HOME日帰り歴史スポット23区向島




≪ Chapter of mukoujima lineup ≫
吾妻橋隅田公園牛島神社三囲神社弘福寺長命寺秋葉神社白鬚神社向島百花園
東武博物館隅田川神社木母寺多聞寺→ 綾瀬橋


浅草と向島の間に架かる「言問橋」の上にいる。
(左)向島方面には、真っ直ぐスカイツリーが見える。
(右)吾妻橋方向を見たところ。

言問橋 言問橋

言問橋


言問橋を向島方面に下りたところ。
この交差点で水戸街道と交差している。
正面は、スカイツリーのある業平で、右が吾妻橋、左は向島2丁目。
向島1丁目から2丁目に向かって進む感じで歩く。
江戸時代の小梅村とか、須崎村とかと言ったあたりか。



見番通り


水戸街道ではなく、裏道のように並行して走る「見番通り」へと入る。
“見番"とは、料亭への芸者の手配などを行う組織のことらしい。
この一帯は、江戸時代から花見や船遊びなどの行楽地として栄えていたが、
明治期以降には、本格的に花街が形成されていったのだという。
向島界隈というのは、花柳界の歴史もある街ということらしい。
この道沿いには、先ほどの牛島神社の他、三囲神社、弘福寺、長命寺
といった寺社がある。



すみだ郷土文化資料館


この建物は、すみだ郷土文化資料館。
あそらく、どの区にも一つあるであろう郷土資料館だ。
当然、墨田区ゆかりの人物や名所及び、その歴史などを展示、解説している
施設で、まあ、もの凄く地味なところだ。
この時は、本所についての企画展示が行われていた。



三囲神社


創建は南北朝時代以前に遡ると伝わる三囲神社へときた。
“みかこい"ではなく“みめぐり"と読むらしい。
なんでも、近江国三井寺より旅してきた源慶という坊さんが、この社を修繕しようとすると、 白狐が現れ、掘り出した
神像の周りを三回まわった事が名前の由来だとか。
また、ここは、三井家の守護神としても知られる神社で、三井をルーツとする江戸期の越後屋や現代の三越に至る
まで深いゆかりを持つ神社であるという。
日本橋の三越本店や銀座の支店の屋上には三囲神社の分社がある(他にもあるのかも)。

三囲神社 三囲神社

三越の入り口に鎮座しているお馴染みのライオンがいる。
これは、2009年に閉店になった池袋支店の前に座っていたものだとか。
また、となりには「越」マークの水鉢?もある。

三囲神社 三囲神社

(左)越後屋の向店が奉納した狐。
呉服屋だった越後屋本店の向かい側にあって、主に木綿を商っていたらしい。
(右)伊勢国津藩の第4代藩主の藤堂高睦により奉納されたものだとある。

三囲神社 三囲神社

(左)「三柱鳥居 三井邸より移す。原型は京都太秦・木嶋神社にある。」とある。まあ、珍しいものなんだろう。
(右)三井家の先祖を祀っている顕名霊社だとか。

三囲神社 三囲神社

(左)境内にある末社の一つ。
(右)隅田川土手に向かって立つ鳥居。

三囲神社 三囲神社

(左)見番通りを進むと通りの名前の由来と思われる建物があった。
「向嶋墨堤組合 見番」とかかれた看板があり、ここで、芸者などの手配業務を行っているようだ。
ここ向島では、現在でも18 軒の料亭があり 120 人ほどの芸者さんがいるらしい。
(右)その料亭の一つ。庶民からはベールに包まれた異空間に思えるセレブ御用達の店だ。

向島墨堤組合 料亭

隅田川の土手に上がり、歩行者専用のX型橋である桜橋の上に来たところ。
桜の時期には、行楽の江戸庶民(推定)で賑わい、台東区側からはスカイツリーもよく見える。

桜橋 桜橋

<< 前へ   このページのTOP   隅田川の橋編   23区歴史スポット   次へ >>