HOME(23区版)皇居≪東御苑




≪ Chapter of koukyo lineup ≫
<<皇居外苑>>二重橋桜田門楠木正成像→ <<日比谷公園>>→ 和田倉噴水公園坂下門
<<皇居東御苑>>大手門番所展望台富士見櫓松の廊下跡本丸・天守台平川門二の丸庭園北桔橋門
平川門和気清麻呂像平将門の首塚
<<北の丸公園>>吉田茂像清水門千鳥ヶ淵弥生慰霊堂田安門千鳥ヶ淵半蔵門
<<靖国神社>>大村益次郎像社殿遊就館神池庭園


大手門


皇居・江戸城と一般的に言われるのは、
この東御苑を指す。
本丸・二の丸・三の丸と言った城の中核をなす施設の跡地だ。
ここから、大手門を入って、本丸の天守台に上がり、
二の丸の庭を見る大まかにそんなルートをたどる。
その先、北の丸公園には天守台の後ろあたりにある
北詰橋門から出る。



(左)最もポピュラーな入場ゲートの大手門。「入園票」(プラスチックの札)を渡される。
(右)大手濠。この皇居を囲む濠もお約束の光景だ。

大手門 大手濠

続いて、大手門渡櫓と、元はその上に乗ってたらしい

大手門渡櫓 大手門渡櫓 鯱

(左)三の丸尚蔵館。皇室の収蔵品をこぢんまりと展示している。
(中)休憩所。売店にもなってる。宮内庁調理の弁当も売られているようだ。
(右)中之門の石垣。解説のパネルと共に徐ろに置いてある。

三の丸尚蔵館 休憩所 中之門石垣

大番所・同心番所・百人番所


大番所同心番所百人番所
警備の任に付いた与力・同心が詰めていた場所で大手三之門・大手中之門の守備を担っていたようだ。
差詰め現代ならセコムとかALSOKとか入るところ。
(左)同心番所。御三家以外はここで駕籠や馬などの乗り物から降りるのだと言う。
(右)大番所。本丸へと至る最後の番所。

大番所 同心番所

百人番所。鉄砲百人組と呼ばれた根来組、伊賀組、甲賀組、二十五騎馬の四組が交代で常駐警備していた。

百人番所

石垣


随所に残る石垣も在りし日の江戸城のスケールを連想させるものだ。
(下左)中之門跡の表示があるあたり奥にあるのが大番所
(下右)中雀門(書院門)跡付近。
昔は石垣上に重箱櫓書院二重櫓なんてのもあったらしい。



中之門跡 書院門

展望台


本丸の視界が開けて、右の方に行くと地味に展望台がある。 土手をちょこっと上がるだけだけど。
展望台からの眺望は二の丸方面になる。
眼下に見える水面は、白鳥濠。それを、遮断するかのように本丸から二の丸へ続く 汐見坂が通る。

展望台 展望台

富士見櫓


本丸を横断し逆サイドに歩く。
本丸で唯一残っている櫓だという富士見櫓がある。
明暦の大火で天守と一緒に消失したが、こちらは再建され天守の代用として運用されたりもしたようだ。



忠臣蔵のオープニングで、浅野さんが大暴れする松の廊下跡。石碑と案内板しかないけど。

松の廊下 松の廊下

(左)石室。抜け穴説や御金蔵説もあるが、貴重品を納めた富士見御宝蔵の跡というのが有力らしい。
(中)中央の広い芝生にポツンとある「午砲台跡」の石。 砲自体は江戸東京たてもの園にある
「ドンの大砲」とベタな通称があり、明治から大正にかけて使用されたらしい。
(右)富士見多聞。「御休憩所前多門」と表示がある。 将軍が政務や日常生活に使う居間の前にあった武器櫓。

石室 午砲台跡 富士見多聞

天守台


皇居のシンボル天守台。元々は、最大の5層天守が載っかっていた。
明暦の大火で消失後、ついに再建される事はなかったが、近頃水面下で?再建計画も進行しているらしい。

天守台

(左)天守台に近寄ったところ。
(中)籠城戦用の井戸と思われる金明水。
(右)天守台の向って右にある、桃華楽堂。良くわかんないけど、昭和41年製の音楽堂。

天守台 金明水 桃華楽堂

天守台から見た本丸の景色。今はただの芝生広場になっている。

天守台から本丸

天守台の裏手から北桔橋門を出ずに、右の方にずっと歩いていくと開放ゲートの一つ平川門がある。
(左)平川門付近の天神濠
(右)平川門。脇には不浄門があり、罪人や死人がここから出て行ったとのこと。
殿中刃傷沙汰では浅野内匠頭が、絵島生島事件では絵島がそこをくぐる事になったらしい。
自分は、ここから外には出ないで二の丸庭園の方に向かう。

天神濠 平川門

<< 前へ   このページのTOP   皇居編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>