HOME<<京島
≪ Chapter of Kyoujima ≫
曳舟駅→ 京島2丁目京島3丁目→ 曳舟駅

キラキラ橘商店街の京島3丁目側に来た。
おそらく正式名称は、向島橘銀座商店街で昭和初期から続く商店街であるらしい。
このあたりは、江戸の小村井村に入っている。 当時は、梅の名所(文化2丁目の香取神社付近)で知られる場所だったようなのだが、 小村井という住所は現存せず、亀戸線の駅などに名前が残っている。

京島3丁目 京島3丁目
京島3丁目 京島3丁目

(左)下町にネコはつきもの。
(右)商店街を抜けたところ。

京島3丁目 京島3丁目

古い木造家屋が点在する京島でも、象徴的な建物と思われるのがこの長屋だ。
これまでも下町と呼ばれるエリアをいくつか回っているが、古さを感じるポイントは寺社を中心した風景と歴史的背景なんてケースが多かった気がする。
観光スポットも文化財も絡まない住宅街としては、京島エリアの古めかしさは際立って見える。

京島3丁目 京島3丁目
京島3丁目 京島3丁目

狭い道を入ると昭和の雰囲気が漂う町並みが今もある。

京島3丁目 京島3丁目
京島3丁目 京島3丁目

十間橋通りに出てきた。
この通りを挟んで京島3丁目と文化3丁目に分れている。

京島3丁目 京島3丁目

たから十間橋の交差点。
十字路の先2つが亀戸線の踏切という変則的な交差点だ。 いづれも渡った先は墨田区文化で京島を外れる。

京島3丁目 京島3丁目

キラキラ橘商店街まで戻ってきた。
隣接する公園には、“ご利益がたまる・・・”がキャッチフレーズの田丸神社がある。

京島3丁目 京島3丁目

曳舟たから通りを曳舟駅方向に引き返している。
この通りを挟んで京島2丁目と3丁目に分れている。

京島3丁目 京島3丁目

(左)下町の風景に合う井戸。
(右)寺島モーターの店名は、旧町名の寺島町が由来であろうか。

京島3丁目 京島3丁目

再び京島3丁目の路地。かなり明治通り際まで来ている。
(左)質屋の蔵がある。

京島3丁目質屋 京島3丁目

明治通りの京島交差点から四ツ目通りに入ったところ。
(左)文字通り角にあるからカドヤなのだろうか。
(右)カドヤから細い方の道に入ったところ。

京島3丁目カドヤ 京島3丁目

引き続き京島3丁目の町並み。

京島3丁目 京島3丁目

(左)路地から見えるスカイツリーも墨田区の下町らしい光景だ。
(右)曳舟たから通りの京島2丁目交差点。

京島の路地 京島2丁目交差点

曳舟たから通りを京成曳舟駅前まで戻ってきた。
曳舟の由来は曳舟川で、小舟を岸から人力で引くような運送手段があったらしい。
ただ、現在、曳舟川は存在せず、駅名や道路の名前として残っている。
ちなみに、京成曳舟駅は京島1丁目で、曳舟川通りを挟んだ東武曳舟駅は東向島2丁目になっている。
といったところで、ただ街を歩いただけの京島編は終了。
(右)東武曳舟駅付近の路地。

京成曳舟駅付近 東武曳舟駅付近