っかを抜けて(別にくぐる必要ないけど)永青文庫なる所に来た。
細川家の歴史資料・文化財や細川家がコレクションした古美術品・芸術品などを収蔵展示している美術館らしい。
ここも細川藩下屋敷跡地に建っている。
拝観料は600円。

永青文庫 永青文庫

永青文庫 永青文庫

胸突坂 芭蕉庵

永青文庫を出たところが、さっきの胸突坂を上がったあたりになる。
正面奧に見えるリーガロイヤルホテルの裏側が大隈庭園だ。
この後は、この坂を下りて、左にコーナーを曲がって川沿いを歩く。
少し行くと、関口芭蕉庵の正門があるが、こちらは通常開いていないようだ。
更に、川沿いを進むと、次の目的地椿山荘の入場ゲートが見えてくる。



<< 前へ   このページのTOP   23区歴史スポット   日帰り歴史スポットTOP   次へ >>