HOME(23区)>≪駒込白山・駒込

≪Chapter of Komagome lineup≫

≪Chapter of Komagome lineup≫
白山神社本念寺浄土寺小石川植物園円乗寺大円寺駒込土物店跡龍光寺目赤不動洞泉寺吉祥寺
天祖神社駒込名主屋敷富士神社江岸寺六義園妙義神社染井稲荷神社西福寺 旧古河庭園


六義園


六義園を出て、本郷通りを駒込駅方面に歩く。
写真は、六義園の染井門。
こちらが駅に近いのだが通常は閉鎖されているらしい。



駒込駅 染井吉野発祥の地碑


エリアは、文京区本駒込から豊島区駒込へと移る。
JR駒込駅の近くに「染井吉野発祥の地碑」がある。
付近の染井村には、植木屋の庭園があり江戸庶民の後楽スポットになっていたらしい。



駒込橋


駒込駅前の線路上に掛かる駒込橋。



駒込橋の袂にある大国神社。
大黒様を祀っているらしい小さな神社だ。

大国神社 大国神社

駒込妙義坂地蔵


下り坂になっている本郷通りの道沿いに駒込妙義坂地蔵なるものがある。
北区上中里にある城官寺の境外地蔵尊なんだとか。
ちなみに、この本郷通りの坂が妙義坂で対面には妙義神社の表示がある。



妙義神社


本郷通りから、少し路地を入ると妙義神社がある。
案内板によると、日本武尊の東征がどうとかと書いてある。とりあえずルーツは古いらしい。
また、太田道灌が先勝祈願した事が、ことさら強く記されている。
なんでも「戦勝の宮」と呼ばれ信仰されるようになったのだという。

妙義神社 妙義神社

(右)道灌霊社とある。太田道灌を祀るらしい末社。

妙義神社 妙義神社

江戸時代のに園芸タウン染井村があったという駒込6丁目に来た。
このなんでもないただの公園が「染井よしの桜の里公園」と命名されていているように、染井村は「染井よしの発祥の地」として知られている。
一帯は、植木屋の庭が広がる観光名所で盛んに品種改良位が競われたという。

染井よしの桜の里公園 染井よしの桜の里公園


染井稲荷神社


染井稲荷神社


公園の向かいに染井稲荷神社がある。
創建は1674年以前と推定され、現在の建物は関東大震災や戦災をくぐり抜けた三百年以上前のものてあるという。



(左)社殿。祭神が保食神と十一面観音石像というのが神仏習合の名残か。
(右)社殿の額は「伊藤博文」の筆によるものらしい。

染井稲荷神社 染井稲荷神社

西福寺(伊藤政武の墓)


西福寺


染井稲荷神社の隣には西福寺という真言宗寺院がある。
西福寺は、染井稲荷神社の別当寺院で創建は江戸初期と推定されるらしい。
近所には、伊勢津藩藤堂家の下屋敷があり、家中の祈願所となっていた事から、当時はかなり大きなお寺だったのだという。
しかし、明治期の神仏分離に伴い衰退したパターンであろうか、現在はこぢんまりとした境内となっている。



(左)伊達慶邦公墓址記念碑。仙台藩の13代藩主で奥羽越列藩同盟の盟主として明治新政府に抵抗するが敗れる。
(右)伊藤政武墓。伊藤家は藤堂家の下屋敷に出入りの染井村を代表する植木屋で代々伊兵衛を名乗っていたという。
政武はその4代目で、徳川吉宗の御用植木師として江戸城内で腕を振るったという人物だ。

西福寺 西福寺

<< 前へ   このページのTOP   駒込編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>