HOME(23区)>≪小石川

今回のエリアは、主に東京ドームの周辺、住所では文京区の「小石川」「後楽」「春日」あたりになる。
「小石川」は、主に徳川家の菩提寺伝通院の寺領が広がっていたとされる地域だ。
その地名については、川に小石や砂が多かったからというストレートな由来がある。
「後楽」は、小石川後楽園が名前の由来で、これまたそのまんま。
「春日」は、あの春日局が拝領した土地とされる。
江戸時代の街並みは、水戸藩上屋敷(小石川後楽園)などの武家屋敷と、 伝通院を中心とした寺社町で構成されていたものと思われる。

Chapter of Koisikawa Lineup
源覚寺善光寺慈眼院伝通院福聚院常泉院北野神社小石川後楽園礫川公園麟祥院


都営三田線、春日駅の付近だ。都合上、本郷から歩いて来たので、このあたりからスタート。
白山通りの対岸に、「こんにゃくえんま」の文字が見える。とりあえず、最初はそこに行ってみる。



源覚寺(こんにゃくえんま)


源覚寺の創建は、江戸時代、三代将軍徳川家光の治世とある。
この「こんにゃくえんま」なんて、ふにゃっとした名前の由来は、閻魔王が己の右目を与えて、婆さんの眼病を治し、
信心深い、婆さんは好物の蒟蒻を供えるようになった・・・閻魔大王ってそんなキャラだったか?
とにかく、そんな話で、"こんにゃく"からは想像出来なかったが、ご利益は、眼病治癒だそうだ。

(左)短い参道。
(右)閻魔堂。安置されている木製閻魔像は、推定鎌倉時代の作らしい。

源覚寺 閻魔堂

(左)その「えんまさま」の影。右目が黄色く濁っているとあるが、そこまでは見てなかった。
(中)狛犬。
(右)閻魔大王の絵馬。

狛犬 閻魔堂 絵馬

(左)塩地蔵。ご利益は歯痛緩和らしい。塩を盛ってお参りするんだとか。
(中)七福神の毘沙門天。
(右)汎太平洋の鐘。元禄期のもので、サイパンからアメリカ本土に渡り、この寺に寄進されたものだとか。

塩地蔵 毘沙門天 鐘

善光寺


このあたりに来ると、徳川家ゆかりの寺として、隆盛を極めた「伝通院」の元縄張りに入ってきている。
ただ、この「善光寺」あるいは、その前の「善光寺坂」は、共に明治に入ってからのネーミングらしい。
創建は、関ヶ原の2年後、1602年。家康が征夷大将軍となって江戸幕府が開かれる直前だ。
当時は「伝通院」の塔頭寺院で「縁受院」と号していたんだとか。

とりあえず、赤い山門が2つ並んでいる。
境内は、広いものではなく、特に見るものもなさそう。

源覚寺 源覚寺

(左)本堂。
(中)もう一つの門。
(右)外壁のデザインは、氏子の屋号であろうか。

源覚寺 源覚寺 源覚寺

善光寺坂を上がっていくと、放置されたような狛犬と祠があったが、なんだか良く分からない。

善光寺坂

澤蔵司稲荷(慈眼院)


「澤蔵司稲荷 慈眼院」と社号碑が立つ、この「慈眼院」も「伝通院」の子院の一つであったようだ。
そして、「澤蔵司稲荷」というのは、その「慈眼院」を別当寺院として境内にを祀られたものらしい。
創建は「徳川秀忠」治世の元和6年となっていて、その由来は良くある夢のお告げ系だ。
江戸時代の「伝通院」には、僧侶養成所の栴檀林があり、澤蔵司なる成績優秀な学僧がいたんだそうだ。
それが、学寮長とか住職だとかの夢枕に立ち、 “そもそも余は・・・稲荷大明神・・・だったんだよ・・・だから祀るべし。"
見たいな事を言って行方をくらましたらしい。
慈眼院公式HP

稲荷神社と言うことで、正面の階段の両サイドには、キツネのレリーフ。
ほとんど、写っていないが、石垣の石材は江戸時代のものと推定されているようだ。

澤蔵司稲荷 澤蔵司稲荷 澤蔵司稲荷

見ての通りの境内と本堂。

澤蔵司稲荷 本堂

(左)本堂のキツネ。
(中)キツネ。
(右)「霊窟 おあな 参道入口」とある。

キツネ キツネ 澤蔵司稲荷

鳥居の連打を抜けていくと、その「霊窟」がある。

澤蔵司稲荷 澤蔵司稲荷

(左)「霊窟」の中のキツネたち。
(右)更に鳥居と祠が続く

澤蔵司稲荷 澤蔵司稲荷

伝通院(寿経寺)


