HOME(23区版)四谷新宿

≪Chapter of YotuyaSinjyuku lineup≫
四谷駅西念寺勝興寺西応寺戒行寺宗福寺須賀神社愛染院東福院新宿歴史博物館祥山寺本性寺
陽雲寺田宮稲荷神社長善寺多武峯内藤神社新宿御苑太宗寺正受院成覚寺花園神社新宿駅


四谷警察署


外苑東通りに出てきた。
四谷警察署前の信号を渡ってきたところだ。
左方向は、新宿通りで、 右方向が、神宮外苑になる。
でも、進むのは後方だ。



笹寺(長善寺)


四谷四丁目四番、四並びの住所にある笹寺に来た。
天正年間創建と伝わる古い寺院だ。
名前の由来は、二代将軍徳川秀忠が寺に生えている笹を見て笹寺と名づけたんだとか。

笹寺 笹寺 笹寺

(左)江戸勧進相撲創始の碑(四谷勧進角力碑)。
寛永元年に、初代横綱「明石志賀之助」が、ここで始めて相撲興行を行ったんだとか。
(右)蟇塚だとある。慶應義塾大学医学部生理学教室での実験動物たちを弔うものだとか

笹寺 笹寺

新宿通りへと戻り、外苑西通りとクロスする四谷四丁目の交差点まで来た。
右写真の左手は新宿御苑で、甲州街道は地下トンネルに潜っていく。
右手に分岐している道が新宿通りで、旧甲州街道にあたる。このあたりから内藤新宿のテリトリーに入る。

新宿通り 四谷四丁目交差点

内藤新宿へと入る前に、外苑西通りの方へと歩いてきた。
住所は「内藤町」になっている。
この町名にもなっている「内藤氏」が、やはり、ここでの主役であろう。
家康の関東入府に伴い、甲州街道に布陣した清成が、その地をそのまま拝領したとされているが、
その敷地は、かなり広大なものであったようで、 一部は内藤新宿に組み込まれ、明治には新宿御苑に化けている。
次は、名前を見ただけで、その「内藤家」ゆかりの神社だと分かる、多武峯内藤神社に向かう。

内藤一丁目 外苑西通り 内藤町

多武峯内藤神社


多武峯内藤神社


内藤町にある内藤家ゆかりの神社多武峯内藤神社に来た。
“とおのみね"と読むらしい。
江戸初期に内藤清成が祖先とされる藤原鎌足を奉ったことに始まるとある。
清成は、地名の由来になっている内藤家の初代。
当初神社があったのは、屋敷内らしく、現在の新宿御苑の一画にあたる。
この神社は、その新宿御苑の“旧内藤家の庭園"部分に隣接するような
ポジションに建っていることになる。


多武峯内藤神社 多武峯内藤神社

この内藤家の拝領地は、徳川家康から「馬で乗り回せる範囲の土地を与える」と言われた内藤清成が、
白馬で一気に駆け巡り得たものだと言う伝説がある。
(左)文化13年の駿馬塚なるもの。一気に駆け抜けた白馬は死んだらしい。
(中)駿馬舎だとある。
(右)その中にいるのは、その内藤清成の愛馬。

多武峯内藤神社 多武峯内藤神社 多武峯内藤神社

四谷四丁目の交差点に戻ってきた。
甲州街道を横断して、新宿通りに向う。
このあたりには、「大御番組」の屋敷があったところだと言う。
この「大御番組」のトップは大身の旗本や大名クラスが努めていて、
江戸城下、二条城、大阪城の警備が主任務であったらしい。

四谷四丁目交差点 甲州街道

新宿通りに入ると、「四谷大木戸跡」の碑が建っている。
ここから、内藤新宿のあった旧甲州街道に入っていく。
もう一つ「水道碑記」というのもある。玉川上水の由来が書いてあるらしい。
また、案内板には、「玉川上水水番所跡」の表示もある。
ここから玉川上水の水が水道に供給されており、水量と水質の管理を行っていたらしい。

四谷大木戸跡 案内板 水道碑記

新宿通り


内藤新宿だと言っても、それらしい光景は全くない。
これまでの、品川宿千住宿板橋宿では、昔と変わらない道幅の旧街道に商店街と言うのがパターンだった。
それらと比べて、完全に車の道になっているこの通りから、昔の姿を想像することは、より困難になっていると言える。



(左)奧に見えるのは、新宿御苑の「大木戸口」。
(右)「新宿御苑駅」付近。この近辺は「百人組屋敷」なんてのがあったエリアだ。
「百人組」とは、鉄砲のスペシャリストで構成された特殊部隊だったらしい。
有事に際しては、甲府へ逃れる将軍の警護も想定されており、そのため甲州街道沿いにあったのだとか。

新宿通り 新宿通り

次は、内藤清成が白馬で駆け回って手に入れたのかもしれない・・ 内藤新宿のルーツ新宿御苑へと入っていく。


<< 前へ   このページのTOP   四谷新宿編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>