HOME<<京島

今回は、下町の風情が残る街、京島を歩く。
墨田区京島は、昭和の雰囲気が色濃く残る町並みとして知られ、古い長屋、町工場、商店などが現存しているらしいのだが、 観光的な要素などないただの街なので、このコーナーで定番の有名寺社も庭園も歴史的建造物なども一切登場しない。
江戸時代の京島は、寺島村、請地村、小村井村が混在した場所で、古地図を見る限り、どうみてもただの農村だ。
その後、明治期には、南葛飾郡 寺島村の一部、昭和に入ると向島区 寺島町などとなり、 現在の京島という地名になったのは昭和40年であるという。
震災や空襲をくぐり抜けてきた土地柄であるとはいえ、 防災などの観点から、この風景は、いつまで残るか分からない。
今のうちに記憶にとどめておきたいと思う。
≪ Chapter of Kyoujima ≫
曳舟駅→ 京島2丁目京島3丁目→ 曳舟駅

京成曳舟駅がある京島1丁目付近は、再開発が進んでいる印象だ。
このあたりは、江戸の寺島村で、東向島・堤通1丁目までが広がる農村だったと思われる。
ここからは、東武亀戸線と明治通りに挟まれたエリアを、京島2丁目・3丁目へと向かっていく。
(左)京成曳舟駅。付近には東武の曳舟駅もある。
(右)京島1丁目の商店街。

京成曳舟付近 京島1丁目

商店街か、住宅街かを、とにかく歩き、京島2丁目に入ると古い建物が目につくようになる。
古い民家や町工場、路地といった要素が下町ならではの光景を作り出している。

京島2丁目 京島2丁目

(左)下町らしい路地。
(右)民家の金魚鉢。

京島2丁目 京島2丁目

墨田区ということで、各所からスカイツリーが望める。

京島2丁目 京島2丁目

すぐに亀戸線の踏切に行き当たる。
このあたりは、線路を挟んで、こちら側も江戸の請地村に入っているようだ。
ちなみに線路の向こうは押上3丁目になるが、そちらに向かわず引き返す。

京島2丁目 京島2丁目

京島2丁目で、もっとも昭和の下町を感じる建造物は、この長屋だった。

京島2丁目 京島2丁目

この一画も相当に古そうだ。

京島2丁目 京島2丁目

再び、亀戸線の踏切。
京島2丁目から線路を渡る場合は、やはり押上3丁目だ。

京島2丁目 京島2丁目

京島南公園付近。

京島2丁目 京島2丁目

いかにも下町の商店街といった趣のキラキラ橘商店街。
ここでも亀戸線の踏切は渡らず、商店街を引き返していくと京島3丁目に入っていく。

京島2丁目 京島2丁目