HOME(23区)神田川お茶の水

≪ Chapter of kandagawa lineup ≫
東京都水道歴史館お茶の水橋聖橋湯島聖堂神田明神昌平橋万世橋神田ふれあい橋柳森神社和泉橋
美倉橋左衛門橋浅草橋柳橋


お茶の水橋


樹木の間からチラチラットJRの電車が見える川沿いを歩き、お茶の水橋の上へときた。
ただ、お茶の水という住所はなく湯島1丁目と神田駿河台1丁目の間に架かっている橋だ。
この橋を渡り真っ直ぐ靖国通りまで行くと神田の書店街がある。
さらにまっすぐ行った先では日本橋川に行き当たり神田橋が架かっている。

神田川 お茶の水橋

お茶の水の名前は、高林寺の境内に沸いていた名水に由来すると言う。
江戸時代このあたりは神田山と呼ばれ、(今では山とは認識出来ないが)神田明神も神田山にあったんだとか。
それが神田川を通すにあたり、山をぶち抜き本郷台地と駿河台地に分断、それにより、 この渓谷のような光景が生まれているのだという。
重機のない時代に、川の流れを変えるような工事をいくつも行っていた江戸時代の土木技術の高さが伺える。
このお茶の水橋から聖橋に架けての景観は、いかにもお濠らしい雰囲気がある。
当時、一帯は武家屋敷だったようで、まさに山の手のお屋敷と言った感じだったのだろうか。
(左)水道橋方面。カーブの先には文字通り水道橋が架かっている。
(右)秋葉原方面。右手はJR御茶ノ水駅で正面の橋は聖橋。

お茶の水橋 お茶の水橋

アーチ型が特徴的な聖橋のアップ。その聖橋へと向かう。

聖橋

聖橋


聖橋の上に来た。橋を渡り真っ直ぐ靖国通りまで行くと小川町でスポーツ用品店街のあたりに出る。
この橋もお茶の水橋と同様に湯島と駿河台の間に架かっていて、両サイドにある湯島聖堂とニコライ堂という2つの聖堂が名前の由来であるという。
(左)正面が小川町方面。ちょこっと見える緑の屋根がニコライ堂。
(右)お茶の水方面。左手はJR御茶ノ水駅で奥に見える緑の橋がお茶の水橋。

聖橋 聖橋

(左)ニコライ堂の名で知られる東京復活大聖堂。
ロシア正教会の司祭ニコライの依頼によりジョサイア・コンドルが設計した明治期の建物だ。
しかし、関東大震災で損傷を受け現在の景観は当時とは異なるものだという。
(右)駿河台側の橋の袂に「淡路坂」の由来が書かれている。要は、近くに鈴木淡路守の屋敷があったらしい。
この鈴木さんが何者なのか知らないのだが、淡路町という地名にもなっている。

ニコライ堂 淡路坂

(左)再び、聖橋の上に戻り秋葉原方面。
右手の御茶ノ水駅から左にカーブして線路が延びるのがJR。眼下を走るのは丸ノ内線。
(右)左手には湯島聖堂の敷地が見える。

聖橋 聖橋

JRの線路は総武線が秋葉原駅に中央線が神田駅へと分岐していく。
総武線の陸橋の奥にチラッと見えるのは昌平橋。バックには秋葉原の電気街が頭をのぞかせている。
次は、聖橋から直接入っていける湯島聖堂に寄ってみる。

聖橋

<< 前へ   このページのTOP   神田川編トップ   23区歴史スポット   次へ >>