HOME(23区)<<両国<<蔵前・横網公園

今回の両国編では、両国駅周辺を巡る。
“両国”の地名は、“両国橋”に由来するようであるが、架橋当時、隅田川が下総国と武蔵国の国境であったから“両国”なのだという。
現在、両国と言われるエリアは、江戸時代の本所である。
そして、両国駅や両国国技館、江戸東京博物館がある辺りは、幕府の御米蔵(年貢米の倉庫)であった。
なので、当時、“両国”の名で呼ばれたのは、両国橋と橋の両岸、両国広小路くらいのものらしい。
今回、両国から連想される相撲関連施設などの他、ゆかりの人物として、葛飾北斎、鼠小僧、吉良上野介、勝海舟なんて名前が出てくる。


≪Chapter of Ryougoku lineup≫
蔵前神社蔵前橋徳山稲荷神社横網公園旧安田庭園北斎通り野見宿禰神社江戸東京博物館両国国技館
回向院両国花火資料館本所松坂町公園勝海舟生誕の地江島杉山神社両国橋


蔵前神社


江戸時代の蔵前も両国同様に幕府の米蔵があった場所だ。
当時の地図には、大川西岸浅草御蔵とあり、周囲には、浅草御蔵前片町など、浅草を冠する町名が見られる。
蔵前3丁目の蔵前神社の場所には、「石清水八幡社 別当 大護院」とある。
蔵前神社のルーツは、徳川第5代将軍綱吉公が元禄6年、石清水八幡宮を勧進したことに始まるらしい。
現在の社名、蔵前神社となったのは、昭和になってからであるという。
蔵前は、相撲の歴史とゆかりが深い町で、現在の両国国技館が完成する以前、蔵前国技館があった事でも知られる。
蔵前神社も相撲との繋がりは強く、両国の回向院・深川八幡と共に江戸における勧進相撲の拠点であったという。

蔵前神社 蔵前神社

現在の蔵前は問屋街となっている。



江戸時代にはなかった蔵前橋を渡り、両国へと向かう。川の上流には緑の厩橋が、さらに水色の駒形橋もチラッと見える。
この道は、文字通り蔵前橋通りで渡った先は横網2丁目になる。





徳山稲荷神社


蔵前橋を渡り、少し歩くと横網2丁目から石原1丁目に入る。
ここに、徳山稲荷神社のこぢんまりとした境内がある。
江戸の地図で見ると、南本所石原町の徳山五兵衛屋敷地に徳山稲荷があり、町人も参詣していた場所らしい。
徳山五兵衛(重政)は、本所・深川の開発事業を推進した奉行の一人で、その功で屋敷地を賜ったという。
その五兵衛(重政)が合祀されているのが、この徳山稲荷神社であるらしい。



境内には、日本左衛門首洗い井戸跡之碑なるものがある。
なんでも、孫にあたる徳山五兵衛(秀榮)が、火付盗賊改方の在任中に歌舞伎の白波五人男の一人、日本駄衛門のモデルになった盗賊、
日本左衛門らを捕えたことで有名なのだとか。



横網町公園(東京都慰霊堂)


両国駅の周辺、国技館や江戸東京博物館と言った施設は墨田区横網にある。江戸時代の本所横網町だ。
土地柄、“横綱(よこづな)”と間違えがちであるが、“横網(よこあみ)”だ。
清澄通り沿いの横網2丁目に横網町公園がある。
ここは、関東大震災と東京空襲による犠牲者の追悼施設が建てられている場所であるという。
公園の中心には、東京都慰霊堂がある。三重塔を背負う寺社建築のような建物だ。

横網公園 横網公園

(左)東京都復興記念館。
(右)屋外には、関東大震災で被災したものが展示されている。

横網公園 横網公園

(左)東京空襲犠牲者を追悼し平和を祈念する碑。
(右)鐘つき堂。

横網公園 横網公園

公園の片隅にある日本庭園。

横網公園 横網公園

公園に隣接する本願寺慈光院。
関東大震災の追悼施設として築地本願寺が建立した分院であるという。

本願寺慈光院 本願寺慈光院

このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>