HOME(23区)<<神楽坂

≪ Chapter of usigome.kagurazaka lineup ≫
飯田橋駅神楽坂善国寺神楽坂若宮八幡神社光照寺筑土八幡神社赤城神社多聞院浄輪寺漱石公園
宗参寺誓閑寺来迎寺早稲田駅


筑土八幡神社を後にして大久保通りを歩くと、早稲田通り(先程の神楽坂通り)とクロスする。
交差点の表示は「神楽坂 坂上」なのだが、神楽坂通りのゆるっとした上りは、まだ続いている。
(左)大久保通り。「神楽坂上」交差点の手前あたり。
(右)「神楽坂上」交差点。「神楽坂下」に下りていく方面。

大久保通り 神楽坂上

大久保通りから、神楽坂通りへと戻り、その微妙な坂をまた上っていくと、まだ、同じような街並みが続いている。

神楽通り 神楽坂通り

赤城神社


引き続き神楽坂通りを進むと、ほぼ道沿いに「赤城神社」がある。
ルーツは鎌倉時代、大胡彦太郎重治なる豪族が牛込に移住してきた際に創建されたのだという。
その後、太田道灌が早稲田から牛込台に持ってきて、さらに牛込氏が現地に持ってきて・・・
要は、ここも牛込さんゆかりの場所らしいのだが、

赤城神社 赤城神社

再建されたばかりで、まだ、真新しい赤城神社の社殿。

赤城神社 赤城神社

赤城神社の近くには、「赤城坂」なんて坂がある。そのまんまのネーミングだ。
現在もそれなりに傾斜はあるが、当時は“峻悪にして・・・"と言うほど厳しい坂だったらしい。
神楽坂通りに戻ると、「東京メトロ神楽坂駅」付近に出てきた。

赤城坂 赤城坂 赤城坂 メトロ神楽坂駅

(左)このあたりになると神楽坂通りの商店街も終わりと言った感じで、通行人の減少も顕著になる。
ここまで、ざあ〜っと神楽坂の街並みを歩いてきた。
この神楽坂には、老舗・名店・人気店といったものもあったはずだが・・・良く知らない・・・
一車線だった「神楽坂通り」は、徐ろに普通の大っきい道路「早稲田通り」へと姿を変える。
(右)牛込天神町の交差点。写真では、左前が、早稲田方面、右前が、江戸川橋方面になる。

神楽坂通り 牛込天神町交差点

牛込天神町の交差点を左折し、早稲田通りをちょこっと逸れていくと「矢来町公園」があった。
ただの児童公園なのだが、「小浜藩邸跡」「杉田玄白生誕地」の碑が建っている。
ここに若狭小浜藩酒井(忠勝)家の下屋敷があったらしく、周囲の竹矢来が町名の由来となっているとある。
また、当時の邸内には小堀遠州作の庭があって、杉田玄白がここで生まれたとも書いてある。
この周囲には・・・他には・・・特に見あたらないので、とりあえず早稲田通りまで戻る。

矢来町公園 矢来町公園

早稲田通りを弁天町の交差点まで来た。正面が早稲田方面、クロスするのは外苑東通りだ。
ここでは、左折して、外苑東通り(市ヶ谷方面)に入っていく。
(右)右側にある次の目的地の多聞院を通り過ぎてしまって振り返ったところ。

弁天町交差点 外苑東通り

多聞院


外苑東通りに面している この多聞院は、寛永年間創建、奈良長谷寺系列の真言宗寺院だ。
(左)ここからの参道はやや上りのカーブ。途中に「吉川湊一の墓」なんてのがある。
(右)本堂の前は、ガラッとした駐車スペース。右奥が墓地になっている。

多聞院 多聞院

(左)参道の坂にある「吉川湊一の墓」。江戸後期の平家琵琶奏者だとか。
(中)墓地には、案内板のある「松井須磨子の墓」。大正時代の女優らしい。
(右)「御府内八十八ヶ所開基 正等大阿闍梨 百五十年供養塔」。墓もあるらしい。

吉川湊一の墓 松井須磨子の墓 正等大阿闍梨 供養塔

浄輪寺(関孝和の墓)


ここも外苑東通り沿い、多聞院の並びにある浄輪寺に来た。
入り口に「都史跡 関孝和墓」の標柱が立っている。
境内は、建物と墓地が近くて、やや窮屈な感じだ。

浄輪寺 浄輪寺

境内の奧に、江戸時代のカリスマ数学者関孝和の墓がある。
点竄術なるものを編み出して和算をレベルアップさせた・・・なんか、とにかくすごいらしい。
(右)「宝永五戌子十月二十四日卒」「贈従四位 時期明治四十年十一月十五日」 「法行院殿宗達日心大居士」
「姓藤原 諱孝和 称関新助」と書いてあるらしい。

関孝和の墓 関孝和の墓 関孝和の墓

外苑東通りの逆側を引き返し気味に歩くと、「宗参寺境内」なんて書いてある所に来た。
それで、入ってみたが、この弁天堂らしきものしかない。どうやら飛び地の境内らしい。
(右)外苑東通りをちょこっと逸れた所。「漱石公園→」とあるので行ってみる。

宗参寺 弁天堂 宗参寺 弁天堂 漱石公園

<< 前へ   このページのTOP   神楽坂編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>