HOME(23区版)<<南千住

Chapter of SouthSenjyu Lineup
千住大橋熊野神社誓願寺素盞雄神社円通寺三ノ輪橋停留所永久寺浄閑寺小塚原回向院延命寺
石浜神社航空高専胡録神社日慶寺日枝神社→千住大橋


三ノ輪橋停留場


国道4号線を三ノ輪まで来た。
そこには、都電荒川線の始発駅「三ノ輪橋停留場」がある。
昭和30年頃をイメージしてレトロ調に整備されている、「関東の駅百選認定駅」なんだそうだ。
このあたりの歩道には「宗屋敷跡」の案内板が立つ。対馬藩の下屋敷があったところだとか。

三ノ輪橋停留場 三ノ輪橋停留場 ジョイフル三ノ輪

三ノ輪橋停留場 三ノ輪橋停留場


国道4号線と明治通りが交差する大関横町。
この辺りの敷地には黒羽藩大関氏の下屋敷があったんだとか。
対面に東京メトロの「三ノ輪駅」がある。
ここからは、反転し、国道4号線(日光街道)の反対側を回るコースだ。



永久寺


国道4号線を渡って、すぐの明治通り沿いに、これまた寺には見えない佇まいの「永久寺」がある。
ほんとに、こぢんまりとしたお寺なのだが、「目黄不動尊」なのだと書いてある。
江戸時代、天海僧正が制定したとされる五色不動の一つということで、由緒のあるお寺なのだろう。

永久寺 永久寺

浄閑寺


微妙に台東区に踏み込んでしまったので、南千住へと戻って、 三ノ輪駅の裏手あたりにある「浄閑寺」に来た。
江戸時代、明暦年間の創建というお寺で、「投げ込み寺」なんて呼ばれた場所だという。
案内板によると、安政の大地震の折、多数の新吉原遊女が葬られた事によるものらしい。


(左)山門は江戸時代のもの、本堂は平成生まれだとか。
(右)墓地にある「新吉原総霊塔」は、遊女たちの供養塔。「生まれては苦界、死しては浄閑寺」と刻まれている。

浄閑寺 浄閑寺

(左)「豕塚」らしい。よく見ると、猪?らしき姿が・・・
(中)墓地の入り口。史跡の案内板がある。
(右)本庄兄弟の首洗い井戸。仇の白井権八に返り討ちにあったとかで、失敗例か・・・

浄閑寺 浄閑寺 浄閑寺

(左)遊女「若紫の墓」らしい。
(中)「三遊亭歌笑塚」とある。戦後の人気噺家らしいが、知らない。
(右)文豪「永井荷風の詩碑」。内容はなんだか良くわかんない。

浄閑寺 浄閑寺 浄閑寺

音無川と日本堤


昔このあたりには、音無川が流れていて日本堤(吉原土手)があったんだとか。
江戸時代には、歌川広重の「江戸名所百景」に描かれた名所だったらしい。
現在、その音無川は暗渠になっていて見えない。
南千住駅方面に向いつつ、次の目的地は、
南千住の歴史には欠かせない存在「小塚原刑場」ゆかりの2寺だ。



延命寺


延命寺


「史跡小塚原刑場跡」とあるのが、この「延命寺」だ。
この次に訪れる「回向院」が鉄道敷設に際して分裂したものみたいなのだが。
本堂らしいき建物は、コンクリート建築で寺っぽい風情は微塵もない。
唯一それらしきものとしては、境内に「首切地蔵」なるものがある。。



江戸中期、刑死者を弔うため建てられたという「首切地蔵」。

延命寺 延命寺

小塚原回向院


小塚原回向院


JRの線路をくぐると、この「小塚原回向院」へとたどり着く。
写真は、わざわざ対岸から写したものだが、これまた寺っぽくない近代建築がそれだ。
ここには、安政の大獄の刑死者など井伊直弼と敵対した勢力が多く葬られているのも特徴だ。



(左)「解体新書」の記念碑。
「ターヘルアナトミア」の検証、翻訳に際して、 杉田玄白中川淳庵前野良沢らは、小塚原刑場で刑死者の解剖を見学したのだという。
(右)桜田門外の変大老井伊直弼を暗殺したメンバーの墓。

解体新書記念碑 井伊直弼暗殺志士の墓

尊皇志士など主だった墓は、墓地の右側に史跡として纏められている。
(右)有名盗賊の墓だとか。左から、
・源達信士が、鼠小僧(両国の回向院にちゃんとした?墓がある)。
・宝國信士は、俗名「直侍」とある「片岡直二郎」の事らしいが、そもそも誰だか知らない。
・榮傅信女は、「高橋お伝」、あの山田浅右衛門(8代目らしい)により刑罰史上最後の斬首刑に処されたんだとか。
そう言えば「谷中霊園」にも墓っぽいのがあった。
・腕の喜三郎。江戸時代の侠客で、負傷した腕を鋸で切り落としたとかなんとか?盗賊なのか??

小塚原回向院 有名盗賊の墓

左から、
・相馬大作事件の、相馬大作(下斗米秀之進)と、その一味「関良助」の名がある供養碑。
・将軍継嗣問題などの因縁から、安政の大獄で処刑された福井藩士で松平春嶽の懐刀だった橋本左内の墓。
・その隣に立つ「橋本佐内顕彰碑」。
・松下村塾で有名な吉田松陰の墓。安政の大獄で処刑され埋葬されたが、その後、松陰神社に改葬されている

相馬大作供養碑 橋本左内墓 橋本佐内顕彰碑 吉田松陰墓

これも左から、
梅田源次郎(雲浜)の墓。いわゆる尊皇攘夷の志士、安政の大獄で捕縛され獄死。
雲井龍雄(小島守善)の墓。明治新政府の転覆を企てたとして捕縛。山田浅右衛門によって斬首されたらしい。
・薩摩から単独で桜田門外の変に参加し、井伊直弼の首を落としたという有村次左衛門の墓。
桜田門外の変の現場指揮官とされる水戸藩士関鉄之介の墓。

梅田源次郎墓 雲井龍雄墓 有村次左衛門墓 関鉄之介墓

南千住駅 南千住駅


JR南千住の駅だ。駅の反対側に出ると貨物専用の隅田川駅なんてのがある。
南千住は、このJRの線路を挟んで、ガラッと様相が変わる。
今までは、下町の商店街や住宅街であったものが、高層マンション中心の新興住宅街へと一変する。



<< 前へ   このページのTOP   南千住TOP   23区歴史スポット   次へ >>