HOME(23区)隅田川の橋<<両国橋〜吾妻橋

≪Chapter of Sumida river ≫
浜離宮勝鬨橋佃大橋中央大橋永代橋隅田川大橋清洲橋新大橋両国橋蔵前橋厩橋駒形橋吾妻橋


頭上を首都高向島線が走る堅川との合流地点。エリアはそろそろ両国へと入る。
両国橋も有名な橋だ。現在の橋は、昭和7製、長さ164mで、東日本橋の靖国通りと、両国の京葉道路を繋いでいる。
隅田川では、千住大橋に次いで2番目に古い橋として、やや下流に架けられていたようだ。
江戸時代から両国の花火などで知られた名所で、 北斎や広重もやはり、この橋を描いている。

両国橋 両国橋

(左)左側に眼を転じると神田川が見える。緑の橋は柳橋で、東日本橋と柳橋の間に架かかる鉄橋だ。
現在の橋は、昭和4年製、38mで、デザインは先ほどの永代橋がモデルであるという。
元禄から、ここには、ほぼ同じ場所に橋があったようだ。
(右)両国国技館の屋根が見える。この辺りには、蝦夷福山藩松前家の下屋敷や丹後宮津藩松平家の下屋敷、幕府の米蔵があったらしい。

柳橋 総武線鉄橋

JR総武線の鉄橋をくぐると、その先に蔵前橋が見える。
蔵前橋は、蔵前と横網(横綱ではない)を結び、蔵前橋通りが通っている。
昭和2年開通で、長さ173m、下方の連続したアーチ構造が特徴だ。新旧の大相撲本場所開催地間に架かっている橋でもある。
文字通り幕府の米蔵があったという蔵前であるが、江戸時代に橋はなく、明治には少し下流に御蔵の渡しがあった。

両国 蔵前橋

蔵前橋を過ぎると次は厩橋。この辺りからスカイツリーも船内の注目を集めるようになる。
厩橋は、昭和4年開通、長さ151m。蔵前、駒形と本所を結び、春日通りが通っている。
明治7年に初代の木橋が架けられたが老朽化し、明治28年に鉄橋に取って代わったが、その橋も関東大震災で被災したのだという。
(左)蔵前橋をくぐる。
(右)厩橋とスカイツリー。江戸時代には、まだ橋がなく御厩の渡しからの船が交通手段だった。

蔵前橋 厩橋

緑色3連アーチの厩橋と上下交互にアーチを描く駒形橋。共に馬にちなんだ名称を持つ橋だ。
江戸の地図では、この辺りから言問橋の先までの河川に殺生禁断と記されている。
なんでも、浅草寺本尊の聖観世音菩薩が発見された場所ということで、元禄の頃より川筋を魚介殺生禁断の地にしたのだとか。
(左)厩橋。蔵前の米蔵で使役された荷駄馬の厩があったことが由来であるという。
(右)駒形橋。馬頭観音を奉る駒形堂が名前の由来であるという。

厩橋 駒形橋

駒形橋は、昭和2年の開通で長さ149m。雷門、駒形と東駒形、吾妻橋とを結び、浅草通りが通っている。
江戸期には、なかった橋で、やや上流に竹町の渡しがあった。明治には、逆にやや下流に駒形の渡しもあったようだ。
(左)駒形橋とスカイツリー。
(右)駒形橋の先には吾妻橋が見える。

駒形橋 駒形橋

いよいよ、この水上バスの終点である吾妻橋に近づいてきた。
現在の吾妻橋は、昭和6年製で、長さ150m。浅草寺雷門の付近と吾妻橋を結び、雷門通りが通っている。
江戸時代の隅田川では最後に架けられた(明和)橋で、当初は大川橋と呼ばれたという。
浅草側は、当然、浅草寺の門前町であるが、対岸は中之郷瓦町で瓦職人の多く住んだ町であるという。
また、この瓦町には、熊本新田藩細川家、越前福井藩松平家、陸奥棚倉藩松平家の下屋敷などがあったらしい。
(左)吾妻橋は、渡る時に立ち止まって眺めたりするせいか、結構、揺れる橋という印象がある。
(右)アサヒビール本社や墨田区役所があるのは福井藩下屋敷の跡地で、スカイツリー・ソラマチは、小梅村と押上村だった。

吾妻橋 吾妻橋

(左)前方は、東武鉄道の鉄橋で、その先には言問橋がある。
(右)吾妻橋の乗船場で水上バスを下船。江戸の地図には、材木町河岸とある。

東武鉄橋 船内

<< 前へ   このページのTOP   23区神田川編   23区向島編