HOME(23区)伊興

足立区の北側一帯は東京で最も埼玉に近い(片足入ってるくらい)地域の一つだ。
今回のエリア伊興の寺町は、関東大震災で、浅草・下谷・本所あたりから移ってきた寺院により形成されたものだという。
その歴史は古い物ではない・・・たぶん、それ以前となれば・・・というより・・・近年まで田圃と畑だったはずだ。
この23区シリーズ中、一番のマイナースポットと言っても過言ではない。
と、おそらく一般的に、これと言って印象のない所なのだが、とりあえずは、その寺町を回り、そこからは、たぶん、 足立区では一番有名な
寺である西新井大師へと向う。そんなルートだ。

≪Chapter of Ikou lineup≫
実相院長勝寺応現寺正安寺東陽寺常福寺易行院本行寺伊興遺跡公園伊興氷川神社
法受寺東岳寺白旗塚史跡公園炎天寺西新井大師



ここは、伊興“2.3"丁目の交差点・・・?
要は、境目にある交差点で、 左後方が二丁目、右後方が三丁目らしい。
ちなみに、正面の実相院は四丁目みたいだ。
今回は、まず、この実相院に入ってみる。



実相院


フルネームは「真言宗 豊山派 宝光山 実相院 横沼寺」らしい。
ここでは「横沼寺」ではなく「実相院」で通っているようだ。
いつ出来たのかは、はっきりしてないようだが、 「前九年の役」で奥州へ向かう源義家が戦勝祈願をしたなんて、
伝説があるらしいのでルーツはかなり古い。
正面に立つと、現在もちゃんとした山門があって、仁王像らしきものたちがいる。

実相院 実相院 実相院

本堂は、文永年間に火災で焼失し再建。明治になって改修されたものだとある。
(中)社に祀られている馬。
(左)鐘楼と本尊の観音様の由来碑らしきもの。

実相院 実相院 実相院

福寿院


実相院前の前で十字路になっている交差点を渡ると、
右手に福寿院があるが、なんか幼稚園みたいだ。
なので、道の反対側、伊興三丁目方向に向う。



道端に「足立区登録有形文化財 千葉次郎勝胤の墓 跡入口」なんてのが現れた。
路地を入っていくと、ほんとに“墓の跡"らしく案内板と石板しか残っていない。
なんでも、近くの長勝寺に移ったとの事なので、そちらに行ってみる。

千葉勝胤の墓跡 千葉勝胤の墓跡 千葉勝胤の墓跡

まだ所々畑の残っている足立区の小田舎「伊興」の街並み。
(左)このコーナーを曲がると長勝寺はもうすぐ。案内板には「六万部経塚」と書いてある。
法華経の題目が掘られた小石が埋まっているとかで、 長勝寺の初代住職によって始められたものなんだとか。

六万部経塚

長勝寺(千葉勝胤の墓)


その長勝寺に来た。
由来には、元和年間に宮城清左衛門吉重なるものが、主君千葉勝胤の菩提を弔うために建立したのだとある。
千葉勝胤は、下総を拠点とするのいわゆる戦国大名で、現在の足立区にもかなりの領土があったらしい。
ただ、不明な事も多い人物らしく、その死因についても、鴻ノ台合戦で討死とされるものの、確定的ではないようだ。

長勝寺 長勝寺

境内に入って左側にある、これが「千葉勝胤の墓」。
墓石は一見古そうに見えるが、記されているのは戒名ではなく実名で「千葉次郎勝胤墓」とある。
このタイプは、明治期になってからの神道のいうイメージなのだが、後世に建て直されたものかも知れない。

千葉勝胤の墓 千葉勝胤の墓 千葉勝胤の墓

応現寺


住所は伊興本町。ここ応現寺は伊興最古の寺院だと言う。
創建は不明らしいが、最古と言うのだから相当古いところまでルーツを追えるんだろう・・・
現存する建造物では、山門の四脚門が、寛永年間のもので区内最古の木造建築だとある。

応現寺 応現寺

山門をくぐり参道を進むと正面が本堂。まあ、普通か・・・
(右)時宗の開祖とされる一遍像。

応現寺 応現寺 応現寺

この後は、伊興寺町の中心部へと向っていく。


23区歴史スポット   次へ >>