HOME(23区)目黒目黒不動尊

目黒不動とは、正式名称が瀧泉寺という天台宗寺院だ。
なんでも、本尊が不動明王で、これが「日本三大不動」だったり「江戸五色不動」だったりするらしい。
そんなこともあってか、通称としては目黒不動尊の方がスタンダードと言うかメインになっているようだ。
歴史的なルーツは、かなり古く平安時代に遡るとされ、その由来は夢のお告げ・・・という、ありがちな伝説ではある。
江戸時代には、徳川家光も信仰したといい(祈ったら鷹狩の鷹が帰った来たらしい...)幕府のバックアップを得て興隆したのだという。
庶民の間でも、「江戸の三富」と言われた富籤のメッカとしても賑わう名所で、「江戸名所図会」にも紹介されている。
明治には、西郷隆盛や東郷元帥も祈願に訪れたんだとか。


≪Chapter of Meguro lineup≫
中目黒駅大鳥神社蟠竜寺目黒不動尊氷川神社安楽寺安養院成就院五百羅漢寺海福寺大円寺目黒駅


青木昆陽の墓


とりあえず、境内へと入ってきたが、 このあたりは墓地らしい。
江戸時代にサツマイモの栽培普及をリードしたことで有名な 青木昆陽の墓がある。
寺社奉行の大岡越前配下として古文書の研究をしていた学者だとういう。



どうやら裏手から入ってきたらしい。
これは、八大童子の山らしい。不動明王の眷属たちなんだとか。

八大童子

(左)鐘楼。
(右)不動明王像。

鐘楼 不動明王像

これが「大本堂」。昭和56年の再建だという。
当然、不動明王は、この中のはずだが、ご開帳は12年に1度だって書いてある。

大本堂 大本堂

(右)本堂裏手にある、江戸時代からあるらしい大日如来座像。
不動明王大日如来の化身とされているからってことみたいだ。

大本堂 大日如来座像

下の境内に降りるには、まっすぐの階段(男坂)と横からの階段(女坂)がある。
(左)男坂の階段から、山門を見下ろした様子。
(右)男坂の下から本堂を見上げる。

男坂 男坂

女坂を下る。
(左)降魔の三鈷剣だとか。
(右)江戸時代のものだという「役の行者の銅像」。

降魔の三鈷剣 役の行者倚像

1200年前からあることになってる「独鈷の滝」は、古の行者の修行の場であったという。
なんでも、独鈷(そういう仏具があるらしい)を投げたら水が湧いたみたいな伝説があるようだ。
(右)そこにある「水かけ不動尊」なるもの。とりあえず、柄杓で水かけて祈るらしい。

独鈷の滝 水かけ不動尊

(左)「前不動堂」。江戸時代のもので、東京都の有形文化財なんだとか。
(右)「勢至堂」。これも江戸時代のものらしく目黒区の有形文化財となっている。

前不動堂 勢至堂

(左)二・二六事件の理論的首謀者とされ処刑された北一輝の碑。
(右)「江戸最初 山手七福神 恵比寿神」らしい。

北一輝の碑 山手七福神

(左)阿弥陀堂。観音菩薩・勢至菩薩・阿弥陀如来が奉られている。
(右)観音堂。聖観音・千手観音・十一面観音が奉られている。

阿弥陀堂 観音堂

(左)野村宗十郎銅像。築地活版製造所の社長で日本に明朝体活字を普及させた人物だとか。
(右)阿吽の金剛像が収まる「仁王門」。昭和に再建されたものらしい。

野村宗十郎銅像 仁王門

比翼塚


山門を出た参道に「権八・小柴の比翼塚」なんてものがある。
なんでも、辻斬りの罪で処刑された白井権八と後追い心中した遊女小柴の話で、歌舞伎なんかのお題らしい。



<< 前へ   このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>