HOME(23区)巣鴨

≪Chapter of Sugamo lineup≫
巣鴨駅染井霊園勝林寺慈眼寺本妙寺妙行寺善養寺西方寺盛雲寺庚申塚高岩寺眞性寺巣鴨駅


白山通りへと戻り巣鴨駅方面に少し歩き都電荒川線の踏切を渡る。右を見ると新庚申塚の駅がある。

新庚申塚駅

西巣鴨の交差点で白山通りを渡り、庚申塚へと向う。

西巣鴨三丁目交差点

都電荒川線庚申塚停留所。ホームにあるこの店が雑誌やテレビでよく紹介されている。

庚申塚駅 庚申塚駅

庚申塚


地蔵通り商店街が近づいてきた。
商店街の入口付近には、とげ抜き地蔵とならんで巣鴨を代表する庚申塚がある。
何があるのかっていうと、ちっこい神社なのだが、文字通り庚申塚が祀られているらしい。
江戸時代には、中山道と王子道との分岐点の道標にもなっていて、旅人がこのあたりで足を止めていたようだ。
その模様は江戸名所図絵などにも描かれたという。

庚申塚 庚申塚

猿田彦大神が合祀されているとかで、狛犬のように一対の猿が座っている。
その下部には、庚申塚では定番の“見ざる聞かざる言わざる"が。

庚申塚 庚申塚 庚申塚

旧中山道にあたる地蔵通り商店街。当たり前だがとげ抜き地蔵周辺では人口密度が増す。

巣鴨地蔵通商店街 巣鴨地蔵通商店街

高岩寺(とげ抜き地蔵)


巣鴨のシンボルとげ抜き地蔵に来た。
江戸の湯島に創建され、これまで回った寺院同様に明治になって巣鴨には移転してきたようだ。
巣鴨の寺町と言うのは、明治後半から大正にかけて形成されたと言う事なのだろう。
境内は大して広いものではなく、特にこれといってない印象であるが、やはり人出は多い。
建造物は空襲にあっているらしく昭和製であると思われる。

高岩寺 高岩寺

境内に見える行列の先がとげ抜き地蔵なのかと思ったが違った。 とげ抜き地蔵は秘仏なのだそうだ。
列の先には、水かけて祈るタイプの地蔵が立っていた。

高岩寺 高岩寺 高岩寺

眞性寺(江戸六地蔵の第四番)


旧中仙道は、白山通りに合流していく。終点(入り口)にあるのが眞性寺だ。
創建は不明であるようだが、江戸六地蔵の第四番なのだから、当然江戸時代からあったはずだ。
ちなみに、他の江戸六地蔵は、
一番目は、旧東海道の品川寺(南品川)
二番目は、奥州街道の東禅寺(東浅草)
三番目は、甲州街道の太宗寺(新宿)
五番目は、水戸街道の霊巌寺(白河)
六番目は、千葉街道の永代寺(深川)であったが廃寺。現在、浄明院(上野桜木)に自称六番目がある。

眞性寺 眞性寺


←は巣鴨地蔵通り商店街のキャラクター「すがもん」。
キャラクター好きの日本人らしく、どこ行ってもキャラの一つは見かける。
とりあえず、何かアピールする時にキャラクターは不可欠なものらしい。
しかも、商店街のHPを見るとこの「すがもんのストラップ」が完売となっている。
(別に欲しかったわけではないが)密かに?人気商品になっていたらしい。
と、まあ、「すがもん」も登場したところで、今回の巣鴨の寺町巡りは終了。



<< 前へ   このページのTOP   巣鴨編のTOP   23区歴史スポット