HOME(23区版)<<南千住

今回は「千住宿 北千住編」に続いての「南千住編」となる。
千住と言えば通常は、北千住をイメージするが、江戸時代には、このあたりも小塚原町・中村町が「千住宿 下宿」と呼ばれたらしい。
千住大橋の対岸、北千住の「千住宿 本宿」と合わせて江戸最長の宿場通りであったという。
また、一帯には、大名屋敷などもあったようだが、現在は表示板が残るだけだ。
やはり、回る処点としては、寺社が中心で、メインストリートは国道4号線(日光街道)だ。

Chapter of SouthSenjyu Lineup
千住大橋熊野神社誓願寺素盞雄神社円通寺三ノ輪橋停留所永久寺浄閑寺小塚原回向院延命寺
石浜神社航空高専胡録神社日慶寺日枝神社→千住大橋


この「千住大橋」を渡って「南千住編」のスタート。
今回は国道4号線を中心に、「千住大橋」を出発して「千住大橋」に戻ってくるブーメランの軌道みたいなルート設定だ。



熊野神社


千住大橋を渡ると袂に早速、案内板がある。このあたりは材木商の集まるところだったらしい。
右手に、ちっこい神社が見える。

熊野神社 熊野神社


千住大橋の鎮守「熊野神社」は、平安時代の創建とされる古い神社だ。
千住大橋の架橋に際しては、奉行の伊奈忠次がここで祈願したのだという。
それ以来、橋の架け替えに伴い社殿を橋の木材で修理するのが習わしであったのだとか。



誓願寺


誓願寺


橋の袂には「誓願寺」なんてお寺もあった。
創建が奈良末期とあるので、ここもまた、ルーツは古いが、現在の本堂は近代建築だ。
ちょっと信じがたい気もするが、本堂には、聖徳太子作と伝わる阿弥陀如来があるらしい。



(左)本堂。
(中)庚申塔。「青面金剛」と「三猿」は定番らしい。
(右)「狸獣墓」と書いてある。親の敵討ちした子狸の伝承があるんだとか。

誓願寺 誓願寺 誓願寺

引き続き千住大橋の近辺、国道4号線からは、少し逸れたところにいる。
(左)この意味不明の巨石(言い過ぎか)のある「天王公園」には「米倉屋敷跡」の案内板がある。
下野皆川藩の下屋敷だったらしい。
(右)このレンガの辺りには「千住製絨所跡」の表示がある。官営の羊毛工場があったんだとか。
また、昭和に一時期存在した「東京スタジアム」があったエリアでもあるとのこと。
この一見風情ある赤煉瓦の向こうには、特になにもない。

天王公園 千住製絨所跡

なんとなく撮ってみただけ。



(左)「下谷道」の表示がある僅かな距離の脇道。旧道の面影を止める道とあるが、この道幅のことか?
(右)左手は「荒川ふるさと文化館」、良くある郷土資料館だ。土曜でも、見物客は一名(自分)のみだった。
奥に素盞雄神社の鳥居が見えてきた。



素盞雄神社


平安時代からの歴史があるというこの神社の神様は、岩が光って飛び出て・・・きたスサノオ大神・アスカ大神である。
とにかく、そんなファンタジー系の伝説がある(大抵そんなもんか)。
その折に宣告された、神々のコメントによると、疫病を祓い福を増していただけるものらしい。
この辺りでは、代表的な神社で、「江戸名所図会」では境内の模様を「飛鳥の杜」と紹介しているという。
素盞雄神社の祭、天王祭の模様は→→


(左)正面鳥居。
(右)この富士塚に祭られている岩が「瑞光石」。光と共に神が降臨した例の岩だ。

素盞雄神社 素盞雄神社

社殿と狛犬。

素盞雄神社 素盞雄神社

(左)神楽殿。素盞雄命が八岐大蛇を退治して妻にした稲田姫の山車人形だとか。後方にはあるのは本社神輿。
(右)見ての通り神輿庫だ。

素盞雄神社 素盞雄神社

(左)江戸時代、祭りのクライマックスでは、千住大橋の両端で綱引きが行われたんだとか。

素盞雄神社 素盞雄神社

千住間道


国道4号線を少し行くと右手に「千住間道」なんて道がある。
素盞雄神社の天王祭では、ここから集合した神輿が町へと繰り出していく。
普段は、特にこれといってない道なので、国道4号線に戻る。



円通寺


国道4号線から見える金ぴか観音像から、やや突飛な印象を受けるのが、この「円通寺」だ。
平安時代に坂上田村麻呂による創建されたという古社であるが、現在は、独創的なデザインの近代建築になっている。
ここは、彰義隊ゆかりの寺として知られている。
なんでも、二十三世「大禅佛磨大和尚」が、上野戦争後に官軍からの処罰を恐れず彰義隊士の供養に赴いたんだとか。
その縁で、境内には「彰義隊士の墓」や、上野戦争激戦地にあった黒門などが存在する。


上野の西郷さんと同じ、高村光雲のデザインだという観音像が聳える。

円通寺 円通寺

明治に帝室博物館より下賜された黒門。
上野寛永寺の総門であったという、この門には、今も銃撃の跡が残っている。

円通寺 円通寺

(左)四十八首塚だとか。源義家が奥羽征伐で討った四十八の賊首を埋めて築いた塚で、小塚原という地名の由来であるという。
(右)これが「彰義隊士の墓」だとか。

円通寺 彰義隊士の墓

(左)上野寛永寺の御用商人だった三河屋幸三郎が向島の別荘に秘そかに立たてたという「死節之墓」。
戊辰戦争の旧幕府軍の戦死者の名を刻んだもので、近藤や土方などメジャーな名もあるらしい。
(右)黒門裏側。左に榎本武揚の追弔碑が、右に幕府軍の軍艦「開陽丸」館長、澤太郎左衛門の記念碑がある。

死節之墓 円通寺

大鳥圭介追弔碑。幕府では歩兵奉行、戊辰戦争で伝習隊を指揮、函館では陸軍奉行だった人物。
エリート軍事官僚で実戦指揮は怪しいが、その道のスペシャリスト。そのあたり海軍の榎本武揚と似てる。
松平太郎墓。箱館政権で副総裁を担った人物。
新門辰五郎の碑。町火消しの大親分で、いわゆる佐幕派の人物。
荒井郁之助の追弔碑。函館政権で海軍奉行だった。

大鳥圭介追弔碑 松平太郎墓 新門辰五郎碑 荒井郁之助追弔碑

・彰義隊 後藤鉄次郎追吊碑だとか。やはり、上野戦争で戦死したメンバーの一人らしい。
・高松凌雲の追弔碑。幕末・明治の医師。函館戦争に医師として従軍。
・土肥庄次郎之碑。彰義隊士から吉原の幇間になったんだとか。石の左端に榎本武揚書と見える。
なんでも、この墓石をへし折った不逞の輩がいて、慕域回りの柵はそれが原因で設置されたとか。
・二十三世仏磨大和尚之墓。現在の円通寺の有り様を決めたと言える気骨の住職。

高松凌雲追弔碑 土肥庄次郎之碑 二十三世仏磨大和尚之墓

更に、国道4号線沿いを進む。
(中)真正寺。案内板によると、江戸時代に門前町があった(荒川区唯一)ところだって書いてある。
(右)公春院。その昔に「証拠の松」(由緒を証明したらしい)なるものがあったんだとか。
以上、昔は何かあったらしいお寺2つ。

真正寺 公春院

<< 北千住へ   このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>