このルートの北側、前半のメインスポットは、この伝通院だ。
創建は室町時代、4代将軍「足利義持」の治世とされる。
当時は小さな草庵で「寿経寺」と号していた。(今でもそうなのだが)
それが、徳川家康の生母「於大の方」菩提寺に定められ、その法名「傳通院」の名で呼ばれるようになったんだとか。
これを期に、江戸時代を通して、ステータスもアップし、寺領も拡大、興隆を極めていたようだ。
また、関東十八檀林(浄土宗の僧侶養成所)の一つとしての機能も果たしていた。
ここには、徳川家ゆかりの寺院として「於大の方」を始め徳川一族の墓所があることでも知られている。


伝通院の正面入り口、寺号は「浄土宗 無量山 傳通院 壽経寺」。
(右)向って左側の塀の前にある「処静院跡の石柱」というもの。
伝通院の塔頭寺院として存在していた寺で、ここで新選組メンバーも身を寄せた「浪士隊」が結成されたんだとか。

伝通院 伝通院 処静院跡の石柱

(左)第二次世界大戦で焼失し、昭和再建の本堂。
(右)やはり、戦火で焼失し、昭和再建の鐘楼堂。しかし、梵鐘は天保年間のものだとか。

本堂 鐘楼堂

(左)「指塚」なるもの。あの指圧の「浪越徳治郎」が建てたものらしい。
(右)左から、勢至菩薩・法蔵地蔵尊・観世音菩薩らしい。

指塚 法蔵地蔵尊

墓地に多数存在する、このような宝筺印塔の多くが、徳川家ゆかりのもの。
本当にいっぱいあるので分かるのは一部だが、とりあえず撮った写真からも、案外判明したので載せてみる。
(左)徳川家康の母「於大の方」の墓。ここでの主役、墓碑銘は当然「傳通院殿」だ。
(右)豊臣秀頼に嫁した徳川秀忠の娘、あの「千姫」の墓。

於大の方の墓 千姫の墓

(左)徳川家光の正室「孝子」の墓。このあたりまでは、案内板がある。
(中)3代将軍徳川家光の次男「亀松」の墓。
(右)6代将軍徳川家宣の3男「大五郎」の墓。

孝子の墓 徳川亀松の墓 徳川大五郎の墓

(左)第6代将軍徳川家宣の次男「家千代」の墓。
(中)徳川秀忠の四女で京極忠高の正室、「初姫」の墓。
(右、左から、 11代徳川家斉の娘で、会津藩主「松平容衆」の正室「元姫」の墓。
八代将軍徳川吉宗の二女「芳姫」の墓。
十一代将軍徳川家斉の十五男「久五郎」の墓。

徳川家千代の墓 初姫の墓 元姫・芳姫・徳川久五郎の墓

(左)尾張3代目「徳川綱誠」の娘で徳川綱吉の養女だったらしい「喜知姫」の墓。
(中)尾張8代目「徳川宗勝」の娘で、米沢藩の第8代藩主「上杉重定」正室「豊姫」の墓。
(右)甲府宰相「徳川綱重」正室の墓。二条摂関家の娘らしい。

喜知姫の墓 豊姫の墓 徳川綱重室の墓

(左)尼崎藩の初代藩主「松平忠喬」の娘で、徳山藩の第5代藩主「毛利広豊」正室の墓。
(中)「八月十八日の政変」で都落ちした“七卿落ち"公卿の一人「澤宣嘉」の墓。
(右)「新選組」の前身「浪士組」を組織したが、策士、策に溺れる的な最期だった。「清川八郎」と妻「阿蓮」の墓。

雲鏡院の墓 澤宣嘉の墓 清川八郎の墓

柴田錬三郎の墓


時代小説の定番「柴田錬三郎」の墓。
左の丸っこいやつの前のプレートに「柴田錬三郎之碑」と書いてある。
剣豪小説のイメージが強いが、個人的には三国志「英雄ここにあり」が印象に残っている。



このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>