HOME日帰り歴史スポット23区池上本門寺

<< Today's Lineup >>
池上駅池上本門寺大坊本行寺池上梅園実相寺真性寺西之院厳定院南之院理境院
本妙院本成院中道院常泉院照栄院永寿院展望台池上駅


大坊坂を下った辺りはすでに本行寺のテリトリーであると思われる。
周囲は墓地で大名家や絵師の流派で有名な狩野派のものが多くあるようだ。
(左)紀州家徳川の墓所。
初代頼宣の生母で家康の側室「お万の方」や、正室で加藤清正の息女「瑤林院」と言った名前が出ている。
「瑤林院」は、先程本門寺の鐘を寄進した人としても登場していた。
(右)狩野考信の墓所と案内板が立つ。
狩野永徳の次男で、次の代で江戸期の鍛冶橋家、木挽町家、中橋家として枝分かれしている。

紀州家 狩野考信

(左)「狩野宗家累代墓」とある墓石には、「本門寺」の子院「南之院」の寺紋がある。
(中)この徳利型の墓は狩野探幽のもの。狩野孝信の長男で鍛冶橋狩野家の祖。
(右)本門寺の宝塔(日蓮聖人御荼毘所)。文政11年に再建されたものだとある。

狩野家 狩野探幽 宝塔

歴代墓所とある。第4世日山聖人以後の歴代貫首を祀っているものらしい。

歴代墓所 歴代墓所

(左)播磨三日月藩森家の墓所。初代の森長俊以下のものだと思われる。
眼下に本行寺の境内が見えてきた。

三日月藩森家 本行寺

大坊本行寺


本行寺

「宗祖日蓮大聖人御入滅之霊場」の碑が建つ本行寺の境内に入ってきた。
日蓮聖人が生涯を閉じた館を池上宗仲が寄進したことが本行寺の由来だとある。
ゆえに、本行寺のテリトリーは旧池上居館跡地と言うことになるらしい。
通称の“大坊"というのは、本門寺系列寺院の筆頭格と言った意味合いだという。



(左)墓域から本行寺の境内へと下りていくところ。
(右)日蓮が墨を摺するのに使用した霊水だという御硯井戸と毘沙門堂。

本行寺 本行寺

(左)旅着高祖日蓮大菩薩だとある。
(右)宗祖御灰骨堂だとか。

本行寺 本行寺

(左)赤門(山門だろう)から出たところ。先程の大坊坂を真っ直ぐ下りるとここに来るらしい。
(右)境内に戻り、正面には昭和56年改修だという本堂がある。

本行寺 本行寺

(左)本堂の屋根の彫り物。定番の鵬と龍。
(右)本堂の側面にある建物には「日蓮聖人入滅の旧跡」の案内板が立つ。

本行寺 本行寺

(左)「御臨終之間」と見える。
中に入り裏手に回るとガラス越しに裏庭(中庭?)が見える。

本行寺 本行寺 本行寺

実相寺


池上梅園の矢印がある方向に本行寺を出る。
出た先には、実相寺や真性寺といった子院があるが、
とりあえず、後回しにして池上梅園に行ってみる。



池上梅園


大田区立の池上梅園に着いた。
昭和58年に開園されたもので、梅が368本植えられているんだとか。
名前から分かるとおり梅の名所らしいのだが・・・見ての通り梅は・・・ほぼ終わってる。
(左)入口正面には、見晴らし台になっている土手がある。
(右)見晴台からの眺望。第二京浜の向こうに街並みが広がるが高さが中途半端で一望と言う感じでもない。

池上梅園 池上梅園

土手を下りて敷地の奥に進むと茶室や和室、燈篭、門、石塔などのある庭園風景がある。
(左)清月庵という茶室。
(右)奥に薬医門があるが閉ざされている。

池上梅園 池上梅園

和室と定番の錦鯉が泳ぐ池。

池上梅園 池上梅園

(左)水琴窟。奥に見えるのは、政治家藤山愛一郎が所有していた茶室「聴雨庵」だとか。
戦時中、東条内閣打倒密議が岡田啓介・米内光正らを集めてこの中で行われたなんてエピソードがあるらしい。
(中)石塔。
(右)土手下で粘り強く咲いている梅。

池上梅園 池上梅園 池上梅園

<< 前へ   このページのTOP   池上編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>