HOME(23区版)向島




浅草から隅田川を越えると現在の向島がある。
定番の観光地浅草の対岸にあって、地味な下町という印象しかなかったが、 近頃ではスカイツリーのご近所であることから見物スポットの一角として、 テレビなどでも良くその地名を耳にするようになった。
向島の地名の由来については、“何の向こう"なのか微妙にニュアンスの違う諸説があるようだが、 現在の堤通あたりに徳川将軍が外出の際の休憩施設「隅田川御殿」があったことがルーツであるらしい。
その「隅田川御殿」が、“向こう"にあるのか、そこから見て“向こう"なのかはよく分からないのだが。
さらに、明治期には、現在の住所で言うところの向島が本所区であったりと、向島のエリアの概念はちょっとややこしい。
とりあえず、今回は、隅田川沿いの向島、東向島、堤通、墨田と言ったあたりを主に回っている。
大雑把に、江戸期には、向島が小梅村、須崎村で、東向島が寺島村、堤通と墨田は墨田村と言った感じであろうか。

≪ Chapter of mukoujima lineup ≫
吾妻橋隅田公園牛島神社三囲神社弘福寺長命寺秋葉神社白鬚神社向島百花園
東武博物館隅田川神社木母寺多聞寺→ 綾瀬橋


浅草から吾妻橋を渡りると、左が向島方面で、右は本所、両国、深川に至る。
(左)吾妻橋の上。スカイツリー、アサヒビール本社、墨田区役所などが並ぶ。
ここには、いつもカメラを構える数多の江戸庶民(推定)の姿がある。
(右)吾妻橋を渡り台東区から墨田区に入る。両岸にはそれぞれの区の隅田公園があり桜の名所となっている。

吾妻橋 吾妻橋

(左)墨田区役所の前にある勝海舟像。
(右)枕橋の袂にある「枕橋茶や」。「牛すじまん」が名物なんだとか。

勝海舟像 枕橋

江戸時代に掘られた運河だという北十間川は、現在スカイツリーの見物スポットとして知られる。
枕橋(左)と源森橋(右)。いづれも、スカイツリーと東武電車と屋形船のある似たような光景だ。
この北十間川を遡ると、すぐに業平や押上のスカイツリー建設現場であるが、今回は行かない。

枕橋 源森橋

隅田公園


向島1丁目、隅田公園に来た。
江戸時代には、水戸藩の下屋敷があり、明治以降も関東大震災まで水戸徳川家の邸宅があったのだという。
案内板には、水戸徳川家小梅邸とあり、周辺は押上あたりまで小梅町だったらしい。
現在は、桜の名所として有名だが、園内の日本庭園は旧邸内の池など当時の遺構を利用したものであるらしい。

隅田公園 隅田公園

隅田公園 隅田公園

桜のシーズンには、多くの江戸庶民(推定)が行楽に訪れる。

隅田公園 隅田公園

昨今では、やはり、ここもスカリツリーのビューポイントの一つになっている。

隅田公園 隅田公園

牛嶋神社


隅田公園の一角に牛島神社がある。
平安時代に須佐之男命の化身より神託を受けた慈覚大師が創建したという古い歴史があるらしい。
社殿は昭和初期に再建されたものだが、近代建築ではなく、権現造りの風格ある建造物である。
また、社殿前の三輪鳥居は全国でも珍しい形態のものなんだとか。

牛島神社

境内には、名前の通り“牛"にちなんだものが多くある。
(左)文政年間のものだという青銅製の撫牛。なでなでするとヒーリング作用があるとされる。
(右)包丁塚だとか。向島は料亭があるような土地柄なので、ひょっとしたら懐石料理になった牛の供養かも?

牛島神社 牛島神社

狛牛というのか?社殿前には一対の神牛がいる。仲之郷村の大工だった久次郎さんが奉納したものらしい。

牛島神社 牛島神社

(左)牛のお守りとスカイツリーのキャラクター「おしなりくん」。
(右)この境内からも、やはり、スカイツリーがよく見える。

牛島神社 牛島神社

このページのTOP   花見特集2009   隅田川の橋編   23区歴史スポット   次へ >>