HOME(23区)神田川須田町・佐久間町・東神田

≪ Chapter of kandagawa lineup ≫
東京都水道歴史館お茶の水橋聖橋湯島聖堂神田明神昌平橋万世橋神田ふれあい橋柳森神社和泉橋
美倉橋左衛門橋浅草橋柳橋


神田ふれあい橋


ちょっと見逃してしまいそうな路地と路地の間に神田ふれあい橋が架かっている。
写真だと、秋葉原駅付近の神田佐久間町から神田須田町に渡る感じになる。
なんでも、新幹線工事用の橋が歩道橋として残っているものなんだとか。
橋の上から見える次の橋は和泉橋で、その上にあるのは首都高1号上野線。
右岸には、柳森神社と見える建物があるので、そこに行ってみる。



神田ふれあい橋 神田ふれあい橋

柳森神社


神田ふれあい橋を須田町方面に渡り、橋の上から見えていた柳森神社に来た。
太田道灌がいっぱい柳を植えて、そこに創建した神社だから柳森神社になったらしい。
境内には、神社にはよくある富士講の遺構や力石などがあるが、存在感を見せているのは狸たちだ。

柳森神社 柳森神社

狛犬のように立っている狸たち。
末社の一つに五代将軍綱吉の生母桂昌院が江戸城内に創建したとされる福寿稲荷があり、
それが「おたぬきさん」と呼ばれているんだとか。

柳森神社 柳森神社 柳森神社

狸だけじゃなくて狐もいた。

柳森神社 柳森神社 柳森神社 柳森神社

和泉橋


引き続き神田川沿いを進み和泉橋の上にきた。佐久間町と岩本町の間に架かっていて昭和通りが通っている。
橋の名前については付近に津藩藤堂和泉守の上屋敷があったこと由来するという。
(左)上野方面。正面に書泉ブックタワーがあり、このあたりまでが秋葉原という感覚だ。
(右)奥に見えるのは神田ふれあい橋。このあたりの神田川はビルの谷間という感じだ。

和泉橋 和泉橋

(左)浅草橋方面。次にある橋は美倉橋。
(右)日本橋方面の昭和通り(国道4号)。日本橋川には江戸橋が架かっている。上を走るのは首都高1号上野線だ。

和泉橋 和泉橋

佐久間公園というなんでもない小さい公園を通過。神田佐久間町三丁目の由来板が立っている。
(左)佐久間平八という材木商がいた事が佐久間町の名前の由来なんだとか。
(右)公園の片隅にある草分稲荷。江戸時代に板倉主計守の屋敷に祀られていた祠であるとか。

佐久間町 草分稲荷

住所は神田和泉町。和泉橋同様に藤堂和泉守に由来する町名だ。
日本通運の建物の隣に金網稲荷神社なるものがある。
江戸時代、日本通運のルーツとされる飛脚問屋の京屋弥兵衛が道中安全を祈願し祀ったものであるという。

金網稲荷神社 金網稲荷神社

美倉橋


神田川に戻り、この橋は美倉橋らしい。このあたりになると最寄り駅は秋葉原か浅草橋か微妙。岩本町もあるか。
神田佐久間町と東神田の間に架かっていて、通っているのは清洲橋通りなので道なりに行くと隅田川に出る。
名前の由来は近くに佐柄木町・本銀町・紺屋町という三つの蔵地(三倉)があった事が転訛したものだという。
川の景観は和泉橋から見るのと大差ないビルの合間。次の橋は左衛門橋。

美倉橋 美倉橋

左衛門橋


左衛門橋の住所は東神田だが、エリア的にはと浅草橋と馬喰町とも接する微妙なところにある。
ちょっと歩くと、すぐに千代田区だったり台東区になったり中央区に入ったりする。
(左)ここは東神田2丁目、橋を渡ると3丁目で、道路を渡ると馬喰町、橋を渡って道路も渡ると浅草橋。
(中)東神田三丁目の由来板。江戸時代には材木商や薪炭商が多い土地だったんだとか。
(右)旧浅草上平右衛門町、浅草左衛門町の由来板。まあ、そう言う町名だったんだ。

左衛門橋 左衛門橋 左衛門橋

左衛門橋の名前は庄内藩酒井左衛門尉の屋敷があったことに由来するらしい。
このあたりから隅田川の合流地点まで、このように屋形船や釣り船が係留された光景が続く。
奥に見える橋が浅草橋だ。

左衛門橋 左衛門橋

<< 前へ   このページのTOP   神田川編トップ   隅田川の橋編   23区歴史スポット   次へ >>