HOME(23区)神田川浅草橋・柳橋

≪ Chapter of kandagawa lineup ≫
東京都水道歴史館お茶の水橋聖橋湯島聖堂神田明神昌平橋万世橋神田ふれあい橋柳森神社和泉橋
美倉橋左衛門橋浅草橋柳橋


左衛門橋から見えていたように川沿いには、このような屋形船や釣り船の船宿が並んでいる。

浅草橋 浅草橋

浅草橋


浅草橋は寛永の時代から存在した橋で、文字通り浅草寺の門前橋であったという。
ここに江戸城防衛拠点の一つ浅草見附があり、そのゲートは浅草御門と呼ばれたらしい。
現在、浅草から蔵前を経由し江戸通りが走っていて、橋を渡ると日本橋馬喰町や東日本橋になる。
浅草橋・蔵前と言ったあたりは問屋街として知られるが、浅草橋には特に人形問屋のイメージがある。
(左)浅草見附跡の碑。
(中)旧浅草橋の由来板。浅草橋という町名は昭和9年に橋の名前にちなんで付いたものだとある。
(右)江戸橋通りの浅草橋人形問屋街。久月・秀月・吉徳など見覚えのある名前も見える。

浅草橋 浅草橋 浅草橋

(左)東神田方面。奥には左衛門橋がある。
(右)奥に柳橋があり、その先で隅田川との合流している。隅田川の対岸は両国だ。

浅草橋 浅草橋

緑色のアーチ型の橋が柳橋だ。

浅草橋

終点の柳橋はすぐそこ。引き続き神田川沿いを歩く。

浅草橋 浅草橋

柳橋


柳橋は元禄に架けられた橋で、一帯は船遊び客相手の船宿が多く、花街として栄え柳橋芸者が有名だったという。
名前の由来は、柳の木があったかららしい・・・やっぱりそうか・・・
現在も、隅田川に出て行くものと思われる船と船宿がある風景が残っている。
現在のアーチ型を描く柳橋のデザインは隅田川の永代橋がモデルとされている。
(右)風情のある船宿に見えるが佃煮の幟が立つ小松屋。けっこう人気店らしい。

柳橋 柳橋

浅草橋方面。正面奥の青い橋が浅草橋。

柳橋

(左)船宿の小松屋。佃煮屋の小松屋さんと親戚かなんからしい。

柳橋 柳橋

隅田川との合流地点。右側に架かる赤い橋は両国橋。

柳橋 柳橋

(右)柳橋の由来碑と案内板が立っている。
矢倉橋→柳橋、柳原堤にあった、袂に柳の木があった・・・実は名前の由来候補は3パターンあるようだ。

柳橋 柳橋

両国橋


両国橋の上に来た。
ここを走っているは京葉道路だ。
橋の右岸が東日本橋で、左岸が両国。
お約束のスカイツリーも見える。
正面に見える橋はJRの陸橋で、その奥に蔵前橋がある。
お茶の水から神田川流域を歩いてきた 今回のルートもここでゴール。
いづれ機会があれば水道橋上流にも足を向けたいと思う。



<< 前へ   このページのTOP   神田川編トップ   隅田川の橋編   23区歴史スポット