HOME(23区)上野<<湯島・アメ横

≪ Chapter of Ueno lineup ≫
湯島天神妻恋神社霊雲寺大徳寺(アメ横)教証寺旧岩崎邸庭園講安寺妙極院鴎外荘
不忍池下町風俗資料館清水観音堂西郷隆盛像花園稲荷五條天神社上野大仏
上野東照宮噴水国立西洋美術館東京国立博物館両大師堂寛永寺円珠院護国院
旧吉田酒店


湯島天神を表鳥居の方から御茶ノ水方面に進むと清水坂の途中に「妻恋神社」の幟があるので行ってみる。

清水坂 清水坂

妻恋神社


妻恋神社は、日本武尊神話にちなんだ由来が残る小さな神社だった。

妻恋神社 妻恋神社

霊雲寺


湯島でもう一つお寺に寄っていく。
この霊雲寺は、徳川綱吉柳沢吉保から贔屓にされたという名刹だ。
初代の浄厳律師は真言律宗中興の祖ともされる人物で、時の権力者柳沢吉保から帰依を受け、
その縁で徳川綱吉から寺領を給付されたものらしい。
当時は、幕府の祈願所としてのお墨付きを受けた高いステータスを誇こる寺院であったという。
しかし、関東大震災、第二次世界大戦の戦災で消失、現在の本堂は昭和51年製のものだとある。
現在は、山門の奧に本堂がポツンとある印象を受ける。
霊雲寺の公式HP

霊雲寺 霊雲寺

実盛坂 実盛坂

銅鳥居を出て少し行った所に
“実盛坂"の案内板が立っている。
その昔、湯島や池之端辺りは
“斎藤実盛"の領する地であった
と言うような事が書いてある。
“木曽義仲"との戦いに敗れ
討取られた平家方の武将なのだが、
その活躍の模様は“平家物語"など
に描かれているんだとか。

付近には“実盛塚"や“首洗いの井戸"があったなんて伝承もあるらしい。
結構急な階段で、月並みな表現だが“台地の上にいるって"感じがする。
この後は、湯島天神に戻り、 境内を突っ切って切通坂を下りて
御徒町方面へと向かう。



切通坂を中央通りまで下りて上野広小路まで来たところ。
(左)広重の「江戸名所百景 下谷広小路」にも松坂屋は描かれている。
(右)中央通り。左奥の樹木が上野公園。

上野広小路 中央通り

御徒町まで来た。アメ横へと入っていく。(写真は上野側か)

アメ横 アメ横

アメ横の商店街の真っ只中にある「徳大寺」にきた。
路地の高みに突飛な感じで現れる印象なのだが、南北朝の頃に創立されたと言う由緒ある寺院だ。
(左)「二木の菓子」の幟とともに「摩利支天」の幟が見えてくる。
(中)「二木の菓子」の対面に境内へと上がる階段がある。
(左)階段を上り振り返ったところ。なんだか「二木の菓子」のお寺みたい?

アメ横 アメ横 アメ横

(左)階段の正面は本堂。
(右)境内。銅像の後ろに鐘楼が、バックにはJRの線路が走っている。

アメ横 アメ横

(左)アメ横を抜けて、陸橋からJR上野駅を見下ろしたところ。
(右)上野駅のパンダ口付近から見た上野市街。

JR上野駅 JR上野駅

陸橋に戻り、JRの線路越しに上野公園を見ているところ。



この後は、ちょっと道を戻って旧岩崎邸庭園がある池之端方面に向かう。


<< 前へ   このページのTOP   上野編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>