HOME(23区)<<世田谷<<勝光院・世田谷代官屋敷

≪Today's lineup≫
豪徳寺駅世田谷八幡宮豪徳寺世田谷城址公園勝光院世田谷代官屋敷松陰神社松陰神社前駅
三軒茶屋駅最勝寺三軒茶屋駅


世田谷城址公園


豪徳寺のとなりには、世田谷城址公園して遺構の一部が保存されている。
豪徳寺のあたりから続く、この世田谷城の遺構は、室町、戦国期を通して「吉良家」の支配下にあった土地だ。
吉良家は小田原北条氏の旗下に入り、その最後は、豊臣秀吉小田原征伐により廃城となっている。
この吉良家というのは、足利氏の流れを汲む源氏の名門で、 系図上、足利(吉良)長氏と言う人物のところから、
あの忠臣蔵の敵役、吉良上野介の吉良家や今川義元の今川家、そして、この吉良家の系列とに分岐しているらしい。

世田谷城址公園 世田谷城址公園 世田谷城址公園

土塁っぽいのや空堀っぽいのが、一応残ってはいるので、城の縄張りの一部であったことは想像できる。
ただ、微妙な公園整備とフィールドの狭さで、遺構としても公園としても散歩コースとしても中途半端な印象だ。

世田谷城址公園 世田谷城址公園

公園の前は、城山通りという商店街、休日のせいか閑散としている。

城山通り 城山通り

「宮の坂駅」と「上町駅」間の踏切。また、東急世田谷線の通過待ちってこと。
この後、閑静な住宅街を、やや右往左往しながら、一瞬迷いかけながら、次に向うのは吉良氏の勝光院だ。

東急世田谷線 東急世田谷線 東急世田谷線

勝光院(吉良氏墓所と竹林)


ここは、この一帯の支配者だった「世田谷吉良氏」の菩提寺だ。
創建は吉良治家という人物によるもので、時は後醍醐天皇が一瞬の覇権を握っていた建武の世だ。
その後、吉良氏は、戦国の世には、北条氏の旗下に入り、徳川の世には、旗本として生き残こる。
そして、この勝林寺もまた、吉良氏菩提寺としてのステータスを保持していくことになる。
参道らしき直線のに入ると、すぐ左側に墓所への入り口がある。

勝光院 勝光院

その吉良家墓所。ここに並ぶ、宝篋印塔は「吉良義祗」以降の旗本吉良家のものらしい。

吉良家墓所 吉良家墓所

山門の横にある、この竹林が、この寺の名物なんだとか。いわゆる“孟宗竹"ってやつだろう。

勝光院 勝光院

境内に入り、左向いて、右向いての光景。

勝光院 勝光院

(右)鐘楼は昭和再建のものだが、この鐘は元禄期のものだという。

勝光院 勝光院 勝光院

(左)は、境内の正面にある本堂。(右)は、斜め後方にある鐘楼とバックの竹林。

勝光院 勝光院

東急世田谷線の「上町駅」を越えて、世田谷通り、更には、ボロ市通りなんて通りに入っていく。
現在、フリーマーケットして有名な“ボロ市"の歴史は古く、戦国大名北条氏が行った楽市にルーツがあるんだとか。

上町駅付近 世田谷通り

そのボロ市通りは、やはり休日のせいか、閑散とした商店街。
(右)は、お約束のシャッター絵。“市"を巡回する、お代官様の雄姿と思われる。

ボロ市通り ボロ市通り

世田谷代官屋敷(世田谷区立郷土資料館)


ボロ市通りにあるこの門は、世田谷代官屋敷のもの。
この大場家も名門の系譜らしく、遡ると桓武平氏大庭氏の末裔なのだとか。
大雑把に経過を追ってみると、ルーツは、平家の武将大庭景親で、平家が源頼朝に敗れ、落ち延びた子孫が吉良家に仕えたある。
吉良家の下では「吉良四天王」と言われ重きをなしていたが、秀吉の小田原攻めで盟主の北条氏が滅び帰農する。
江戸時代に入り、彦根藩井伊家の世田谷領代官として登用され、その後、代官職を幕末まで世襲する。
古くからの地元の名士といった家柄であったのだろう。
(左)この表門と、(右)の主屋がともに重要文化財。

世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷

主屋の反対側と側面。
一応2階建てになっているがわかる。

世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷

世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷

(左)は、白州跡というのだから、なんか取り調べたんだろう。砂利が当時のものだとか。
(中)白州通用門とある。
(右)敷地内にある世田谷区郷土資料館
当たり前だが、大場氏や吉良氏、この代官屋敷についてなど、地元ゆかりの展示している。

世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷

資料館前の石仏群。
(左)は、庚申塔、供養塔、標石、地蔵、狐なんかが見える。(右)は道標だとある。

世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷

代官屋敷と主屋の模型、及び、意味不明の生物?

世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷 世田谷代官屋敷

<< 前へ   このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>