HOME(23区)<<両国<<旧安田庭園

≪Chapter of Ryougoku lineup≫
蔵前神社蔵前橋徳山稲荷神社横網公園旧安田庭園北斎通り野見宿禰神社江戸東京博物館両国国技館
回向院両国花火資料館本所松坂町公園勝海舟生誕の地江島杉山神社両国橋


旧安田庭園


江戸時代、横網町の大川(隅田川)沿いは、武家屋敷が並ぶ場所であったようだ。
横網1丁目にある旧安田庭園は、唯一その面影を止める大名庭園の遺構だ。
元禄年間に、本庄宗資により造園された、常陸笠間藩本庄家(後に丹後宮津藩)の下屋敷であったのだという。
明治期には、旧岡山藩主池田章政の邸宅を経て、その後、 安田財閥の祖である安田善次郎が所有している。
当時は、隅田川の水を引き入れ、川の満引きを利用していたが、現在は水質の悪化により、ポンプで水を供給しているらしい。
(左)バックに見える建物は、大正15年に安田財閥の寄付により建築されたという両国公会堂。

旧安田庭園 旧安田庭園

旧安田庭園 旧安田庭園

駒止稲荷・駒止井戸・駒止石。
濁流と化した隅田川を渡って視察した安部豊後守が、馬を止めたから“駒止"なんだとか、そんな逸話があるようだ。

旧安田庭園 旧安田庭園 旧安田庭園

(右)安田庭園の入口。写真では、右手に江戸東京博物館がある。

旧安田庭園 旧安田庭園

(左)江戸東京博物館や両国国技館が見えてくる。
(右)暦の歴史や世界のカレンダーが見られる新藤暦展示館。

江戸東京博物館 暦展示館

(左)新藤暦展示館の2階から見た旧安田庭園。
(右)江戸東京博物館の敷地に立つ徳川家康像。博物館の落成を機に建てたものらしい。

旧安田庭園 家康像

<< 前へ   このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>