HOME(23区版)<<北千住<<大川町・元宿・桜木

Chapter of Senjyu Lineup
宿場町通り本氷川神社横山家長円寺四丁目氷川神社清亮寺名倉医院安養院大川町氷川神社元宿神社
元宿堰稲荷神社本町センター通り勝専寺金蔵寺不動院慈眼寺八幡神社千住神社仲町氷川神社源長寺
旧やっちゃ場河原稲荷神社橋戸稲荷神社千住大橋


荒川の土手と言えば、「金八先生」のロケ地として紹介されるのがお約束となっている。
今回は、土手に用はないのだが・・・
写真は、今回は渡らない「千住新橋」と、対岸に見える首都高。
厳密に言えば、この土手がなかったこともあり、微妙に対岸にも旧千住宿に該当する部分がありそうなのだが・・・

荒川土手 荒川土手

安養院


安養院


「名倉医院」からほど近いところにある「安養院」に来た。
案内板によると、鎌倉時代に北条時頼が創建した「長福寺」がルーツで、
本尊は「阿弥陀如来」だとある。
社号碑にも、“元長福寺 安養院"と記されている。
ここには、江戸時代に、「元宿」の方から火事で引っ越してきたんだとか。



(左)大正時代に再建されたとある本堂。
(右)いずれも江戸時代から存在するらしい「かんかん地蔵」と「仲良し地蔵」なるもの。
中でも、変わり種は、左端の、のっぺりと幽霊っぽく白い「かんかん地蔵」。
石で叩くと、カンカン音がするって・・・当たり前では・・・殴打前提ゆえの姿ということか。
得てして、お地蔵様には、このように自虐的な芸風(不適切な表現か)のものが結構あるものだ。

安養院 安養院

千住四つ木の灸


旧日光街道からは、一旦離れる。
土手沿いを進み、日光街道(4号線)を超えて少し行ったところ。
右側のコーナーを鋭く曲がると、「氷川神社」(3つ目の)が見えてくる。
(道順については、依然、全く説明になってないが・・・)



大川町氷川神社


荒川土手沿いの下にある五丁目の氷川神社「大川町氷川神社」へ来た。
創建は鎌倉時代みたいだが、荒川放水路の工事で、現在地に移ったのが大正時代のことだとか。
祭神は、素盞嗚尊と倉稲魂命らしい。
(中)旧千住新橋の標柱らしい。
(右)七福神の“布袋さん”ちょっとメタボ過ぎかも。

大川町氷川神社 大川町氷川神社 大川町氷川神社

(左)神輿庫。
(右)社殿。

大川町氷川神社 大川町氷川神社

ここには、登ることの出来る「富士塚」がある。
現在地に落ち着いたのは昭和にであるが、ものは江戸時代製で「富士山の溶岩」なんだとか。
高さ3mだという頂上の石祠には、天保2年の銘が記されているんだとか。
登ってみたが、3mでは、回りの木の方が、よっぽど高く、眺望とかはまるでなかった。

大川町氷川神社 大川町氷川神社

大黒湯 タカラ湯
唐突の感もあるが、 下町の定番、銭湯の登場だ。
北千住を代表すると思われる2つだ。
創業はともに昭和初期だという。
特徴的な屋根は“破風造り”というものらしい。
(左)大黒湯。
銭湯ファンの間では、
“キングオブ銭湯”と呼ばれるらしい。
名前通りトレードマークは“大黒様”。
(右)タカラ湯。
こちらは、同様に、
“キングオブ縁側”らしい。
勿論、デザインは“宝船”だ。
大黒湯 タカラ湯


元宿とお化け煙突の伝説


元宿神社


住所では、大川町から元宿へと入ってきた。
「元宿神社」の案内板によると、「元宿」とは鎌倉時代からある集落で、 江戸時代初期には、「千住宿」に対して、「元宿」と称していたのだとある。
ただ、その説明だけだと、当時、「元宿」という宿場町があったのが、それとも、以前にあったという事なのか?
そこら辺りが良くわからない。



元宿神社


その「元宿神社」の境内に入る。
武田家滅亡後、甲州から流れてきた鈴木左衛門信義なる武士が、源氏らしく八幡菩薩を祭ったのがルーツらしい。
安置されている「八幡大菩薩像」は、甲斐武田家の初代「武田信義」ゆかりのものと伝わっているようだ。
(左)本堂。
(中)感旧碑。先の鈴木家の子孫が、荒川改修工事に伴い、先祖伝来の土地を離れる際に建てたものだとか。
(右)七福神の寿老人。

元宿神社 元宿神社 元宿神社

元宿堰稲荷神社


名前は“元宿”だが、住所は千住桜木・・・元々、元宿神社の一部だったみたいなのだが。
ここから、千住名物らしい「お化け煙突」のスポットが・・・と言うほどのものは何も出てこない。
“お化け煙突”なんてキャッチャーなネーミングなのだが、特に何か残ってる分けでもないからだ。
昔、この地にあった「東京電力千住火力発電所」の煙突が見る角度によって、1本〜4本まで違って見えたらしいのだが。
リアルタイムで見ていない人間にとっては、ピンとこない言うより、どうでも良いような・・・
とりあえず、この「元宿堰稲荷神社」には「旧千住四本煙突守護社」の表記がある。
あまり、詳しいことは分からないが「お化け除け」の御利益?がある神社らしい。
名前が“元宿堰”というのだから、ここに“堰”があったんだろうなあ。

元宿堰稲荷神社 元宿堰稲荷神社 元宿堰稲荷神社

(左)昔の西新井橋らしい。煙突が4本に見えてるバージョン。
(中)「お化け煙突」があった辺りの敷地は、現在も「東京電力」の敷地。
(右)近所の小学校の校庭に、滑り台として、煙突の残骸が残っている。現在は、帝京科学大学となり敷地にオブジェがある。



付近の隅田川にかかる尾竹橋から見た、「お化け煙突」のあったと思われる辺りの眺望。
写りが小さいが、帝京科学大学の建物前の丸いやつが例の煙突のオブジェだ。
赤と白の塔が見えるあたりが、現在、東京電力の変電所になっている。
更に、右のほうに、視線を移すとスカイツリーも見えるのだが・・・
ちなみに、対岸は荒川区町屋になるので、そちらには行かない。

尾竹橋

北千住は、荒川と隅田川に囲まれた中洲のような町で、ほとんどの場合、北千住を出るには荒川か隅田川を渡る。
この荒川に架かる西新井橋は、足立区の北部に渡る橋で、冬の晴れた日には富士山が見える。

西新井橋

墨堤通りをしばらく進み、途中から左斜めに道を逸れて、国道4号線と駅前通りがクロスするあたりまで来た。

墨堤通り 国道4号

大橋眼科


そして、駅前通りに戻ってきた。
この雰囲気抜群の洋風建築は「大橋眼科」。
明治や大正の洋館に見えるが、昭和57年の建物らしい。
現在も、営業している眼科だ。



<< 前へ   このページのトップ   北千住TOP   23区歴史スポット   次へ >>