HOME(23区)>≪白山・駒込白山神社周辺

江戸時代の駒込村は、今の駒込・本駒込・千駄木・白山と言ったあたりに広がっていたらしい。
風景としては、江戸郊外にある寺社町と田畑であろうか。
今回のエリアは、本郷通り沿いを中心として、豊島区・北区・文京区にまたがる。
駅で見ると、白山、本駒込、駒込、西ヶ原と言った辺りだ。

≪Chapter of Komagome lineup≫
白山神社本念寺浄土寺小石川植物園円乗寺大円寺駒込土物店跡龍光寺目赤不動洞泉寺吉祥寺
天祖神社駒込名主屋敷富士神社江岸寺六義園妙義神社染井稲荷神社西福寺 旧古河庭園



「薬師坂(薬師寺坂、浄雲寺坂、白山坂)」の案内板が立つ白山駅前付近。
なんでも、坂上の妙清寺に薬師堂があって、坂下には浄雲院心光寺があり、さらに近くに白山神社があることから別名が多い坂なのだとか。



(左)坂上の妙清寺。先ほどの案内板によると、眼病にご利益がある薬師如来として知られていたという。
(右)坂下の心光寺。案内板などがなく、特に分かることはなかった。



白山神社


白山神社

まずは、「白山」の地名の由来とも言われる白山神社に来た。
総本社は白山比盗_社(加賀)で平安時代からの歴史を誇るという。
菊理姫命・伊弉諾命・伊弉冉命を祭っている。
(ククリヒメノミコト)(イザナギノミコト)(イザナミノミコト)
元々は、本郷にあったものが、現在の小石川植物園あたりに移転し、さらに明暦年間に館林藩の屋敷建設に伴いこの地に落ち着いたといい、 社地を譲る形になったことから、当時の藩主であった徳川綱吉と桂昌院の信仰を得ることになったという。
また、明治期には、准勅祭社(現在の東京十社)にも指定されている。
なんだか、とても、由緒ありそうな神社である。
現在は、あじさいの名所として知られている。
その、あじさいまつりの模様→→


こぢんまりとした境内に、普段は、あまり人影もない感じだ。

白山神社 白山神社 白山神社

白山神社 白山神社 白山神社

(左)本殿の側面。
(右)この富士塚は、あじさいまつりの時だけ開くらしい。

白山神社 白山神社

白山神社のある白山5丁目付近。
旧白山前町の表示がある。文字通り白山神社の門前町だったらしい。ただ、以前は小石川村だったともある。

白山 白山前町

白山通り


白山通りだ。前方に見えるのは京華高校(中学)。
道路の前方は千石・巣鴨方面で、後ろは後楽園がある水道橋方面、白山神社は右手にある。



本念寺(蜀山人の墓)


白山神社から白山通りを渡った辺りに本念寺がある。
宝永3年に創建されたという日蓮宗寺院だというのだが、案内板には「大田南畝の墓」とある。

本念寺 本念寺

本念寺


この南畝大田先生之墓とあるのが、案内板にあった大田南畝の墓らしい。
蜀山人と言われれば名前くらいは聞いたことがある。
本職は勘定所の役人で結構優秀な人だったらしのだが、狂歌師の号「蜀山人」として知られている。
一時期、この文京区エリアに居住していたという。



浄土寺(松平忠直の墓)


本念寺の向かいに浄土寺という浄土宗のお寺がある。
案内板等がないので由来などはよくわからないが、ここには松平忠直の墓所があるという。
(右)西巌院とあるのが松平忠直の墓所らしい。
松平忠直は、越前北ノ庄2代目藩主で結城秀康の嫡男である。
ある意味、徳川秀忠に跡目を攫われた家系であり、跳ねっ返りの言動や乱行により失脚したとされる人物だ。

浄土寺 浄土寺

白山下


白山下の交差点。小石川植物園の表示がある方向に進む。
前方の交差点を渡り、白山通りも渡り、その先の坂を上がって下るとある。



このページのTOP   23区歴史スポット   駒込編のTOP   次へ >>