HOME(23区)>≪小石川

Chapter of Koisikawa Lineup
源覚寺善光寺慈眼院伝通院福聚院常泉院北野神社小石川後楽園礫川公園麟祥院


案内板によると、左の築地塀の一部は、出土した江戸城外堀の石材を使っているのだという。

小石川後楽園 小石川後楽園

小石川後楽園 小石川後楽園

(左)陸橋の上にいる。左に見えるのは、待機中?の丸ノ内線。その先に文京シビックセンターのビルが見える。
(右)今度はその先の、後楽園駅の陸橋にいる。真ん前は、言うまでもなく東京ドームで、左側が駅だ。

東京ドーム

礫川公園


後楽園駅を通り抜けると、この「礫川公園」に出る。こんな感じで二段構造になっている。
(左)二段目からの眺望。右側が、今出てきた「後楽園駅」で、その奥が「LAQUA」、左隣が「文京シビックホール」。
(右)段の壁面。ライオンっぽい。たぶん水が出るんだと思う。

礫川公園 礫川公園

春日通りに面して立つ「春日の局像」。NHK大河ドラマが切っ掛けで出来たものだとか。

春日の局像 春日の局像

(左)「春日の局像」の真ん前の「富坂」。
鳶が多かったから“鳶坂"とか、坂が分断されていたから“飛坂"だとかそんな語源があるらしい。
ちなみに、伝通院方面を「西富坂」、本郷方面を「東富坂」とも呼んでいたんだとか。
(中)東京行ドームの前、壱岐坂下の交差点。
(右)その「旧東富坂」の案内板。同じようなことが書いてある。

富坂 旧東富坂

真ん前には、東京ドームのジェットコースターみたいなやつがあるが、住所的には、もう本郷。
旧春日町の表示ともに、地味に春日局の関連スポット「出世稲荷」なんてものがあった。
このあたりは、春日局の宅地もあった拝領地で、町の鎮守の神社もあったと言うことみたいだ。
「出世稲荷」のネーミングについては、春日の局が出世したからっていうベタなものらしい。

出世稲荷 出世稲荷

本郷三丁目交差点


春日通りの本郷三丁目交差点を渡る。
写真では、前が東大の赤門方向で、左には後楽園、右には東大の龍岡門、
更には湯島天神などがある。
なお、今回素通りしている本郷については、 本郷編で >>



麟祥院


最後に、もう一つ春日局ゆかりの場所に行ってみる。
春日通りを、本郷を通り越して湯島まで一気に歩く。(一気にでなくても良いのだが)
ここは、春日局が眠る「麟祥院」。
寛永年間、春日局のリクエストに徳川家光が答える形で下された土地に、建立された春日の局の菩提寺だ。
明治には、現在の「東洋大学」の前身となる「哲学館」なんてものも存在したらしい。


(左)山門。額はたぶん「海東法窟」と書いてある。
(右)本堂。額は「麟祥禅院」。

麟祥院 麟祥院

麟祥院 麟祥院 麟祥院

(左)これが、春日局の墓。塔の先っぽに丸い穴が空いているのがトレードマークだ。
他にも、小田原藩稲葉家、菰野藩土方家、郡山藩本多家などの墓所があるのだとか。

麟祥院 麟祥院

麟祥院


麟祥院を出たところ。正面奥が麟祥院の山門だ。
ここは、東大の龍岡門の直ぐ側で、境内は、ほとんど東大の敷地と隣接している。
ここから、左に坂を下りていくと湯島天神や御徒町方面に向かう。
ちなみに、湯島と上野についえは、上野編で回っている。
と言ったところで、今回の「小石川編」も終了。



<< 前へ このページのTOP   23区歴史スポット