HOME(23区)本郷

≪Chapter of Hongou lineup≫
本郷三丁目真光寺跡菊坂金魚坂本妙寺坂炭団坂鐙坂伊勢屋質店鳳明館東大赤門
法真寺太栄館求道会館本郷館向丘編へ


このあたりは“本妙寺坂"と言うらしい。坂を下りると菊坂とクロスし、更に奧へと坂が延びている。
写真での立ち位置あたりには「真砂遺跡」の案内板がある。
“遺跡"なんてあるから、古代の土器とか埴輪とか、そんなのが発掘されたんだろうと思ったのだが、
読んでみると、唐津藩中屋敷や上田藩中屋敷と言った江戸時代の武家屋敷の跡地なんだとか。
奧の上り坂の方には「本妙寺跡と明暦の大火」というタイトルの案内板がある。
いわゆる“振袖火事"の火元とされた寺のことだが、お寺サイドでは火元身代り説を表明しているようだ。
その「本妙寺」は、現在は巣鴨にあって遠山の金さん千葉周作などの墓があることでも知られる。
本妙寺の公式HP

本妙寺坂


菊坂通りに戻ってきた。
(左)もしかしたら人気商品なのかも知れない“菊坂コロッケ"。店先で食べているグループも見かけた。
(中・右)「長泉寺」だとか。階段の奧に山門が見える。境内には特にこれと言って印象に残るものはなかった。

菊坂コロッケの店 長泉寺 長泉寺

菊坂に戻る。今度は「宮沢賢治旧宅跡」の案内板が立っている階段を下りていく。

宮沢賢治旧宅跡付近

“炭団坂"なんて坂を上ってきた。
左側の日立本郷ビルの前に「坪内逍遙旧居・常磐会跡」の案内板が立っている。
常磐会というのは、逍遙が引越したあとに出来た寄宿舎で正岡子規なども住んだとある。
右の年季の入ったお屋敷の先には「文京ふるさと歴史館」がある。

炭団坂

「文京ふるさと歴史館」は、まあ、どこの区にもあるような小振りで地味な資料館だ。

文京ふるさと歴史館 文京ふるさと歴史館

“炭団坂"の上まで戻り、ちょっとした崖沿いって感じの小道を歩く。
(左)このビルがたぶん、坪内逍遙旧居と常磐会跡地なんだろう。
(中)振り返ってみたところ。位置的には正面奧から左奧にかけて炭団坂の階段がある。
(右)コーナーを右折して“鐙坂"手前の路地。行き止まりだ。

日立本郷ビル

これがその“鐙坂"。古めかしい家屋が纏まって残る一画だ。
坂の途中には「金田一京介・春彦 旧居跡」の案内板がある。

鐙坂 鐙坂 鐙坂

“鐙坂"途中の路地にちょこっと入っていくと、壁と民家で圧迫感抜群のこの光景が出現。
更に、左手の階段を下りると「樋口一葉 旧居跡」らしきところに出る。
右の写真がそれで、一葉も使用していたと言う手前の井戸はまだ現役だ。
ガイドブックなどでお約束となっている本郷を代表的するスポットの一つだ。



“菊坂"に戻ると、また、樋口一葉関連のものが現れる。
明治の建物だと言うこの建物は「伊勢屋質店」(既に廃業)、要は樋口一葉が通い詰めた店なんだとか。
11/23の一葉忌の日に内部が一般公開されている。

伊勢屋質店 伊勢屋質店

<< 前へ   このページのTOP   本郷編のTOP   23区歴史スポット   次へ >>