HOME(23区)柴又

葛飾柴又のイメージは、寅さんの舞台となった下町であろうか。
今回のコースは、金町駅から柴又へと歩き、帝釈天の参道を通り柴又帝釈天と周辺を見学した後、最後は矢切の渡しを渡ってみる。
まあ、実に有り触れたラインナップだ。
歴史的には、昔は・・・結構田舎だったっぽい・・・あまりに大雑把か。
訪れた先では、地味に古墳時代の遺跡だったり、古戦場跡だったりといった話も出てくるが・・・
やっぱり、ほとんど「寅さん」と「帝釈天」の町って感じだろう。
と、これほど言っておきながら、「寅さんシリーズ」を全く見たことがない・・・

≪Chapter of Sibamata lineup≫
金町駅良観寺柴又八幡神社帝釈天参道柴又帝釈天山本亭寅さん記念館矢切の渡し金町駅


金町駅 金町駅


スタート地点は金町駅。
JRの金町駅と京成金町駅がある。
柴又へは京成金町線の線路沿いを
歩いて一駅の距離だ。
もちろん、この電車に乗っても行ける。



どことなく、ローカル線の趣がある金町線の線路沿いを歩く。
水戸街道と交差する金町三丁目交差点で、その金町線の電車とすれ違う。
この電車、以前見たときと見た目が変わった気がするが、たぶん、いくつかタイプがあるのだろう。
この金町線の停車駅は、金町、柴又、高砂と3つしかなく葛飾区内で完結している。
やっぱり、ローカル線だ。

京成金町線 水戸街道 金町三丁目

柴又街道 京成金町線


水戸街道を渡ると、そこは柴又街道だって書いてある。
その文字通り柴又へと続く道をとにかく線路沿いに歩く。



良観寺


踏切の向こう、山門越しに布袋さんが見えるのは良観寺だ。
明暦年間あたりにルーツがあるらしい真言宗寺院で柴又七福神の幟が立っている。
なんでも、その昔、商人が拾って来た布袋像が、商売繁盛をもたらした・・・そんな伝説があるらしい。
(右)腹を両手で時計回りに3回撫でると“強固な意志"を授かるらしい。

良観寺 良観寺

良観寺 良観寺

良観寺 良観寺

柴又街道の対岸には、金町浄水場の敷地が広がっている。
昔は、水質悪化で名を馳せていたらしいが、昨今は「東京水」なんてものを売り出すほど水質浄化能力を誇っている。
ちなみに、住所は葛飾区金町浄水場1-1であるらしい。
この金町浄水場を過ぎると、いよいよ柴又は間近だ。

京成金町線 水戸街道 金町三丁目

柴又八幡神社


住所も柴又に変わり、見えて来たのは、いつ頃出来たのか今ひとつ分からないらしい柴又八幡神社
ここでは、石室など古墳の遺構が発掘されていて、出土品には“寅さん埴輪"なるものがあるらしい。

柴又八幡神社 柴又八幡神社

(左)社殿の裏手に回る。島俣塚とあるのが石室の遺構か?
(右)何かの末社だと思う。

柴又八幡神社 柴又八幡神社

京成柴又駅前にやってきた。

柴又駅 柴又駅

駅前からは、すぐ帝釈天の参道が伸びている。
(左)駅前に佇む“寅さん"の雄姿。
(中)なぜか、水路にいる“見ざる言わざる聞かざる"の猿たち。
(右)水路には金魚が泳いでいる。

寅さん像 三猿 金魚

ハイカラ横丁


なんだかよく分からないがインパクトのある建物が現れた。
"ハイカラ横丁"や“おもちゃ博物館"の文字が見える。
ちょっと寄り道して中に入ってみる。
店内は、いわゆる昭和レトロな駄菓子屋、おもちゃ屋を
再現した作りになっている。



ハイカラ横丁 ハイカラ横丁 ハイカラ横丁

このあたりからが本格的に帝釈天の参道であろうか。
(右)“寄贈 渥美清"と見える常夜灯。

参道 参道 常夜灯

(左)山田洋次監督の碑。寅さんのお約束の台詞が刻まれている。
「私 生まれも育ちも葛飾柴又です 帝釈天で産湯をつかい 姓は車 名は寅次郎 人呼んでフーテンの寅と発します」

参道 石猿

老舗の店が連なる参道には、いかにも伝統的な門前町を思わせる風情がある。

参道 参道

老舗の和菓子屋、団子屋の「高木屋」と「とらや」。
「高木屋」は、寅さん撮影の際の控え室や衣装部屋だったんだとか。
「とらや」は、立て替え前は「寅さんの実家」という設定だったらしい。

高木屋 とら屋

参道 参道 参道

(左)「矢切の渡しもなか」なるものを売っている「代々喜」。
(右)「木彫」の看板がある民芸品店。帝釈天に猿は付きものらしい。

矢切の渡しもなか 木彫

さらに、ずんずん参道を進んでいくと柴又帝釈天の二天門が見えてきた。

参道 参道

このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>