HOME(23区)向丘

本郷編につづいて本郷通りにいる。左側は旧白山通りへと入る道で、右側の東大の敷地は農学部に変わっている。
このあたりから「向丘」地域に入っていく。なんでも、上野から見て“向こうの丘"らしいのだが。
今回訪れるのは、概ね、向丘二丁目がエリアになるのだが、そのほんどは、旧町名で言うと“駒込蓬莱町"になるらしい。
そうなると、エリアで言えば、駒込編にする方が妥当だったのかも知れないか・・・
道路の対岸にある「高崎屋」は「SINCE 1751」とあるとおり江戸時代から営業しているの酒店。
両替商も兼ね、“現金安売"の手法で繁盛したのだとある。ディスカウントストアみたいな事か?
また、店の側面には「追分一里塚」の案内板がある。
中山道一番目の一里塚で、中山道と旧岩槻街道の分岐点にあたるんだとか。

高崎屋 高崎屋 追分一里塚跡の案内板

≪Chapter of Mukougaoka lineup≫
本郷編から→ 西教寺願行寺西善寺正行寺浄心寺大円寺栄松院大林寺海蔵寺瑞泰寺光源寺
蓮光寺養源寺徳源寺常徳寺高林寺東都六地蔵二番目


そのまま本郷通りを進むのが、旧岩槻街道にあたる。
“将軍御成道"と言われ、将軍が日光東照宮に参拝する際に通った道だと書いてある。
この後は、東大農学部の壁伝いに歩き、本郷通りを少し逸れた所で、今回の寺町編、最初の寺が姿を見せる。
最寄り駅で言うと、南北線の「東大前」なんてのがあるあたりだ。
(右)東大農学部正門。江戸時代には水戸藩中屋敷であったと思われるエリアだ。

東大農学部正門

西教寺(赤門)


と言うわけで、トップバッターは、本郷通りから右にちょこっと入った所にある、ここ西教寺だ。
比較的こぢんまりとした印象だが、寛永年間に江戸に引っ越してきた浄土宗寺院らしい。
赤い表門は、酒井雅楽頭(酒井忠惇か)の屋敷から明治になって移築されたもので区の文化財。
鐘楼も江戸時代製、本堂が明治期のものだとかで、それなりに古いものが残っている。

西教寺 西教寺

願行寺


その先にあるのが、また浄土宗の願行寺だ。山門には“東京大学禅会道場"なんて札がかかっている。
ここも江戸時代、天和年間になって引っ越してきたらしい。
西教寺は本堂前のスペースがほとんどない状態だったが、ここは境内のスペースにちょっと余裕がある感じだ。
(右)とりあえず、本堂は入って右手にある。

願行寺 願行寺

(左)山門の奧にある「出世不動尊」。誰が出世したのかと言うと、俊翁なる修行僧の話らしい。
(中)嘉永年間の富士講の石碑。駒込、谷中と見えるので地元の富士山信仰のモニュメントってことだろう。
(右)天保年間の宝篋印塔。

願行寺 願行寺 願行寺

願行寺を出たところ向丘二丁目だ。道を挟んで東大の敷地側は弥生一丁目。
前の道をしばらく歩くと日本医大の敷地前に「夏目漱石旧居跡」なんてのがある。
イギリス帰りの夏目漱石が、現在の東大で教職に付きながら、ここで作家デビューしたらしい。
その12年前には森鴎外も住んだとある。
(右)案内板によると、「吾輩は猫である」の舞台として“猫の家"と呼ばれたんだとか。その猫?

願行寺 夏目漱石旧居跡 夏目漱石旧居跡

浩妙寺


だあ〜っと来た道を引き返し、
適当に本郷通りへと戻ってきた。
更に道路の反対側に渡ったところ。
かなりアバウトだが・・・
対岸に見える浩妙寺には行かず、
わざわざ渡って来たので、こっち側のお寺に入ってみる。



西善寺(近藤重蔵の墓)


どうも消防法の関係上、こういった近代建築が増えてるらしい。
とても寺には見えない気がするが西善寺と言う真宗の寺院だ。
一見なにもなさそうだが、奧に墓地があって、江戸時代の幕臣で蝦夷地探検家近藤重蔵の墓があった。
この後登場する最上徳内と択捉島に渡って「大日本恵土呂府」の標柱を建てたなんて書いてある。

西善寺 近藤重蔵の墓

正行寺(とうがらし地蔵)


となりのお寺に来た。浄土宗の正行寺だ。
案内板によると、「せき止めの とうがらし地蔵」なるものがあるようだ。
(右)これらしい。昭和に再建されたものだとか。

正行寺 正行寺 とうがらし地蔵

向丘一丁目の交差点だ。道を挟んで一丁目と二丁目なのだが。
写真は振り返ったところなので、正面奧が今歩いてきた方向、左手は根津神社方面だ。
わざわざ対岸に渡ったのだが、ヘンテコな石像?が見えてきたので、そっちに行く。

向丘1丁目 浄心寺

浄心寺(でっかい布袋)


ここは、元和年間、湯島に創建されたと言う浄心寺だ。
お寺のHPには、“八百屋お七の振り袖火事として知られる江戸の大火により焼失し、現在の地に移転・・・"とある。
たぶん、通常“振り袖火事"と言われる“明暦の大火"の事を指すものと思われる。
しかし、お七は、“天和の大火"で焼け出されたのであって、その後の放火も大火にはならなかったらしいので・・・
などと、どうでも良い事をつっこんでみたのは、単に次に行くのが、その“八百屋お七"ゆかりの大円寺だからだ。
浄心寺の公式HP
(左)どう見ても布袋さんだが、でっかい・・・まあ、目立つ。
(中)“春日のお局さんの御愛祈のお地蔵さん"と書いてある。
(右)中曽根康弘氏寄贈の鐘だとある。

浄心寺 浄心寺 浄心寺

本堂の造りは、なんとなく目黒不動を思い出した。

浄心寺 浄心寺

本堂から、本郷通り方面を見下ろす。特にどうというともないか。

浄心寺 浄心寺

<< 本郷編   このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>