HOME(23区)<<世田谷(世田谷八幡宮・豪徳寺)

今回訪れたのは、世田谷区の世田谷地区(なんか地区が5つあるらしい)。
区役所なんかもここにあるので、中心地なのかと思わないでもないが、世田谷と聞いて連想する成城や田園調布などの高級住宅街は玉川地区とか砧地区みたいで、 どっちか言うと、ここいらは、商業地区と言う範疇に入るんだとか。
ルートとしては、豪徳寺から三軒茶屋あたりで、東急世田谷線の沿線って感じだ。
登場する有名人物では、桜田門の変に斃れた井伊直弼と、その直弼の安政の大獄で命をおとした吉田松陰がいる。
また、地元ゆかり一族として、室町・戦国期の世田谷城主「吉良氏」や、江戸時代の世田谷領代官だった「大場氏」なんて名前が出てくる。

≪Today's lineup≫
豪徳寺駅世田谷八幡宮豪徳寺世田谷城址公園勝光院世田谷代官屋敷松陰神社松陰神社前駅
三軒茶屋駅最勝寺三軒茶屋駅


小田急線「豪徳寺駅」を降りてスタート。休日のせいか?人っ子一人いない(少々大袈裟か)駅のホーム。
豪徳寺商店街を抜けて、当然、最初に目指すのは、豪徳寺でもなかった・・・

小田急線豪徳寺駅 豪徳寺商店街

この先、何度も渡る事になる東急世田谷線の踏切。
鉄道ファンには人気らしく、特に江ノ電や都電荒川線などと、ファン層が被るんだと思う。
ローカル線の趣だが、本数はいっぱいある。駅間はとても短く、場所によっては踏切で左右両方に駅が見えるほど。
まず、見えてきたのは、世田谷八幡宮の樹木だ。

東急世田谷線 東急世田谷線 東急世田谷線

世田谷八幡宮


八幡神社なので、由来は如何にも源氏絡みといった感じなのだが。
その由緒というのが、源義家が雨宿りしたのが切っ掛けと言う、まあ、とってつけたようなもの。
早速、地元ゆかりの、一族も出てくるのだ、世田谷城主の吉良氏が祈願寺とし、神職は家臣の大場氏だったとある。
まあ、地元一族が出てきて不思議でもなんでもないが・・・この吉良氏や大場氏は、後でまた出てくる。
とりあえず、鳥居をくぐると、正面に階段があって、横に池がある。

世田谷八幡宮 世田谷八幡宮

池は、赤い祠があって、錦鯉が泳いでいるスタンダードなものだ。

世田谷八幡宮 世田谷八幡宮 世田谷八幡宮

社殿は、昭和再建のもののようだが、薄暗い境内には、なんとなく古めかしい雰囲気が残る。

世田谷八幡宮

(左)一段低いところにある土俵。神社に奉納相撲っていうのも定番。
(中)昔は、そのパワーを競ったのであろう、これも定番の力石。
(右)その奧にある末社。

世田谷八幡宮 世田谷八幡宮 世田谷八幡宮

次の目的地、豪徳寺に行くには、この「宮の坂駅」の線路を越えていく。

宮の坂駅 宮の坂駅

豪徳寺(井伊家墓所と招き猫)


井伊直弼と「招き猫」の寺、豪徳寺に来た。
元々は、世田谷城主の吉良氏の領有するところだったが、徳川の世になると、井伊家の支配するところとなる。
この井伊家の菩提寺となり、豪徳寺としてはスタートするのだが、これにも、とってつけたような由来がある。
なんでも、井伊直孝を“猫"が境内に招き入れ、それで雷雨を逃れたんだとか・・・“招き猫発祥の地"の伝説らしい。
また、雨宿りか・・・
ちなみに、この猫、あの“ひこにゃん"のモデルでもあるという。

豪徳寺 豪徳寺

豪徳寺 豪徳寺

総門をくぐると、五重塔じゃない・・・三重塔や仏殿が見える。仏殿は江戸時代製、三重塔はどう見ても新しく見える。
右下の梵鐘は、江戸時代のものらしい。

豪徳寺 豪徳寺 仏殿
鐘楼 梵鐘

名物の招き猫にちなんだ施設、「招猫観音」なんてものがある。(右)が、その「招猫堂」。
(左)招き猫を売ってる店もある。

招き猫 招き猫 招き猫

右は、奉納された招き猫の群れ。こうやって見ると、むしろ不気味で・・・かわいげない気も・・・

招き猫 招き猫

歴代藩主などの眠る井伊家の墓所。
位置的に、右端の奧にギリギリ写っているのが、井伊直孝の墓らしい。
徳川四天王の井伊直政から赤備えの軍団を引き継ぎ猛将として名を馳せた、戦国武将ファンにはお馴染みの人物。
豪徳寺の寺号の由来である「久昌院殿豪徳天英居士」と刻まれているはずだ。

井伊家墓地

右側が、井伊直弼の墓。法号の「宗観院柳暁覚翁」が刻まれていたはずだ。

井伊家墓地 井伊直弼の墓

左の赤い門をくぐると、本堂が見える。







このページのTOP   23区歴史スポット   次へ >>