HOME(23区)<<芝・愛宕<<浜離宮庭園

今回の芝・愛宕編では、徳川将軍家の別邸「浜離宮庭園」、徳川家の菩提寺「増上寺」、家康の命により創建されたという「愛宕神社」など
徳川家とゆかりの深いエリアを回っている。
駅で言うと、新橋か築地あたりから浜離宮に入り、汐留方面へ出て、そこから増上寺と芝公園周辺は浜松町、大門、御成門と言った駅が
近い、最後の愛宕付近は神谷町か虎ノ門が最寄り駅だ。
現在では、東京タワー(今回は行かない)のお膝元というイメージがあるが、歴史的な名所の多いエリアでもある。
※例によって写真の季節が様々であるが、実際に一日で回れる。


≪ Chapter of Siba.Atago lineup ≫
浜離宮芝離宮芝大神宮増上寺芝東照宮妙定院金地院青松寺NHK放送博物館愛宕神社栄閑院


旧浜離宮恩賜庭園


ここ浜離宮は、将軍家の別邸や皇室の離宮としての歴史を持つ、とても由緒ある場所だ。
現在は、東京都の管轄になっていて、国の特別名勝及び特別史跡に指定されている。
特徴は、東京湾河口にあって海水の干満を利用した潮入りの回遊式築山泉水庭であることだ。
現在、このような庭園では、水質の問題などからポンプによる水の供給が主流らしく非常に珍しいのだとか。
ここには、将軍家による鷹狩が催されていた歴史もあり、都心に遺る大名庭園の中でも広大なフィールドを誇る。
正月に催される諏訪流放鷹術の模様


周囲を外濠のように囲む築地川を渡り、メインゲート大手門へ向かう。
この大手門という名前に堀と石垣、あたかも城の遺構のようだ。

堀 大手口

新銭座鴨場


園内に2つある鴨場の一つが新銭座鴨場だ。
鴨場とは、文字通り鴨を採るために作った池であるらしい。
なんでも、餌で囮のアヒルをおびき寄せ、ついてきた鴨を土手の陰から網ですくうのだとか。
周囲には、のぞき穴のついた小屋があり、説明版には大覗とか小覗などと書いてある。

新銭座鴨場 新銭座鴨場 新銭座鴨場

鴨池に鴨の姿は見えないようだが・・・

新銭座鴨場 新銭座鴨場

潮入りの池


この庭園で中心的な景観を形成しているのが潮入りの池だ。
今となっては珍しいという海水の池には、茶屋が設けられ橋が掛けられている。
(右)池を突っ切る「お伝い橋」。お約束のようにみんな“お手伝い橋”と誤読している。
橋の中頃には「中島の御茶屋」があり、バックに聳えるのは汐留のビル群だ。

潮入の池 お伝い橋

復元され営業している「中島の御茶屋」。当然、池を見ながら抹茶を飲むところだ。
池に張り出したデッキからは、潮風と開放的な景色が楽しめる。

潮入の池 中島の御茶屋

築山の上から池を望む。樹木に囲まれ、さらにバックのビルに囲まれているように見える。
(左)富士見山と言うからには・・・と思ったが、富士山は見えなかった。刮目すればあるいは・・・
(右)御亭山からは東京タワーが見える。

潮入の池 御亭山

江戸時代(11代家斉の頃らしい)、池の周りには、他にも茶屋がいくつかあったようで案内板が立っている。
(左)2011年に復元された松の茶屋。松が多かったとか、松が書いてあったからと言う説があるらしい。
(右)鷹の茶屋跡の立て札。鷹狩りの際の休憩所だったって書いてある。

潮入の池 鷹の茶屋跡

(左)東京湾へのゲート。ここを水上バスなどが行き来している。
(右)浅草まで隅田川を下っていく水上バス。様々なタイプの船がある。

隅田川のゲート 隅田川のゲート

(左)昔から潮の満ち引きを演出しているのだという水門。
(中)将軍お上がり場だとか。ここから将軍様一行は上陸したらしい。

水門 将軍お上がり場

水門から潮入りの池までの水が通っている横堀と、そこに架かる「海手伝い橋」。
対岸には、庚申堂鴨場の“覗き”が見える。

横堀と海手伝い橋

庚申堂鴨場


この庚申堂鴨場でも同じように鴨猟を行っていたらしい。
小覗(左)で様子を見ながら、引堀(右)に鴨を引き入れて捕まえるらしい。

庚申鴨場 庚申鴨場 庚申鴨場

池が直接覗けるこの小屋は大覗と呼ばれるもの。こちらの池では鴨らしき鳥類が多数確認出来る。

庚申鴨場 庚申鴨場 庚申鴨場

ここの池は、先ほどの新銭座鴨場よりも大きい。鴨らしき鳥は島の上にいる。

庚申鴨場 庚申鴨場

(左)汐留のビルをバックに咲く菜の花(だと思う)。
(右)稲生神社としかわからない。

菜の花 稲生神社

(左)延遼館跡。幕末・明治に迎賓館として活躍した建物のあった場所だとか。
(右)もう一つの入場ゲート「中の御門」を出る。

中の御門 中の御門


浜離宮を中の御門から出て(汐留方面)浜松町に向かう。
この汐留川の先は東京湾に続いていて、 浜離宮が全体を堀で囲まれている事が分かる。
次の目的地は徒歩15分ほど(そう書いてあった)の場所にある旧芝離宮庭園だ。



このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>