HOME(23区)目黒
中目黒駅

江戸時代の目黒は、 目黒不動尊を中心とした門前町だったようだ。
位置的には、微妙に江戸郊外になるようで、都会的な街ではなく田園風景であったと思われる。
江戸庶民にとっては、江戸名所図会などでも紹介された目黒不動尊を中心とした 近郊の行楽地であったようだ。
あと、目黒と言えば、「目黒のさんま」のエピソードが有名だが、
現在、目黒駅が品川区にあるからなのか、目黒区vs品川区の本家を争うバトルが繰り広げられているらしい。 でも、今回“さんま"の話は、これ以上ない。
スタートは、中目黒駅だが、この駅も名前と微妙に違って...住所は上目黒にある。


≪Chapter of Meguro lineup≫
中目黒駅大鳥神社蟠竜寺目黒不動尊氷川神社安楽寺安養院成就院五百羅漢寺海福寺大円寺目黒駅


目黒川


中目黒駅から、目黒川沿いに出て目黒方面に歩く。上目黒→中目黒→下目黒と下って行く感じになるはずだ。
品川編でも登場した目黒川だが、ここらあたりは桜並木があり、花見スポットになっているらしい。
それで、わざわざ、川沿いにいるのだが、なんか、水が濁ってる気が・・・白濁ってやつ・・・写真だとそうでもないが・・・
気のせいでなければ、ドブっぽい臭いまでするんだけど・・・まあ、桜の方を見るべきか・・・

目黒川 田楽橋

目黒川

目黒川

桜並木 田道橋

しばらく桜並木道を歩いたところで、山手通りに戻ってみることに。
(左)目黒区美術館らしい。
(右)「田道庚申塔群」。江戸中期の農村の民間信仰を伝えるものだとか。

目黒区美術館 田道庚申塔群

大鳥神社


山手通りへと出ると、最初の目的地大鳥神社が見てきた。
ここは何と言っても、平安時代の創建という、古い歴史を誇る神社だ。
大鳥神社と言えば日本武尊というイメージだが、当然、ここも例外ではなく日本武尊を祭っている。
また、江戸時代から続く「酉の市」(熊手売ってるやつ)でも知られる存在らしい。
この界隈では、ここも、江戸名所図会に描かれる人気スポットであったという。

大鳥神社 大鳥神社

(中)手水に描かれている“鳳凰"のエンブレム。
(右)提灯の方は、ちょっと弱そう・・・

大鳥神社 大鳥神社

大聖院


大鳥神社の隣にある小さなお寺に来た。
ここは、龍泉寺(目黒不動)の末寺で大鳥神社の別当寺院あったようなので、神仏分離前は一体であったのだろう。
こぢんまりとした境内の片隅に切支丹灯籠なるものがある。
元は、島原藩主松平主殿守の下屋敷の小祠にあったもので、隠れ切支丹が世間を欺けるように追求したフォルムがこれらしい。

大聖院 切支丹灯籠

蟠竜寺


そのまま山手通りを歩くと、この蟠竜寺がある。
ここは、江戸時代、増上寺の霊雲上人により再興されたという浄土宗寺院だ。
そして、ここもまた、江戸名所図会にラインナップされていた場所であるらしい。
ただ、どうやら、江戸名所図会は、649図あるとかで・・・江戸の名所って意外に多いもの・・・
案内板によると、「律院」にもなっていたなんて事も書いてある。(どうやら律院ってのは僧侶学校みたいなものらしい)
あとは、入り口に「岩屋辨天」なんて書いてあるから、それがあるんだろう。

蟠竜寺 蟠竜寺

(右)弁天堂。ここには、木製の弁財天があるらしい。

蟠竜寺 弁天堂

これが、「岩屋弁財天」みたいだ。洞窟牢にしか見えないのだが・・・弁財天になにが・・・

岩屋弁財天 岩屋弁財天

(右)おしろい地蔵だとか。

蟠竜寺 おしろい地蔵

このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>