HOME(23区)>≪白山・駒込吉祥寺

≪Chapter of Komagome lineup≫
白山神社本念寺浄土寺小石川植物園円乗寺大円寺駒込土物店跡龍光寺目赤不動洞泉寺吉祥寺
天祖神社駒込名主屋敷富士神社江岸寺六義園妙義神社染井稲荷神社西福寺 旧古河庭園


吉祥寺


このあたりの本郷通りは信号が少ない。
要は、本郷通りを渡るのが面倒だという話だが・・・
「吉祥寺通用門」と書いてあるが、その奥には何もない。
と思ったが、吉祥寺の経蔵の後ろあたりに通じているようだ。
また、ちょっと先には、何か案内板が立ってるので行ってみる。



洞泉寺


その案内板が立っている曹洞宗洞泉寺に来た。
案内板には、江戸時代中期から後期にかけての儒学者原氏4代の墓所が史跡になっているとある。
“円頂角柱形墓石十基”とあるので、なんかごっついのが、どんと立ってるのかと思ったが、単に角の丸い墓石だった。
正直、全く知らない一族なのだが、祖先は武田二十四将の一人で“鬼美濃”の異名で知られる原虎胤らしい。

洞泉寺 原氏墓所

“戦国之際”“甲将美濃守”“原○胤”“七世之孫”と読める。

原氏墓所 原氏墓所 原氏墓所 原氏墓所 原氏墓所

吉祥寺(榎本武揚の墓)


吉祥寺


この辺りで一番大きなお寺の吉祥寺に来た。
ルーツは、室町時代、太田道灌による江戸城築城時に遡るが、 その後、徳川家康により駿河台に引っ越し、 さらに、明暦の大火(振袖火事)でここ駒込に引っ越している。 この火事で門前町の町人が移住したのが武蔵野市の吉祥寺で、吉祥寺に吉祥寺というお寺はないらしい。
東京大空襲では、「経蔵」以外の伽藍が灰燼に帰しているとあるが、山門や塀は古いタイプの物に見える。
境内は、広くて、歴史的有名人や大名家の墓所なんかもある。



やっぱり、この山門はそれなりに古い物で、江戸後期11代家斉のころ再建されたものだとか。
額には「旃檀林」と書かれていて、幕府の学問所として昌平坂学問所(湯島聖堂)と双璧であったという。
現在の、駒澤大学の前身なんだとか。

吉祥寺 吉祥寺

(右)またまた、登場の八百屋お七。ここには、「お七と吉三郎の比翼塚」なんてものがある。
「比翼塚」というのは、カップル限定の碑とか墓とかみたいなのだが・・・
喜三郎というのは、その相手とされる候補の一人らしいが、放火をそそのかした人物説もあるようだ。

吉祥寺 比翼塚

(左)本堂。
(右)伽藍として唯一空襲を免れた文化財の経蔵。

本堂 経蔵

函館五稜郭で最後の抵抗を繰り広げてみた、幕臣榎本武揚の墓。
昌平坂学問所の出身者で、長崎海軍伝習所に進んだ、秀才で海軍エリートってところか。
ただ、江戸開城から函館戦争での、実際の艦隊指揮では、切り札の開陽丸を沈めてしまったり、イマイチ冴えない。
案外、新政府軍を相手に、十八番のはずの海戦で活躍したイメージがないのだ。
それでも、知識と政治力に対する評価は、相当なものがあったようで、幕臣でありながら、明治政府で大臣職を歴任。
身分も、正二位勲一等という、トップクラスの地位まで上り詰めた。
墓石には「海軍中将子爵榎本武揚墓」と書いてある。

榎本武揚の墓 榎本武揚の墓 榎本武揚の墓

小学校なんかにある像の定番中の定番、農業の専門家二宮尊徳の墓。
(右)薪を背負って読書、典型的な金次郎スタイルの像。当時、このような学習スタイルがあったのかは不明。

二宮尊徳墓碑 二宮尊徳墓碑 二宮尊徳墓碑

川上眉山の墓所 川上眉山の墓所


明治の小説家川上眉山の墓所。
人気あったのになぜか自殺しちゃったらしい。



鳥居家の墓の一画に鳥居耀蔵の墓があった。 水野忠邦天保の改革を協力に推し進めた官僚的人物。
おとり捜査のスペシャリストで、“妖怪"呼ばわりされるほど恐れられ(嫌われ)たらしい。
当時の官僚にありがちな洋もの嫌いの保守派で、大円寺で登場した高島秋帆を陥れてみたりもしている。
また、南町奉行として、北町奉行遠山の金さんのライバル(悪役か)としても有名。
この鳥居耀蔵は、明治6年まで生きたことになっている。

鳥居家の墓 鳥居耀蔵の墓 鳥居耀蔵の墓

壬生藩鳥居家の墓所 鳥居忠文の墓所


下野壬生藩の墓所。
真ん中が、第4代藩主鳥居忠熹
右が、第8代(最後)の藩主だった
鳥居忠文の墓。



松前藩の墓所 松前藩の墓所


蝦夷松前藩松前氏の墓所。
戦国大名蠣崎家の後裔にあたる。
正面に、3代氏広、8代道広、10代良広と、 言った名が見える。
福山館主・・・と見えるのは、
居城が福山城だったため。
戒名でなく実名表記なので、
明治以降のものかも知れない。



新発田藩溝口の墓所。
左から、4代藩主溝口重雄。 3代藩主溝口宣直。 重雄室伊与姫(広心院)。 7代藩主溝口直温

新発田藩の4代藩主溝口重雄の墓 新発田藩の3代藩主溝口宣直の墓 重雄室伊与姫(広心院)の墓 7代藩主溝口直温の墓

更に溝口家。
左から、2代藩主溝口宣勝溝口直信と室侶姫(観如院)。宣直室(清光院)。8代藩主溝口直養

2代藩主溝口宣勝(左)の墓 溝口直信と室侶姫(観如院)の墓 宣直室(清光院)の墓 8代藩主溝口直養の墓

9代藩主溝口直侯の墓 12代藩主溝口直正の墓


更に溝口家。
(左)9代藩主溝口直侯
(右)12代藩主溝口直正



(左)旗本の苗木山前田家?だと思う。
(右)上野七日市藩前田家の墓所。初代前田利孝以下歴代藩主だと思われる。

旗本の苗木山前田家?? 上野七日市藩前田家の墓所

(左)初代谷村藩主鳥居成次。山形藩の第2代藩主鳥居忠恒。筑後柳河藩二代田中忠政など。
(右)備中松山藩板倉家の墓所。幕末の老中首座板倉勝静が有名。

初代谷村藩主鳥居成次と山形藩の第2代藩主鳥居忠恒と筑後柳河藩二代田中忠政 備中松山藩板倉家の墓所?

常陸麻生藩の墓所。初代新庄直頼以下歴代藩主と思われる。

常陸麻生藩の墓所 常陸麻生藩の墓所 常陸麻生藩の墓所

肥前福江藩五島家歴代の墓所 五島盛清の墓所


肥前福江藩五島家の墓所。
(左)歴代とあるのは、3代藩主五島盛次からの藩主か?。
(右)対面にあるのは五島盛清
病弱だった兄盛次に変わり藩政をになったとされる人物。



成瀬正武の墓所 高島藩諏訪家の墓所


(左)戦国武将成瀬正武
兄に尾張藩付家老の
成瀬正成などがいる。
最期は吉祥寺にて切腹に処されるが理由は謎らしい。
(右)信濃高島藩諏訪家。
最後の2人、9代諏訪忠誠
10代諏訪忠礼か。



<< 前へ   このページのTOP   駒込編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>