HOME(23区)神田川≪神田明神

神田明神は、神田・日本橋・秋葉原・大手町・丸の内など錚々たる商業地を氏子に抱える商売の神様だ。
年始に、境内を埋め尽くすビジネスマンの行列は風物詩ともなっている。
創建は天平と伝わる古社で、江戸時代には、江戸の総鎮守として重きをなした。
明治期には准勅祭社としての格式を誇り、現在まで東京を代表する神社の一つである。
大黒様や恵比寿様の他に平将門を祀る神社としても知られる。


≪ Chapter of kandagawa lineup ≫
東京都水道歴史館お茶の水橋聖橋湯島聖堂神田明神昌平橋万世橋神田ふれあい橋柳森神社和泉橋
美倉橋左衛門橋浅草橋柳橋


鳥居 天堅屋


参道の入り口には、天堅屋という店があり甘酒が名物だ。



(左)参道の先にあるのは、関東大震災で消滅、昭和50年に再建された「隨神門」。
(右)昭和9年製、鉄筋コンクリートの権現づくりだという「社殿」。

隨神門 社殿

(左)見ての通りの狛犬。
(右)獅子山 。享保年間の名工石切藤兵衛の作、「坂東三獅子」として有名なものだとかで、区の文化財になっている。

狛犬 獅子山

(左)よく見ると、ちっこい金色の少彦名命(恵比寿様)がいる。
(右)見たまんま、大黒様。高さ6,6メートル重さ約30トンだそうだ。

少彦名命 大黒様

(左)国学発祥の碑 。江戸時代の国学者「荷田春満」(賀茂真淵なんかの師匠筋らしい)が教場を開いたんだとか。
(中)銭形平次の碑。ここらに住んでる設定らしい。真上から見ないと分かりにくいが、寛永通寶のデザインになってる。
(右)神田明神資料館(斎館)。神田祭に関する資料を多く展示してるんだとか。

国学発祥の碑 銭形平次の碑 資料館

広大な境内とは、とても言い難いが、ここには、いわゆる「末社」がいっぱいある。
(左)魚河岸水神社。築地市場の守護神らしい。
(中)小舟町八雲神社。元は江戸城内吹上御苑にあったって書いてある。
(右)大伝馬町八雲神社。微妙に左右に見える、黒い天水桶は天保年間のものだとか。

水神社(魚河岸水神社) 小舟町八雲神社 大伝馬町八雲神社

(左)江戸神社。神輿が祭られている。
(中)浦安稲荷神社。
(右)一の宮・二の宮奉安庫。神幸祭で出動する鳳輦・神輿があるんだとか。

江戸神社 浦安稲荷神社 一の宮・二の宮奉安庫(鳳輦庫)

(左)三宿・金刀比羅神社。
(中)末廣稲荷神社。
(右)籠祖神社。籠造り職人の守護神だとか。

三宿・金刀比羅神社 末廣稲荷神社 籠祖神社

旧遠藤家 店舗・住宅


神田明神の境内に隣接する宮本公園に昭和の旧家が移築復元されている。
この建物は、千代田区の文化財に指定されているもので、江戸時代より神田鎌倉町で「井政」と言う材木商を営んでいた
遠藤家が昭和初期に建てた店舗併用住宅だそうだ。
また、遠藤家は神田明神の氏子総代であり繋がりの深い家柄ということらしい。

旧遠藤家 旧遠藤家

旧遠藤家 旧遠藤家 旧遠藤家

昌平坂


再び湯島聖堂の仰高門から外堀通りに出てきた。
湯島聖堂の塀に沿ってゆるっと上っているこの道が「昌平坂」であるらしい。
この後は、引き続き外堀通りを秋葉原方面(昌平橋)に向かう。



<< 前へ   このページのTOP   神田祭   23区歴史スポット   次へ >>