HOME(23区)巣鴨

巣鴨と言えば“おばあちゃんの原宿"の異名をとるお年寄り御用達の商店街で知られるところだ。
その地蔵通りは江戸時代の旧中山道にあたるらしく、当時沿道には立場が形成されていたという。
ここは、日本橋から最初の宿場である板橋宿の手前に位置していて、宿泊するところではなく休憩するところだったらしい。
また、白山通りを挟んだ巣鴨駅側には染井霊園付近を中心とするように寺町が形成されている。
今回のメインとなるのは、その寺町で、歴史、時代劇の有名人もいろいろ登場する。

≪Chapter of Sugamo lineup≫
巣鴨駅染井霊園勝林寺慈眼寺本妙寺妙行寺善養寺西方寺盛雲寺庚申塚高岩寺眞性寺巣鴨駅


巣鴨駅を出て白山通りを望む。対岸に眞性寺や地蔵通りのゲートが見える。
そっちの方には後で行くことにして、まずはちょっと駒込方向に進む。



染井霊園(津藩藤堂家墓所など)


かなり適当に歩いても染井霊園のどっかしらにはぶつかる。
このあたりは昔の染井村でソメイヨシノ発祥の地とされているんだとか。住所的には駒込5丁目になる。
この手の都の霊園では谷中霊園や雑司ヶ谷霊園に訪れているが、ここが一番規模が小さいらしい。
ここでも、少し著名人の墓所を訪ねてみる。
(左)福岡孝悌の墓。幕末期の土佐藩家老で大政奉還を推進した一派。明治政府でも要職についた。
(右)幣原喜重郎の墓。第44代内閣総理大臣。外務大臣時代の幣原外交で知られる。

福岡孝悌の墓 幣原喜重郎の墓

(左)岡倉天心の墓。明治期の美術家。日本美術院の創設者だとか。
(右)二葉亭四迷の墓。明治の小説家。本名は長谷川辰之助らしい。

岡倉天心の墓 二葉亭四迷の墓

(左)高村光雲高村光太郎の墓所。
高村光雲は明治期から昭和の仏師、彫刻家。上野の西郷隆盛 とか皇居外苑の楠木正成が代表作らしい。
高村光太郎も彫刻家らしいが、智恵子抄などで詩人として知られる。
(右)土方久元の墓。土佐藩の幕末志士。明治・大正期の政治家。

高村光雲の墓所 土方久元の墓

(左)伊勢桑名藩墓所。
松平容保の実弟で幕末の京都所司代だった4代藩主松平定敬や、5代藩主松平定教の名が見える。
(右)信濃松本藩墓所。8代藩主松平光庸や9代藩主戸田光則などであると思われる。

伊勢桑名藩墓所 戸田光則の墓

塀に囲まれた津藩藤堂家の墓所。11代藩主藤堂高猷や12代藩主藤堂高潔などの名前が見える。
藤堂高猷は鳥羽・伏見の戦いで幕府群から新政府軍に寝返っている。

津藩藤堂家墓所 藤堂高猷の墓 藤堂高潔の墓

巣鴨薬園跡


染井霊園に隣接する豊島市場の前に「巣鴨薬園跡」の案内板が立っている。
このあたりは津藩藤堂家の屋敷だったが、後に渋江長伯なる本草学者の管理する幕府の巣鴨薬園になったような事が書いてある。
その薬園は明治維新で廃止になり、昭和になって市場が出来たんだとか。

この後は、怪しい道順を辿り染井霊園の付近を見て回るのだが・・・
なんとなく着いた順に、隣接するお寺を見てみる。



勝林寺(田沼意次の墓)


寺号の石がなければ、分からないような路地を入っていくと勝林寺がある。
ここも住所的には駒込で6丁目になるらしい。
元和2年湯島に創建されたが度々の火災で焼失し、老中田沼意次により再建されたのだと言う。
その後、明治になって墓地がここに移転、さらに昭和になってお寺も引越してきたものらしい。
(右)写真を撮るには窮屈で上手く写らない。

勝林寺 勝林寺 勝林寺

(左)遠江相良藩田沼家の墓所。中央が田沼意次、他に父の意行や子の意知などが合祀された墓がある。
田沼意次と言えば賄賂政治を代表する人物とのイメージが定着しているが、最近は評価も変わってきているようだ。
結局は一橋治済松平定信といった反田沼勢力との権力争いに敗れたと言うことに尽きるのだろうか。
(右)備中浅尾藩蒔田家の墓所。幕末に初代京都見廻役を努めていた蒔田広孝などであるらしい。

田沼意次の墓所 浅尾藩主蒔田広孝の墓所

(左)柳沢家の墓所。有名な柳沢吉保とは別系列らしい。お寺の人によると、柳沢本家と言う話だったが・・・

柳沢家の墓所 勝林寺 勝林寺

このページのTOP   23区歴史スポット 次へ >>