HOME(23区)上野<<池之端

≪ Chapter of Ueno lineup ≫
湯島天神妻恋神社霊雲寺大徳寺(アメ横)教証寺旧岩崎邸庭園講安寺妙極院鴎外荘
不忍池下町風俗資料館清水観音堂西郷隆盛像花園稲荷五條天神社上野大仏
上野東照宮噴水国立西洋美術館東京国立博物館両大師堂寛永寺円珠院護国院
旧吉田酒店


弁慶鏡ヶ井戸 境稲荷神社


現在地は東大の池之端門の横。
背後には不忍通りを挟んで上野公園
(不忍池がすぐ)も見える。
ここに弁慶鏡ヶ井戸なるものがある。
なんでも、奥州に落ちる途中の
源義経一行が通りかかった際に
弁慶が発見した名水と言うことに
なっているらしい。
境稲荷神社という小っこい神社の
傍らに地味に存在している。
このあたりが忍ヶ岡(上野台地)と
向ヶ岡(本郷台地)の“境"だったのが名前の由来だとか。



池之端には小さい寺社が多くあるので少し見てみる。
「渡辺の綱」「槍の半蔵」由縁の寺とある忠綱寺。要は子孫が建てたってことみたいだ。
鳥居清信(浮世絵師みたい)の墓があるらしい妙顕寺。
北村季吟(歌人と思われる)の墓があるらしい正慶寺。
幕末の高級官僚川路聖謨墓の墓があるらしい大正寺。

忠綱寺 妙顕寺 正慶寺 大正寺

妙極院


池之端でもかなり根津よりに来た。ここで妙極院という寺院に入ってみる。
案内板によると浄厳律師の墓所があるのだという。
古代インドの文語であるサンスクリット、梵語の研究をしていたんだとか。
聞いたことのない人物だと思ったが、湯島の霊雲寺の創建者だった。
ここは、その霊雲寺の塔頭寺院であるらしい。

妙極院 浄厳律師の墓所

(左)浄厳律師の墓所。
(中)馬庭念流18代目樋口定伊の墓。 神田明神下の道場で一千人を超える門人を抱えていたらしい。

浄厳律師の墓所 樋口定伊の墓 妙極院

上田邸 上田邸


引き続き池之端の・・・
今はやや上野桜木よりか。
何やら案内板のある建物がある。
上田邸(旧忍旅館)とある。
昔は、忍旅館として営業しており
「花園町の白鷺城」の異名をとった
木造建築の洋館だそうだ。



鴎外荘(森鴎外旧居跡)


「水月ホテル鴎外荘」には「森鴎外旧居跡」の案内板が出ている。
明治の文豪森鴎外の事のようだが、ホテルの敷地内にその旧宅が保存されているらしい。
水月ホテル鴎外荘の公式HP

鴎外荘 鴎外荘 鴎外荘

森鴎外は旧幕府の藩医の長男として誕生。東京大学を出て陸軍の軍医となり日清・日露戦争に従軍する。
その後、この池之端で「舞姫」を執筆、発表し作家デビューしている。
まあ、だいたい、そんなような事が書いてある。

鴎外荘 鴎外荘

建物内に入ってみると、すぐ右手にそれらしき庭と旧家がある。
これが、デビュー作「舞姫」を書いた部屋なんだとか。

鴎外荘 鴎外荘

(左)舞姫の間とある。復元された玄関らしい。
(中)鴎外荘とある門。
(右)お約束の錦鯉。

鴎外荘 鴎外荘 鴎外荘

鴎外荘 鴎外荘 鴎外荘

(左)鴎外荘の前に止まっていた「めぐりん」は別に関係なく・・・
(右)正面奧に上野公園のモノレールの高架が走っている。左手が上野の山で右手が不忍池方面。

めぐりん 鴎外荘

鴎外荘から不忍池付近まで戻ってきた。
(左)おもむろに都電が置いてある。昔はいっぱい走ってたらしい。
(右)不忍通りを挟んで見える塀は横山大観記念館のもので 背後がこれから向う不忍池だ。
これからは、いよいよ旧寛永寺のエリア上野公園 へと入っていく。

都電 横山大観記念館

<< 前へ   このページのTOP   上野編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>