HOME(23区)>≪白山・駒込本駒込

≪Chapter of Komagome lineup≫
白山神社本念寺浄土寺小石川植物園円乗寺大円寺駒込土物店跡龍光寺目赤不動洞泉寺吉祥寺
天祖神社駒込名主屋敷富士神社江岸寺六義園妙義神社染井稲荷神社西福寺 旧古河庭園


天祖神社


吉祥寺を後にして、本郷通り沿いをそのまま歩と「天祖神社入口」なんてのがある。
どこにも、ありそうな名前の神社だが、折角なので、そっちに行ってみる。
天祖神社というのは、天照大神を祭神とする伊勢神宮系の神社らしい。まあ、いっぱいあっても不思議ではない。
神社の由来には、源頼朝が奥州征伐の際に見た夢のお告げが起源だって書いてある。

天祖神社 天祖神社

天祖神社 天祖神社


(右)「鷹匠組中」と見える石柱。
となりにある駒込病院の敷地には、
昔、鷹匠屋敷があったらしい。



駒込名主屋敷


天祖神社のすぐ近くには、駒込名主屋敷なるものがあった。
なんでも、高木将監なる人物が、駒込一帯を開拓し、そのまま土着して名主になったような事が書いてある。
文化財に指定された如何にも歴史のありそうな佇まいであるが、 おそらく、現在も子孫の方が住んでいる現役の住居だ。
家屋は享保年間、表門は宝永年間のものと伝わるという。

駒込名主屋敷 駒込名主屋敷

駒込名主屋敷 駒込名主屋敷 駒込名主屋敷

富士神社


ルートを本郷通りに戻すのだが、その手前に「富士社」の額が掛かる鳥居が見える。
富士神社は、全国に400社近くあるという浅間神社系列の一社で、総本社は富士宮の富士山本宮浅間大社、祭神は木花咲耶姫だという。
元々は、本郷にあったが、加賀前田家が上屋敷を(現在の東京大学)建てた際に、そこから引っ越してきたらしい。

富士神社 富士神社

境内にある小山は富士塚で、頂上にお社がある。
江戸時代には、富士山信仰(富士講)の流行により、このような富士塚が多く造られたが、 この神社は、氏子を持たず、その富士講の信仰で成り立っていたのだという。

富士神社 富士神社

縁起の良い初夢として知られる「一富士、二鷹、三茄子」は、ここ駒込の事であるらしい。
富士はもちろん、この富士塚で、鷹は、駒込病院辺りにあったという鷹匠屋敷、ナスは、この近所が「駒込ナス」の生産地であったことに由来するという。

富士神社 富士神社

江岸寺


本郷通り沿いへと戻る。
案内板には「江岸寺と鳥居家」とある。どうやら徳川家康の老臣「鳥居元忠」が有名な鳥居家の菩提寺らしい。
創建は、次男の「鳥居忠政」で、元忠が伏見城で討死した跡をついで、矢作藩・磐城平藩・山形藩の藩主を歴任したという。
この忠政は、吉祥寺に墓所のあった、壬生藩主「鳥居忠文」系統の初代でもあるようだ。典型的な譜代大名ってやつだろう。

江岸寺 江岸寺

(中)鳥居忠政の墓と思われるもの。
(左)普通の鳥居家の墓。案内板にあった子孫の音楽家「鳥居忱」のものだと思う。

江岸寺 鳥居忠政の墓 鳥居家の墓

六義園


引き続き本郷通りを進むと、左手にレンガ壁が見えてくる。
続いては、このエリア一番の観光地六義園だ。
いかにも名所らしく、バスツアーの団体さんや外国人の姿も見受けられる。



<< 前へ   このページのTOP   駒込編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>