HOME(23区)王子

≪Chapter of Ouji lineup≫
国立印刷局王子展示室装束稲荷神社音無親水公園王子神社王子稲荷神社名主の滝公園正受院金剛寺
松橋弁財天窟跡飛鳥山公園七社神社平塚神社城官寺無量寺


西ヶ原一里塚


飛鳥山を過ぎてすぐの本郷通りに「国史跡 西ヶ原一里塚」なんてものがある。
これは、日本橋から日光まで続く「日光御成道」二里目を示すものだという。
ちなみに、一里目は「本郷追分」で中山道と旧岩槻街道の分岐点となっていた。
ただ、本郷には案内板しかなく、江戸由来の位置に左右の塚が保存されているのは、
都内でここ西ヶ原だけなのだいう。


西ヶ原一里塚

七社神社


一里塚の所に鳥居が見える。これは七社神社ものだ。
西ケ原村の鎮守、七社神社は無量寺境内(古河庭園辺り)にあったものが、明治の神仏分離により、この地へと移ったのだという。
また、境内は七社神社裏貝塚という遺蹟が発掘された場所でもあり、縄文式土器や弥生式土器も出土しているのだという。

七社神社塚 七社神社塚

(左)社殿の額は渋沢栄一によるものだとか。
(中)元々、この地には一本杉神明宮があり、そのご神木であるという。
(右)孔子像、孟子像。男爵古河家寄進とある。

七社神社塚 七社神社塚 七社神社塚

印刷局滝野川工場


西ヶ原にある国立印刷局滝野川工場。
この辺り古くは滝野川村だったり滝野川町だったりしたようで、警察署や消防署なども
“滝野川”の名称になっている。



西ヶ原駅


東京メトロ西ヶ原駅。南北線が走っている。



西ヶ原にある滝野川公園。 ここでは、御殿前遺蹟なるものが発掘調査されていて、 奈良・平安時代の武蔵国豊島郡の郡衛(地方の役所)があったと推定されているらしい。

滝野川公園 滝野川公園

平塚神社の境内と隣接する和菓子屋の「平塚亭」は、 内田康夫の浅見光彦シリーズファンの間では知られた店であるという。
小説では浅見光彦が近所に住んでいて、この店も作中に登場しているらしい。
“らしい"と言うくらいなので、読んだことないのだが・・・ここの豆大福は食べたことがある。

平塚神社 平塚神社

平塚神社


平塚神社は上中里にある源義家を祀る神社だ。境内には平塚城伝説地という案内板が立っている。
この神社の歴史は平安時代に遡るという。後三年の役で奥州から帰還中の源義家・義光・義綱が平塚城に逗留した際、領主の豊島氏に鎧一領を下賜したのだといい、 その鎧を城内に埋め塚を築いた(鎧塚あるいは甲冑塚)ことが平塚の地名の由来とも言われる。
室町後期、平塚城は石神井城の支城となっていたが、当時、関東は古河公方と関東管領の争いから派生した複雑な戦乱のまっただ中にあり、 当主の豊島泰経は敵方のエースとして台頭していた太田道灌との戦いに破れ豊島氏は没落、平塚城も落城し廃城になったという。

平塚神社 平塚神社

境内には、やや、殺風景ながら結構長い参道がある。
社殿の裏手には、由来となっている伝説の「甲冑塚」があるらしいが非公開だとか。

平塚神社 平塚神社

(左)「蝉坂」。「平塚城合戦」から連想される「攻め坂」が語源と言う説もあるらしい。
(右)道を挟んで、平塚神社の別当寺であったという城官寺の山門が見える。

平塚神社 城官寺

城官寺


江戸時代に平塚神社の別当寺院だった城官寺は、 徳川家光の近習となっていた検校「山川城官貞久」という人物により平塚神社と共に再興されたという真言宗寺院だ。 なんでも、家光の病の平癒を祈願して社領や知行地を与えられたのだという。
山門の額には、「平塚山」と言う山号の横に「内閣総理大臣 田中角栄」の文字がある。
また、「都旧跡 多紀桂山一族墓」と言う碑が建っている。

城官寺 城官寺

(左)ピカチュー?
(右)これが、多紀桂山一族墓。江戸時代に幕府奥医師を務めた一族で桂山の二男元堅がそれなりに知られた人物らしい。

城官寺 城官寺


本郷通りを渡ると、住所は上中里1丁目から西ヶ原1丁目へ移る。
この塀は旧古河庭園のもので、 手前の坂を下ると、この回では最後の目的地となる無量寺がある。



無量寺


無量寺


真言宗の無量寺は、鎌倉期から室町期にかけての創建と推定される古刹だ。 忍び込んだ盗賊を金縛りにしたという足止め不動の伝説を持つ不動明王を本尊として祀っている。
江戸時代には、となりの古河庭園あたりまで寺領であったと思われ、江戸名所図会にも先ほどの七社神社が 高台に描かれているという。



無量寺 無量寺

小奇麗に整備された境内が印象的だ。本堂前にはタヌキがいる。

無量寺 無量寺

無量寺


現在とは、様相の違う自然豊かな行楽地だったという王子の歴史をたどってみたが、 本当に江戸には名所が多かったようだ。
といったところで、今回の王子編はここまで。



<< 前へ   このページのTOP   王子編のTOP   23区歴史スポット