HOME(23区)向丘

≪Chapter of Mukougaoka lineup≫
本郷編から→ 西教寺願行寺西善寺正行寺浄心寺大円寺栄松院大林寺海蔵寺瑞泰寺光源寺
蓮光寺養源寺徳源寺常徳寺高林寺東都六地蔵二番目



このあたりから「旧駒込蓬莱町」エリアだ。
仙人が住む伝説の蓬莱山にあやかったネーミングだという。
現在の向丘二丁目の範囲にほぼ重なるように見える。
明治5年〜昭和40年にかけて使用された町名だと言うが、
やはり、駒込なのか・・・



大円寺


浄心寺を出て、本郷通りを一丁目サイドにまた渡って、ちょっと先に行って・・・旧白山通りの方にちょこっと・・・
とにかく、駒込編でも訪れた八百屋お七高島秋帆ゆかりの大円寺に来た。
(左)“村上源氏北畠姓"と言う文字が目に付いたのだが、伊勢の北畠一族である星合家の墓所らしい。
織田信長の伊勢攻略後、織田信雄の家臣になり、次の織田秀雄の代には家老にまでなった一族だとか。
一応、もっともらしく言ってみたが、ほんとは、聞いたことなかった。
(中)丹波屋の墓。墓地の入り口に位置が示してあったものの一つなのだが、なんの“丹波屋"なんだか不明。

星合家の墓所 丹波屋の墓 大円寺

本郷通りをちょっと引き返す。
(左)本郷通り沿い長元寺の塀。信号を渡って、そのまま左に入っていったところが(右)とんがってる建物は専西寺。

長元寺 専西寺

大林寺(松平太郎の墓)


専西寺の向いにあるのは、曹洞宗大林寺
入り口を真っ直ぐ行った突き当たりには、鐘が下がっていそうで、何もない(右)が・・・
そこから、左に行くと本堂らしき建物がある。

大林寺 大林寺 大林寺

ここには、南千住の円通寺から移ってきた松平太郎の墓があると言うのだが、“松平家之墓"とあるのでこれだろう。
榎本武揚をトップとする函館政権で副総裁に選出された人物だ。
ちなみに、円通寺の方にも墓石は残っていた。

大林寺 大林寺

海蔵寺(身禄行者の墓)


次は、となりのとなりにある海蔵寺に来た。
案内板には「身禄行者の墓」があると書いてある。(右)がそれで、いわゆる富士塚に載っかっているような感じだ。
なんでも、伊藤伊兵衛なる元禄期の行者の事で富士山で死の断食を行った強者らしい。
神社に良くミニ富士山や富士講の碑があるが、その富士山信仰の中興の祖なんだとか。
そう言えば、今日も願行寺に富士講の碑があった。

海蔵寺 身禄行者の墓

(左)“追手風"と言うのは相撲の年寄名跡の事らしい。なのでたぶん歴代の“追手風"がいるんだろう。
辛うじて聞いたことある名前としては“雲山玄龍居士"とあるのが幕末期の10代横綱雲龍久吉であるようだ。
土俵入りの型で雲龍型とか不知火型とか言うのがあるが、その“雲龍"ことらしい。
ここには、相撲関係の墓が、もっといくつもあるらしいが、正直見てもわからない。
相撲関係に限らず、マイナー著名人も結構いそうなのだが・・・なんか変な日本語・・・。
(右)雰囲気のある本堂と社務所らしき建物。

追手風の墓所 海蔵寺

追手風の墓所 海蔵寺


水戸藩士で学者立原翠軒の墓所。
彰孝館総裁として休止状態だった
「大日本史」編纂を再開させた人物。
これが天明から寛政年間あたりの話で、 結局、この「大日本史」が完成したのは明治39年。
水戸光圀がスタートさせてから、
通算250年を要した事業だった。



江戸時代に“四軒寺町"と呼ばれていたという通りに出てきた。
単に、瑞泰寺・栄松院・清林寺・光源寺と、この道沿いに四軒の寺があるかららしい。
正面には、まず、浄土宗清林寺が見える。今回は、浄土宗が多いか・・・この四軒ともそうか。
江戸三十三箇所八番目とあるので、よくある観音さま巡りの寺ってことだ。
ちなみに、先ほどの浄心寺が10番目で、大円寺が23番目だったらしい。

清林寺 清林寺

栄松院(初代 松本幸四郎の墓)


次に向って左隣の栄松院に来た。
ここには、薩摩浄雲初代 松本幸四郎の墓が並んで建っている。
薩摩浄雲とは??なんか、江戸浄瑠璃の開祖と書いてあるから、まあ、そうなんだろう。
初代 松本幸四郎は、江戸時代中期の歌舞伎役者で、“松本幸四郎"は現在(九代目らしい)まで続く名跡。

栄松院 栄松院

瑞泰寺(東都江戸六地蔵一番目)


更に左隣の瑞泰寺に来た。
ここには、「東都六地蔵の一番目」(昭和再建らしい)なんてのがある。
西日暮里の浄光寺に三番目のがある元禄期のシリーズだ。
入り口の門柱には、ちょっと変わった“象の像"がある。
変わったと言っても象自体は正統派の象の造形で、まあ、こんな所には、あんまりいないだろうって事だ。
ちゃんとと言うべきか?耳が小さいのでインド象だ。

瑞泰寺 瑞泰寺
瑞泰寺 瑞泰寺

六地蔵の足下で昼寝に落ちる寸前(推定)の猫を横目に瑞泰寺を後にする。
右が、寺を出たところ。正面は本郷通り方面だが、そっちには行かずに引き返す。
先ほどの栄松院清林寺と通過し四軒寺町最後の4つ目は光源寺だ。

瑞泰寺 向丘二丁目

光源寺(明珍本家の墓)


その光源寺へと来た。慶安年間に神田から引っ越し来た寺院だという。
境内に入ると、正面が本堂、右手には「駒込大観音」なるものがある。

光源寺 光源寺

案内板には「明珍本家の墓」について書かれている。
平安時代から続く明珍派という、甲冑師、鐔工師の流派があるらしい。
ここには、寛政年間に幕府のお抱え甲冑師となったその「明珍本家の墓」があるんだとか。
(中)これが、それで、54世〜60世あたりの明珍さんがいるらしい。
(右)函館政権で荒井郁之助らともに海軍を率い、軍艦“回天丸"の艦長だった甲賀源吾の墓。
“回天丸"を旗艦とした艦隊で、新政府軍の軍艦“甲鉄"奪取を目論んだ“宮古湾海戦"において戦死している。
墓誌には、“宮古湾戦死年三十一"と記されている。

光源寺 明珍本家の墓 甲賀源吾の墓

(左)この奧に金ぴかの十一面観音像が立っている。
あとは、その周辺にある石仏たち。

光源寺 光源寺 光源寺 光源寺

<< 前へ   このページのTOP   向丘編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>