HOME(23区)<<田端<<与楽寺ほか

今回の田端編は、JR田端駅の西側周辺を回るコンパクトなエリアだ。線路の向こう東田端や田端新町には行かない。
田端は北区にあって、北区中里、豊島区駒込、文京区本駒込・千駄木・荒川区西日暮里などに隣接している。
江戸時代の田端村は、田園風景に寺社が点在する郊外の田舎で、JRの線路が走るあたりは崖だったようだ。
ちなみに、名前の由来は田圃の端っこだったから・・・らしい・・・
田端駅付近では、明治になってナウマンゾウの化石が発見されたなんて話もあったようだが・・・あまり印象ない田端とはどんな街なのか。

≪ Chapter of Tabata lineup ≫
与楽寺田端文士村記念館田端八幡神社東覚寺日枝神社大久寺大龍寺上田端八幡神社田端不動尊


西日暮里の駅から坂を上がっていくと田端に出る。ちなみに道灌山通りを挟んで逆の坂を上がると日暮里の諏訪台だ。
(左)坂を上がる。江戸時代には景勝地だった道灌山が、その先に田端台地があった。
(右)JR田端駅の南口に下りる不動坂。昔は、付近に不動明王像が安置され不動の滝があったという。
江戸の地図で、JRの線路の場所は「崕雪頽」とあり、崖であったことが記されている。



まずは、田端1丁目に入り、与楽坂なる坂を下りてきた。
付近には、坂名の由来となっている与楽寺がある。

与楽坂 与楽坂

与楽寺


与楽寺は、弘法大師による建立と伝わる真言宗寺院だ。
江戸時代には二十石の朱印高を拝領する寺院で、江戸六阿弥陀参詣の第四番札所として信仰を集めたという。
案内板によるとここ与楽寺には「賊除け地蔵伝説」なんてのがあるらしい。
なんでも盗賊が押し入ろうとしたとき、本尊の地蔵菩薩が僧侶に化けて賊を追い払ったんだとか。
(右)本堂。伝説の地蔵菩薩(弘法大師作らしい)はここにいるのだろうか。

与楽寺 与楽寺

(左)阿弥陀堂。
(右)たぶん不動堂。

与楽寺 与楽寺

(左)たぶん阿弥陀如来。
(中)梵鐘。
(右)弘法大師像。

与楽寺 与楽寺 与楽寺

切通しの上に出てきたようだ。下には田端の駅前通りが走っている。
(左)童橋と見える。
(右)千駄木方面を見たところ。この先には田端の駅前商店街がある。



童橋を渡ると童橋公園という地味な公園がある。
どこにでもあるような児童公園であるが「室生犀星の庭石と苔」というタイトルの案内板がある。
この近くに住んでいた室生犀星の庭にあった石を持ってきて置いているようだ。
室生犀星は、明治から昭和にかけて活躍した詩人・小説家であるが、庭造りが趣味だったらしい。
かつて田端は文士村と呼ばれ文化人が集まっていた場所であったといい、 僅かに残る文士村の遺構ということになるだろうか。



田端駅の方へと向かう。
江戸の地図で、現在の田端駅付近には“東台”とあるが、確かに坂の上にある。
(左)東台橋の上から田端駅方面を見たところ。
(右)田端駅北口の田端駅前交差点。この先、新田端大橋を渡ると東田端であるが、そちらには行かない。



田端文士村記念館


田端MAP

田端駅前の田端アスカタワー から張り出すような感じで田端文士村記念館なんてのがある。
なんでも、田舎の農村だった田端に明治後半から芸術家や文人が続々と居住するようになり、
大正から昭和にかけては"文士村"と呼ばれるようになったという。
ここでは、、ゆかりの文化人(芥川龍之介など)について小規模に地味な(無料施設なので)
展示がなされている。

←←配布されている散策マップ(クリックで拡大)


田端文士村記念館 田端文士村記念館

今度は、切通しの下を歩く。

切通し 切通し 切通し

このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>