HOME(23区)<<世田谷<<松陰神社・最勝寺

≪Today's lineup≫
豪徳寺駅世田谷八幡宮豪徳寺世田谷城址公園勝光院世田谷代官屋敷松陰神社松陰神社前駅
三軒茶屋駅最勝寺三軒茶屋駅


世田谷駅付近の世田谷通りに出てきた。
道路の向こう側にある「円光院」というお寺を、チラッと覗いてみる。弘法大師がいるので真言宗らしい。

円光院 円光院 円光院

となりの「大吉寺」にも、ちょこっと入ってみる。
江戸時代の有職故実研究家「伊勢貞丈」なる人物の墓があるらしいが見なかった。
(右)由来もなにもわからなかったが、戦国武将浅井長政ゆかりの石らしき事がかいてあった。

大吉寺 大吉寺 大吉寺

また、東急世田谷線の踏切を渡る。やはり、ローカル線の風情とは裏腹に本数が多いように思える。
この先には、税務署、区役所・図書館などの公共施設が連なる。

東急世田谷線 東急世田谷線

(左)どん暗い印象の世田谷区役所の建物と、そこにある池(中)。
(右)その先には、国士舘大学が見えてくる。このコーナーを左折し、松陰神社通りへと進む。

世田谷区役所 世田谷区役所 国士舘大学

松陰神社通り沿い、若林公園を横目に松陰神社を目指す。
公園の端っこあたりに壁に仕切られた一画があり、忽然と桂太郎墓所が現れる。
日露戦争時の首相として有名な人物だが、遺言で松陰神社の隣に葬られているらしい。

若林公園 桂太郎墓所

とりあえず、奥に言ってみると、まず「桂家之墓」があって、その先に「公爵桂太郎之墓」がある。案外、普通の墓。

桂太郎墓所 桂太郎墓所

松陰神社


松陰神社


名前の通りで、当たり前なのだが、
安政の大獄で刑死した思想家吉田松陰を奉っている。
吉田松陰は、はじめ南千住回向院に葬られるが、 門下生の高杉晋作伊藤博文などにより、この地に改葬される。
なぜ、あえて井伊直弼の菩提寺の近所なのかと思ったが?
江戸時代には、長州毛利藩の別邸であったとあるので、
どうも、単に、土地の融通がきいたからっぽい。
松陰神社として創建されたのは、明治になってからで、
現在の社殿は、昭和のものだそうだ。

松陰神社のホームページ



松陰神社

(左)旧大山道にあった道標。乃木希典による寄進とある。隣は吉田松陰像。
(右)やや、地味な印象の社殿。

松陰神社 松陰神社

(中)絵馬。現在は、学問の神様として受験生にも人気があるんだとか。
(右)境内の石灯籠の奉納者は、松陰ゆかりの人々で、長州の大物の名が並んでいるらしい。
毛利元昭、山縣有朋、伊藤博文、井上馨、桂太郎、木戸孝正、乃木 希典、寺内 正毅...etc。

松陰神社 松陰神社 松陰神社

境内には、松下村塾のレプリカがある。

松下村塾 松下村塾 松下村塾

(左)の鳥居をくぐると墓地、なのだが、神社に墓地?
実際、神式の墓地はあるはずのだが、霊園以外では、あんまり見た記憶がない。
(中)この木戸孝允寄進だという鳥居をくぐると吉田松陰の墓地があるテリトリー。
(右)長藩第四大隊戦死者招魂碑。この隊の二番隊司令だった桂太郎によって建立されたとある。

松陰神社 松陰神社 松陰神社

「吉田松陰先生他に烈士墓所」とある。徳川家奉納と表示のある石燈籠と水盤(右)がある。
墓は、向かって左から、
綿貫治良助、福原乙之進、来原良蔵、吉田寅次郎、小林良典、頼三樹三郎、長州藩邸没収事件関係者慰霊碑
要は、松陰(吉田寅次郎)と志を同じくした、尊皇攘夷派のメンバーと言う事なんだろう。

吉田松陰他の墓 松陰神社

松陰神社をあとにする。
この先の松陰神社通りは、「松陰神社前駅」に続く、ここも閑散とした休日の駅前商店街だ。

松陰神社 松陰神社通り

「松陰神社前駅」から、この日始めて東急世田谷線に乗る。しかし、終点「三軒茶屋駅」までは、あっという間だった。
ここで、終わりの予定だったが、電車から見えた目青不動尊にちょっと寄ってみる。

松陰神社前駅 松陰神社前駅 三軒茶屋駅

最勝寺 教学院(目青不動尊 大久保氏墓所)


教学院


その目青不動尊は、最勝寺と言う天台宗の寺院で寛永寺の系列みたいだ。
通称として「教学院」や「目青不動」があるらしい。
三軒茶屋駅のすぐ近くにあるのだが、住所としての三軒茶屋は線路の反対側で、
商店街などはここから見て駅の向こう側になる。
創建については、鎌倉時代にルーツを求める説と、江戸時代説があるみたいだが、
この地には、明治になってから移転したものらしい。



これが、目青不動のいる不動堂。どうも秘仏で非公開っぽいのだが、とりあえず不動明王は見える。
でも、網が邪魔なのか、写ってないなあ。

目青不動 目青不動

(左)本堂と、(右)境内の石造物群。

教学院 教学院

墓地には、江戸時代の大名、大久保家の墓が多数存在する。
(左)下野烏山藩、歴代藩主の墓。
この、墓所の裏手というか隣接して、小田原藩 大久保家のテリトリー(右)がある。
こちらの方には、人があまりこないらしく蜘蛛の巣が絡みついてくる。
さらに、荻野山中藩 大久保氏墓所もあるらしのだが気がつかなかった。

烏山藩 大久保家墓所 小田原藩 大久保家墓所

三軒茶屋駅


再び、三軒茶屋駅へと戻ってきた。
今回は、これで終了。
東急世田谷線もここまで、地下鉄のホームに向う。



<< 前へ   このページのTOP   23区歴史スポット